―何という夏がNBAにあったのか。

NBAの12人のベスト・プレイヤーがチームを変え、その何人かは自分の友人と共にチャンピオンシップの栄光を求めてチームを組んだ。―

***

いつも読んでくださりありがとうございます(^^)

2019年の夏はたくさんのビッグネームがチームを動いたので、それぞれのチームに素敵なデュオが生まれました。
各チームのデュオのパワーランキング・トップ10を読みます。
このページは、未来時間の公開設定をしています。
※以降、情報元からの引用です。
***
10. ルカ・ドンチッチ & クリスタプス・ポルジンギス
(Luka Doncic and Kristaps Porzingis)
数年後、このデュオがNBAのトップになるかもしれない。
以前、クリスタプス・ポルジンギスを見た時は、ACL断裂をする前で、マディソン・スクエア・ガーデンで、22.7P-6.6Rを記録しユニコーンらしいことをしていた。
1シーズンを使って回復した後、ポルジンギスは現在、NBA注目の若いスターと共にダラスに居る。
ルカ・ドンチッチは、ルーキーシーズンの誇大広告にふさわしいのだと証明した。
そして、彼のゲームは、致命的なピック・アンド・ロール・コンボを形成することで、ポルジンギスと上手くかみ合うはずだ。
photo via NBC Sports Bay Area
10. Luka Doncic and Kristaps Porzingis
 
9.二コラ・ヨキッチ & ジャマール・マレー
(Nikola Jokic and Jamal Murray)
またしても二コラ・ヨキッチは、NBAプレイヤーのトップ10にいるが、もう一人はまだそこまで到達していない。
試合平均18.2P-4.8A-4.2Rを記録した22歳のマレーは、オールスター選出の可能性を秘めている。
プレーオフ・ウェスタンカンファレンス・セカンドラウンドでトレイルブレイザーズを破ろうとする中で、どれだけ優位に立つことが出来るかを示した24歳のヨキッチは、MVPの可能性を秘めている。
このデュオは、9番にランクインしているが、数年後はもっと高くなる可能性がある。
photo via NBC Sports Bay Area
9. Nikola Jokic and Jamal Murray
 
8.ヤニス・アデトクンポ & クリス・ミドルトン
(Giannis Antetokounmpo and Khris Middleton)
ヤニス・アデトクンポはNBA最高の5人のプレイヤーの内の1人だ。
彼のキャリアがピークに向かっていくにつれ、より優れた選手になるだろう。
しかし、デュオとして、NBA MVPをフリンジオールスターと組み合わせることは、それほど針を動かすことはない。
ミドルトンは優れたシューターで、ミルウォーキーに居る間にプレイメイカーに進化した。
デュオの平均は、46ポイント、18.5リバウンド、10.2アシストだ。
これが、彼らがNBA最高の記録を残した理由だ。
しかしまだ、ミドルトンは周知が認めるスターではない。
photo via NBC Sports Bay Area
8. Giannis Antetokounmpo and Khris Middleton
 
7.ジョエル・エンビード & ベン・シモンズ
( Joel Embiid and Ben Simmons)
ジョエル・エンビードは、体調を整え、健康を維持できることを証明する必要がある。
ベン・シモンズは、ジャンプショットを改善する必要がある。
それほど効果的である必要すらないが、少なくともキーの外側で自分をディフェンスさせることが必要だ。
76ersのスター達は、途方もなく才能がある。
しかし、私(記者)は完ぺきにフィットしているかというと納得しない。
photo via NBC Sports Bay Area
7. Joel Embiid and Ben Simmons
 
6.ケビン・デュラント & カイリー・アービング
(Kevin Durant and Kyrie Irving)
ケビン・デュラントがアキレス腱断裂から以前の80%で戻ることが出来れば、ネッツは2020-21、2021-22シーズンのイースタン・カンファレンスの有力候補になるはずだ。
もちろん、これは、デュラントが戦列を離れている間、そしてグループの良いケミストリーがけなされている間、若いネッツ達を啓蒙しないであろうアービングに頼ることになる。
しかし、理論的に、健康的なKDとカイリーの二人のバスケットボールがフィットすると、ブルックリンでたくさんの楽しみと成功があるはずだ。
 
