UMIDIGI F1 入手レビュー | Curiositas

Curiositas

オーディオ・ヴィジュアル、PC、ゲーム、スマートフォン、その他デジタル機器系なんでも

奥さん用のスマホとして UMIDIGI F1 を購入してみました。

 

UMIDIGI F1 の特徴は何と言ってもコスパバランス

 

SoC:Helio P60 (SD660相当)

メモリ:4GB

ストレージ:128GB

ディスプレイ:6.3インチ 2340×1080

メインカメラ:16MP+8MP

サブカメラ:16MP

バッテリー:5150mAh

 

性能はミドルクラスですが、全体的にみるとハイエンドに近い特徴を持っています。

これでいて1万円台で購入可能。しかも技適ありです。

 

見た目もとても今風

 

 

やや下部のベゼルに厚みを感じますが、上部はノッチも小さく非常に表示領域が広いですね。

 

背面の質感も良く、オーソドックスなデュアルカメラと指紋認証が付いています。

 

標準でスマホケースも付いていました。よくある透明なものではなくちゃんと売られているクオリティ。

 

 

付属品はUSB Type-Cケーブルと充電器のみ。シンプル。

 

もちろん急速充電に対応しており、付属の充電器も18W仕様。この辺のサービスもいいですね。

 

Antutuも回してみましたが、ネット情報通り13.9万点でました。ミドルクラスとしては十分。1万円台でこのスコアはヤバいです。

 

カメラももちろんボカシ機能があり、なんと自撮りの方でもボカシ機能は有効でした。セルフィーに力を入れるのも今風ですよね。

また、カメラには「美肌モード」があって、人の顔を補足すると自動で性別と年齢予測が表示されます。ちょっと楽しい。

 

動作はサクサク、端子もType-C、イヤホン端子もあって安心。スピーカーがモノラルであまり音が良くないのは残念ですが困るレベルではないでしょう。

 

ちょっとカメラで被写体を捉えている時の動きに滑らかさが欠けますが、このあたりは仕方ないところかもしれませんね。暗所も「夜景モード」にすればそこそこ撮れます。

 

この辺りはまた機会あれば比較写真を上げたいと思います。

 

タイミングによってはUMIDIGI F1 Playもいいですね。ストレージは64GBですがメモリが6GB、カメラが48MPにグレードアップしています。同じ値段で買えるならPlayの方がいいかも。もう少しお金を出せばS3 Proも変えます。まさにいいとこどりでSoCも1ランク上。どうせ買うならこっちまで行っちゃう方が幸せな気がします。


そろそろF2が登場しますが、まだコスパ的にはあまり良くないのでコスパ重視ならF1でしょう。

 

Xiaomiもいいですが、スペックコスパレベルで言えば今はUMIDIGIが一番かも・・・ですね!あ、あとはCUBOTが侮れないかも。X20Pro良さげですね!

 

 

UMIDIGI F1 SIMフリースマートフォン Android 9.0 6.3インチ FHD+ 大画面 ノッチ付きディスプレイ 128GB ROM + 4GB RAM Helio P60オクタコア 5150mAh大容量バッテリー 18W高速充電 16MP+8MPデュアルリアカメラ 技適認証済み 顔認証 指紋認証 au不可 (ブラック)

 

UMIDIGI F1 Play SIMフリースマートフォン Android 9.0 6.3インチ 48MP+8MPデュアルリアカメラ FHD+ 大画面 ノッチ付きディスプレイ 64GB ROM + 6GB RAM Helio P60オクタコア 5150mAh大容量バッテリー 18W高速充電 顔認証 指紋認証 技適認証済み au不可 (red)

 

UMIDIGI S3 Pro SIMフリースマートフォン Android 9.0 48MP+12MP デュアルアウトカメラ 20MPインカメラ 5150mAh大容量バッテリー 128GB ROM + 6GB RAM 6.3インチ FHD+大画面 ノッチ付きディスプレイ Helio P70オクタコア 18W高速充電 顔認証 指紋認証 技適認証予定 au不可 ブランク (ブラック2)