リーラ日記

リーラ日記

Leier奏者(平岩和子)のきまぐれブログ


テーマ:

明けましておめでとうございます。門松

今年一年が皆様にとって素晴らしい年になりますように。キラキラ流れ星キラキラ流れ星キラキラ

 

今年のお正月は、超のんびり過ごさせていただきました。

日頃の母の介護もありかなり疲れていたようで、毎日9時過ぎに起きてゆっくりお雑煮を。ニコ

暮れにつくったおせちを食べてのんびり。コーヒー

 

あと、日頃の忙しさで自分の生活がおざなりになっていたのを実感。

後回しになっていた”音環境”の整備を。ラブラブ

バング&オルフセン 買っちゃいました。星

 

 

バング&オルフセンはデンマークの音響メーカー。

ボーズやJBLも良いのですが、音の繊細さにかけてはバング&オルフセンが数段上。

で、知人の家で聞いたCDプレーヤーと思いましたが最近のトレンドには負けて、携帯からbluetoothでスピーカーに音を送るシステムを購入。明日届きます。ニコ

最近のCDプレーヤーはあまり良いものが売っていないくて、もうオーディオ関係には関心がなくなっていましたが、最新のシステムのほうが安くて性能の良いものが期待できそうです。音譜

 

 

それとは別に、携帯を格安スマホに変えました。(UQモバイルのiPhoneです)

ところが、うちのマックのパソコンがあまりに古い(10年目)のでデータが携帯に送れず、今は誰からメールや電話があったかわからない状態です。連絡が届かない方がありましたら申し訳ありません!

 

 


テーマ:

この週末は、のんびりと中津川のリーラファームで過ごしました。ニコ

日頃の母の介護の疲れがたまっているようで、一人になったとたんに食事は超手抜き。

毎日ポトフで過ごしました。もぐもぐ

 

ポトフの材料はリーラファームで採れる野菜達。

自分としては、にんじんが採れたのに大満足。ラブラブ

 

 

近くの温泉に浸かったあとは、お隣のお家のワインパーティーに便乗。自然派ワインをいただきました。美味しかった。赤ワイン

 

 

夜はもう7時ごろから真っ暗で、ふたご座流星群を贅沢なほど観測。

1分に1つぐらい流れ星が。 流れ星星流れ星キラキラ流れ星星流れ星

圧巻は、3つぐらい願いごとができる流れ星。キラキラキラキラキラキラ

でも一つだけの願い事をゆっくりしました。ドキドキ

 

 


テーマ:

今日は、一宮駅のすぐ近くのレストラン三栗さんで、ライアーの受講生の方々と”忘年会件発表会の打ち上げ”を楽しみました。クリスマスツリー

 

 

お刺身などの和風の前菜のあとは、カニクリームコロッケやステーキなどの洋食。

久しぶりにゆっくりとディナーが。ニコニコ

 

皆さんへのクリスマスプレゼントで、グノーのアヴェマリアを一人で弾けるように昨日アレンジし渡すつもりが、出がけに色々な用事がありファイルを家に置き忘れ。あせる

またレッスンの時に。サンタ

 

キャスリンバトルの歌 ギターの伴奏で音譜

 

一宮の駅前もかわいくライトアップされてクリスマス気分が。星

 

 

 

 


テーマ:

あっと言う間に12月に入りました。

なぜか雨の多い天気。何年か前12月に入ったとたん雪が降ったのを思い出し、今年は暖かいなあと。ニコニコ

 

右手の怪我はもう少しの状態。楽器があまり弾けないうちに、楽譜を作っておこうと、リクエストの多い順に手をつけています。なるべくシンプルに色々な曲を弾きたいという方のために、20曲ぐらいをリストアップ。そのなかからまずホルストの惑星のジュピターを。星

 

https://leela.crayonsite.net/p/3/

 

他の曲もまとまりましたら一冊の楽譜にする予定です。音譜

 

あとは、自分の好きなルネッサンス時代の曲やオカロランを楽譜にしてから、他のリクエストの楽譜を整える予定です。楽譜を作るのはなかなか時間のかかる仕事。皆で楽しめるように少しずつ進めていきます。ラブラブ

 

https://leela.crayonsite.net/p/2/

 


テーマ:

この週末は、愛知国際病院のホスピスでソプラノとライアーのコンサートをさせていただきました。今年のコンサートは、私が手を痛めているので、受講生の方々の応援でライアー合奏に。ニコ

10年選手の受講生、頼もしく、ホスピスの患者様やスタッフの方々も涙を流して聞いてみえました。また、ソプラノの國井さんの美しい声はライアー合奏のメンバーにも大好評。音譜歌を聞いて泣かないようにするのが大変でした。ニコニコ

 

 

演奏終了後は近くのカフェ”森の響”さんで楽しいティータイム。コーヒー

 

 

夕方には解禁されたばかりのボジョレーヌーボーも。色々な思いの一日でした。

 

      

 

テーマ:

11月16日の金曜日14時から、愛知県日進市の愛知国際病院のホスピスでライアーとソプラノのコンサートをさせていただきます。音譜

 

プログラムは

  妖精の踊り 

  庭の千草   

  キャプテンオケイン  

  からたちの花 

  パッヘルベルのカノン

  ペィチカ

  主よ、人の望みの喜びよ

  小さな空

 

ホスピスでのボランティアコンサートは15年ほど続いていますが、今年は私が指を痛めてしまったために急遽受講生の方々が助っ人に。ライアーソロの予定のところはライアー合奏になりました。ラブラブ

  

 


テーマ:

今日は名古屋市東区の百花百草さんで秋のライアーコンサート(発表会)を開催させてもらいました。音譜

秋晴れの絶好のお出かけ日和。紅葉百草さんのお庭には小鳥がたくさん。

 

はじめて参加される方も多く緊張しましたが、皆さんあっさりクリア。ニコニコ

ベテランの方々は余裕で、皆さん上達されたなあと感心。ラブラブ

 

私自身は、9月の台風の準備で痛めた右手の人差し指がまだ完治せず、この指抜きで伴奏などさせていただきました。初心に戻った気分でした。ドキドキ

 

自分が満足に弾けない分、よけいにライアーの音が心に染みいり、いい時間を過ごさせていただきました。ニコありがとうございました。


テーマ:

11月10日土曜日に、名古屋市東区の百花百草さんで秋のライアーコンサートを開催します。ラブラブ

午後1時から3時半ごろまでの予定。受講生の皆さんが好みの曲をそれぞれ披露してくれます。音譜

 

 

プログラムの内容はこちらから。http://lila.mond.jp/image/20181110.pdf

百花百草さんの入場料500円が必要です。(コーヒーとクッキーがつきます)

名古屋の古い町並みの一画の素敵な空間。ふらっとお立ち寄りください。紅葉


テーマ:

音楽家はなぜか泣ける曲が好きです。

私のなかでのその筆頭は、イギリスのジョンダウランド。(1588年にオックスフォード大学で音楽学士となった。宮廷リュート奏者を望むも、カトリック教徒であったためイングランドでは受け入れられず、国外に職を求めた。ヨーロッパ各地を遍歴し、1598年から1606年にはデンマークでリュート奏者を務めた。)

semper dolens(常に嘆いている)を標榜し、愛や悲しみを歌う作曲家でした。

代表作はflow my tears(流れよ我が涙)涙のパバーヌとも言われます。

 

Flow my tears fall from your springs, 
Exil’d for ever: let me moum 
Where night’s black bird her sad infamy sings, 
There let me live forlorn.
 