2020年にもう一度チェックして欲しい。
photo via NBC Sports Bay Area
6. Kevin Durant and Kyrie Irving
 
5.ダミアン・リラード & CJ マッカラム
(Damian Lillard and CJ McCollum)
人々は、毎年、ポートランド・トレイルブレイザーズに疑問をいだくが、それでもダミアン・リラードとCJマッカゥラムは自分達のバスケットボールをし続けている。
昨シーズン、二人は、計試合平均46.8ポイント、8.6リバウンド、9.9アシストで、ブレイザーズをウェスタンカンファレンス・ファイナルまで導いた。
DameとCJはチャンピオンシップの能力を持つデュオなのか?
そのうちわかるだろう。
photo via NBC Sports Bay Area
5. Damian Lillard and CJ McCollum
4.ステフィン・カリー & クレイ・トンプソン
(Steph Curry and Klay Thompson)
クレイ・トンプソンは、少なくとも2月までは戻ってこないだろう。
しかし、心配ない。
クレイが戻れば、スプラッシュ・ブラザーズがウォリアーズを疑う人々が間違っていることを証明するアクションに戻るだろう。
彼らの資質は、疑いの余地がない、
二人のストロークはこれまで見た中で最も純粋だ。
 
3.レブロン・ジェームズ & アンソニー・デイビス
(LeBron James and Anthony Davis)
レイカーズの寄せ集めのロスターについてあなたがどう思うと、(ケンタビオス・コールドウェル=ポープはなぜ再び戻っているのか?)、レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスのペアリングはバスケットボール天国で作られたデュオだ。
Dr.ジェームス・ネイスミス(バスケットボール考案者)が生きているバスケットボール・レジェンドとNBAエイリアンの完璧にピックアンドロールを観るために戻って来ることが出来たらいいのに。
二人のスターが健康を維持出来れば、これはバスケットボールのニルヴァーナ(極楽の地)になるだろう。
photo via NBC Sports Bay Area
3. LeBron James and Anthony Davis
 
2.ジェームズ・ハーデン & ラッセル・ウェストブルック
(James Harden and Russell Westbrook)
ロケッツは、年老いたクリス・ポールをNBAで10-12位くらいのプレイヤーと交換した。
フィット感は完璧だろうか?
おそらくそうではない。
しかし、マーク・ダントーニは、2年前にポールとハーデンにしたのと同じように、オフェンスを微調整するだろう。
アンドレ・ロバーソン、アレックス・アブリネスの代わりに、エリック・ゴードン、PJタッカー、オースティン・リバースに囲まれたセカンドユニットの中で、最優先のボールハンドラーとしてウェストブルックが機能するのだろうか?
photo via NBC Sports Bay Area
2. James Harden and Russell Westbrook
 
1.カワイ・レナード & ポール・ジョージ
(Kawhi Leonard and Paul George)
カワイ・レナード(2度のNBAファイナルMVP)は、NBA史上最高のポストシーズンを成功させた。
ポール・ジョージは、レギュラーシーズンMVPのファイナリストで、リーグ最高のリアルプラスマイナスを記録した。
二人が組めば何か恐ろしいことになりそうだ。
レナードとジョージは間違いなくNBAで最高の攻守に優秀なプレイヤーだ。
彼らのレングスと運動能力は互いにフィット感を与える。
彼らは二人ともオン/オフの両方でプレーが出来るので、クリッパーズのオフェンスは、ディフェンスする側からすれば悪夢になるだろう。
1. Kawhi Leonard and Paul George
***
なるほど...
/*** Thanks for your visit ****
ここまで読んでくださりありがとうございます!
NBAやバスケットボールに興味のない方にも知ってもらえたら嬉しいです。
NBAを語る英語がなかなか上手に訳せないけど、”愛情”持って頑張ります!
頂いたコメントは内容によって掲載しない場合があります。
また、ブログ内に埋め込んだTwitterやInstagram,Youtubeは、
そのアカウントや記事が削除されると記事内が空白に表示されることもあります。
(キャサリン)DubNation!
http://ameblo.jp/caco34/
***************************/