カフカヤマモトと申します。

兼業主婦で、平凡な家族の模様を毎日、台所で1コマ漫画にしたためては、インスタグラムに投稿しています。インスタの画面だと時々描いている4コマ漫画が読みづらいので、もしよろしければこちらでどうぞ。

 

初めての本、『家族ほど笑えるものはない』が発売されました!

皆さまからの感想、本当に嬉しく読んでいます。

 

最近はめっきり気が抜けてしまい、更新が不真面目で申し訳ありません(春のせいですかね)。

ぼやっとしているうちに発売していました。

 

カラー漫画で参加しています。

 

てんてこ舞いの四月も終わり、漫画や小説を読むゆとりも出てきた今日この頃。
もともとコミックエッセイはあまり買ったことがなかったんですが、ここ1年で面白さに気づき、じわじわハマりだしています( ´ ▽ ` )



左は、オーサ・イェークストロムさんの最新刊『北欧女子オーサが見つけた日本の不思議③』。
日本の漫画好きが高じて6年前に日本にやってきた著書オーサさん。彼女の日本贔屓っぷりや、ちょいとドジなところ、環境や人権問題に対しても突っ込んだ考察をされるところ、何より四コマ漫画としてものすごく面白いところ…。
漫画にハマる時って、出てくるキャラクターのことをすごく好きになりますよね!(*´∇`*)
オーサさんが日本で素直に驚いたり、ちょっとしたミステイクに落ち込んだりしながら毎日元気に過ごしている様子がなんとも魅力的です。すっかりファンになりました!(*Θ∀Θ)σ(ほんで背景もめっちゃ上手い)。
私は四コマ漫画においてしょっちゅうオチを放棄するのですが(致命的)、これを熟読して四コマの勉強をせねばならんな…。

右は、やまもとりえさんの『Aさんの場合。』。
同じ苗字で、しかも育児漫画を描かれているということで、勝手に戦友のように思っております(りえさんは本職のイラストレーター)。
この物語には、兼業主婦や独身女性などいろいろなタイプの女性が登場し、その全員が主人公として描かれているのですが、可愛らしい絵柄とは裏腹に、各登場人物の吐き出す本音的な黒い感情や台詞が際立って胸に迫ります(怖ぇ!)。
特に女性の読者は…思い当たることがあって、胸がキューと痛くなる人も多いはず。
誰かのことを嫌いになる前に、相手の気持ちを想像してみることが大切なんだよね。ほんとそうなんだよね…。
こんなに難しい主題にも関わらず、ラストはとても救いのある爽やかな終わり方です。読んで良かった!( ´∀`)

 

 

 

 

 

ご応募期間は5月14日(日)23:59までです。

詳細はコチラからどうぞ→ 似顔絵プレゼント企画詳細

 

初書籍の詳しい内容はコチラに少し書いています。よろしければどうぞ。

 

◆インスタグラムの絵日記はこちらから→ @cafca_yamamoto

基本はブログとは別のイラストをアップしてるので、よかったら見に来てくださいませ。

 

拙い絵日記ですが、よかったらこれからも是非遊びに来て下さい ^ ^

AD

コメント(3)