流れよ、我が涙 泉より 
永遠に追放され、私は嘆きに沈む 
夜の黒い鳥が、悲しい辱めを歌うところで 
私はひとりになっている 
 

 

 

 

 

最近編曲のリクエストがあった、エリッククラプトンのtears in 

heavenも、背景をしらべてみると泣いてしまいます。ぐすん

 

この曲は、息子の死を悼んで作られた歌である。当時4歳半だったコナーが母親の自宅の階段を駆け上がっていたところ、たまたま開いていた踊り場の窓から転落して死亡した。自宅は、アパートの53階だった。

あまりにも悲劇的な事態に大変ショックを受け、クラプトンは自宅に引き篭もってしまった。彼が再びドラッグと酒の世界に舞い戻ってしまうのでのはないかと多くのファンが懸念したが、コナーに捧げる曲を作ることでその悲しみを乗り越えることに成功した。 Wikipedia


Would you know my name 
If I saw you in heaven 
Would it be the same 
If I saw you in heaven 
I must be strong, and carry on 
'Cause I know I don't belong Here in heaven 

もしも天国で会ったなら
君は僕の名前を覚えているだろうか
もしも天国で会ったなら
以前と同じでいられるのだろうか
僕は強くならなくてはいけない
そして頑張って生きていかなくてはならないね
ここ天国は僕がいるべき場所ではないとわかっているから

 

 

 

 

 

その他、モンテヴェルディの”私を死なせて”も。

”私を死なせて”では、王女のアリアンナが、両親や兄弟、友人を捨ててまでついていった恋人に裏切られて、ナクソス島に置き去りにされるときに歌われる歌。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

”グリーンスリーブス”CD 北海道のライアーゼーレさんでこの度取り扱っていただくことになりました。北海道は先日の地震でとても大変な状況。少しでも早い復旧をお祈りしています。

 

ライアーゼーレさんのURLです。

http://leier-seele.shop-pro.jp/

楽譜はこちら

http://leier-seele.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1348100&csid=0

Greensleeves

平岩和子プロフィール/国立音楽大学卒業。合唱などの伴奏ピアニスト、ピアノ講師をする傍ら障害児教育のなかでライアーに出会う。1998年よりコンサートホール、 美術館、カフェ、病院、ホスピス、老人ホームでライアーソロや他の楽器との演奏活動を始める。朗読とのコラボや劇団の音楽にも参加してライアーの可能性を追求する活動を行っている。 


ライアーソロCD 「グリーンスリーブス」

古いヨーロッパの曲を集めたライアーソロ15曲のアルバムです。ライアーを弾き始めたころからずっと弾いている味わいの深い曲ばかり。アイルランド、スペインの民謡、ルネッサンスの曲、バロックの曲がライアーの響きの美しさを活かしてくれます。 プロデューサーは元オフコースの大間ジロー氏。録音は岩手県宮古のイーストベイスタジオ。 

収録曲
1 聖母の御子 El Noi de la Mare カタロニア民謡
2 主よ、人の望みの喜びよ Jesu, Joy of Man’s Desiring J.S.Bach
3 アリオーソ Arioso from cantata BWV156 J.S.Bach(17C ドイツ)
4 ファニーパワー Planxty Fanny Power O'Carolan (17C アイルランド)
5 キャロランのドリーム Carolan’s Dream O'Carolan(17C アイルランド)
6 サリーガーデン The Sally gardens アイルランド民謡
7 シチリアーナ Siciliana 作者不詳 (16C イタリア)
8 パバーヌ Pavane William Byrd (16C イギリス)
9 サラバンド Sarabande Hennry Purcell (16C イギリス)
10 流れは広く The water is wide (16C スコットランド)
11 パバーナ1 Pavana1 from 6 Pavanas Luis Milan(16C スペイン)
12 パバーナ3 Pavana3 from 6 Pavanas Luis Milan(16C スペイン)
13 鳥の歌 El Cant dels Ocells カタロニア民謡
14 我が窓より行け Go from my Window 作者不詳 (16C イギリス)
15 グリーンスリーブス Greensleeves 作者不詳(16C イギリス)


 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス