5月入会の木曜日クラスのお友達。

お部屋に入るとすぐに遊びだして、なかなかいい感じ。

4月入会の最年少のT君も、ちょっと泣いたけど、速攻泣き止んでくれました。

 

先輩のT・Yちゃん。

T君をじーっと見て呟く・・・・・

 

「赤ちゃん・・・・・・」

 

 

ミニカーではなく、大きい車のおもちゃを運んで来て、T君の前に置いてくれました。

 

3月まではYちゃんが小さいお友達だったのにね。

今は先輩です。

 

自分が持って来たおもちゃで遊ぶT君を、さらにじーっと見ていました。

 

そこにH・T君も登場。

 

小さいお友達に対して、精一杯の背伸びをして、お兄ちゃんお姉ちゃんになろうとしています。

 

私たちが

「そうしなさい」

と言わなくても・・・・・・。

 

私はそこに、人が成長していくことの感動を、いつも見せてもらっています。

 

しばらくは、落ち着いた空気が流れ・・・・・・

 

しかし、電池切れ~(笑)

 

お兄ちゃん、お姉ちゃんを頑張っていても

「僕も甘えたい~」

「私も甘えたい~」

 

まだまだ小さいみんな。

 

だ~よ~ね~。

 

小さい子のために、いろんな遊びを提案していると、割って入ってくる(笑)

 

遊びを邪魔され、先生も取られそうになるので、小さい子達も徐々に泣きだし・・・・・・

 

「ビィィィ~あせるあせるあせる

「ビェェェ~あせるあせるあせる

「ギィェェェ~あせるあせるあせる

 

こだまでしょうか。

 

いいえ、小さい子は誰でも・・・・・・・。

 

おや・・・。

抱っこしているお友達
が、なんだか熱いぞ・・・。

 

泣いてるせいかな~って思ったけど、お熱を測ってみると38度近くありました。

 

すぐにお母さんにお電話して、お迎えをお願いしました。

 

小さいお友達は、お熱が上がっていく時に、時として痙攣をおこします。

熱性痙攣というやつです。

 

お熱が高い時・・・ではなく、急激にお熱が上がっていく時におこすんです。

(インフルエンザの時は別)

 

なので、元気ないな、よく泣くな・・・と思って、身体が熱い時はお熱を測るようにしています。

お熱がある時は、すぐにお迎えに来ていただくようにお願いしています。

 

お家に方の中には

「少しの熱くらい、お迎えの時間までみてくれたらいいのに・・・」

とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、大事なお子さんをお預かりさせていただいているお教室としては、やはり無責任なことはしたくないのです。

 

お迎えの時間までお預かりしていては、病院の午前中の診療時間にも間に合わなくなっちゃいますしね。

ご理解いただけますとありがたいです。

 

今日も、わーわー、きゃーきゃー、ぴーぴー、どんどん、大騒ぎでした。

 

6月末までは、こんな感じかな(笑)

 

明日も頑張ります~。