写真を活かす。シンプルで計算された写真投稿アプリ「Starmatic」 | CA Beat デザイナーブログ

CA Beat デザイナーブログ

CA Beatデザイナーがオシャレで使いやすい
注目の海外アプリを中心にレビューしています!


テーマ:



写真投稿アプリといえばInstagramが有名ですが、

それに負けず劣らず素敵だと思ったのが、このStarmaticです。

Instagramはスナップ写真系ですが、こちらはもっとアートより。
ユーザーが載せている写真はとにかく
クオリティが高く、
UIもシンプルで使いやすいので、ずっと見ていても飽きないです。
そしてなにより、フィルタが綺麗。

それもそのはず!

実はこの
Starmaticは1959年にコダック社によって発売された「Starmatic」という
トイカメラのアプリ版なのです!色々納得~。w

ということで、今回は特に参考になったポイントと
気に入ったポイントを
紹介したいと思います。

___________________


アプリ名:Starmatic
カテゴリ:写真/動画
金額:無料
AppStoreからのダウンロードはこちら
_______________________



1.フィルムを変えるという発想でフィルターを切り替え

このアプリでは全26種類のフィルターが用意されています。
どれも、iPhoneで撮った何気ない風景を簡単にオシャレ写真に
変えてしまう、かなり使い勝手の良いフィルターが揃っています。

 

デフォルトの設定では16個のフィルタが表示されています。
(昔、トイカメラを使っていた私的にはLomo やHolgaなんていう名前の
フィルタにテンション上っちゃいます~。w)

この16個以外のフィルタを試したい場合は、画面上部のフィルムアイコンの
ボタンから「
フィルムの切り替え」を行います。
この「フィルムを変えると写真が変わる」という体験をアプリで出来るものって
なかなか無いですよね。カメラ好きにはたまらない、そして当たり前でありながら
新鮮な感覚です。パッケージもKodakらしくて素敵!

 

最近はデジカメにiPhoneに本当にデジタル写真が当たり前になっているので
このKodakフィルムのイラストがあるだけでも「レトロ感」「こだわり感」を
表現できていると感じました。

フィルタをスライドさせると、それに伴い左側から
フィルムがくるくると出てきます。
細かい芸が可愛いですね。



2. あえて何もしない。で、すっきり見やすい画像一覧

 

Starmatic                ■Instagram

フィルタ機能の素晴らしさもさる事ながら、サムネイルページの見やすさも
このアプリの魅力の一つ。

上の画像左側はグリッドレイアウトを使ったサムネイルページですが
右のInstagramと比べると、かなりシンプルな作りになっているのが分かります。

写真サイズがバラバラなので、ごちゃっとしがちなページですが
フレームもシャドウも入れず、背景も白のみで
勝負していることで右のInstagramよりも、逆にすっきりとした印象になっています。


3. 主役は写真!
  ソーシャル機能の見せ方を最小限に抑える

一覧ページからサムネイル画像をタップすると、写真が拡大されます。

 

上の画像を見ると分かるように、この段階ではLikeボタンやコメントなど
ソーシャル系のボタンは見当たりません。
おかげで写真自体は見やすくなっています。

では、ソーシャルボタンはどこに??

それは画像をタップするとわかります。

ジャン!

でてきたー!!

画像部分をタップすると上のようにボタンが現れます。
そして、その場でLikeなどのアクションが可能。
このアプリの様な写真メインのものならではの
良い見せ方だと思います。



まとめ

ネイティブ特有の自由度の高い動きを上手く使い
下の画像のようにフリックでページをめくれたり

スライド

ページをスライドさせると、ページ下部にボタンが現れたり



マイページのタブを設定から選べたりします。
(下の画像でオレンジ系の色になっている部分です。)

この色の組み合わせは何種類もあり、自分の好みで決める事が出来ます。

また、カバー写真はデフォルトでオシャレな写真がサンプルとして
表示されているので、初めての人でもイメージをつかみやすく出来ていると
思いました。


一通り使ってみて、写真の撮りやすさ、加工のしやすさはもちろんのこと
ソーシャル要素での動きもサクサクで、ストレスなく使う事ができました。

そして何よりも、
主役である写真をどうしたら最大限に綺麗に見せる事ができるのか
を、本当によく考えているUIだと感じました。

入れたい要素が沢山ある場合、その中で優先順位を考えながら、
「全てを使いやすく」を実現する為の方法を、レイアウトのみならず
機能面からも探し出すのがデザイナーの仕事だと考えさせられるアプリでした。

以上、お読みいただきありがとうございました!
では~♪チャオヽ(*´ω`*)


★宣伝★
CA BeatではTwitter、Facebookページの運営も行っております!
ブログの更新情報だけでなく、役立つスマホトピックニュースを
選りすぐって配信しております♪

ブログ右サイドバーからぜひフォロー、いいね!してくださいねヽ(´▽`)ノ


CA Beat デザイナーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス