パンダ・アップデートはもう来ているのか? | CyberAgent SEO Information  (サイバーエージェントSEO情報ブログ)

CyberAgent SEO Information  (サイバーエージェントSEO情報ブログ)

サイバーエージェントSEOグローバルイノベーションプロジェクト(SGIP)です。当ブログでは、皆様がウェブサイトを運営するにあたって必要となるSEOに関する情報をご提供して参ります。


テーマ:
パンダ・アップデートはもう来ているのか?
来ていないのであればいつ来るのか?

という話題がそこかしこで聞こえる今日この頃ですが(?)、
果たして現在日本にはパンダ・アップデートは導入されたのでしょうか?

既に、英語圏では世界的に導入されていることが正式にリリースされていますが、
日本語への導入については正式なリリースがありません。
英語の次に何語が来るのかも定かではありませんし、
そもそもすべての言語ひとつひとつにリリースしてくれるのかどうかも分かりません。

そんな不確かな状況下ですので、
「パンダはすでに導入されている」
「パンダは明日来る」
くらいの気持ちで動いてしまって良いのではないかと思っています。

実際に、先週末よりGoogleは僅かながら通常よりも大きな変動が見られていると思います。
特に週末は、テールキーワードにこそ大きな変動が見られていました。

あるキーワードでは、30位~40位台くらいのサイトの多くがごそっと100位圏外に飛ぶという現象も起こっていました。
今日になって戻っているサイトもあるため、一概にこれがパンダアップデートの「テールワードに対して影響を及ぼした」ということには繋がらないかもしれませんが、
圏外にランクダウンした多くのサイトが、データベースから出力した末端のコンテンツであったり、
内容が薄い1ページ記事のブログであったりしました。
例を挙げると飲食店の店舗名で検索したときに、求人サイトやブログがそれらに多く該当していました。
とは言っても、全ての求人サイトがランクダウンしたわけではなく例えば大手の求人サイトは残っていますし、ブログによってはしっかりと上位をキープしているものもあります。

その他、テールキーワドで30位、40位台くらいに存在していたアフィリエイトサイトも大きくランクを下げたものが多かった印象です。

これらは正確にデータを統計学的に集計したものではなく感覚値ですのではっきりとした事は言えないのですが、傾向としては英語圏で起こったパンダ・アップデートに似ている点もあります。
もちろん、英語圏とまったく同じということもないのですが。。

この状況から見ると、
「パンダがまったく来ていないとは言えない」
のではないかと思っています。
英語圏と必ずしも同じ導入の仕方がされるとも限らず、例えば言語に左右されない部分だけは先行導入され、その後、言語に左右される部分が導入されるということも可能性としてはあると思います。
そういった中で、すでに部分的であれ、パンダアップデートは導入されていると見ても良いような気がしています。
最終的に導入したか?していないか?はGoogleの発表でしか分かりません。
ただ、今言えるのは、
・パンダアップデートが(部分的であれ)来ていてもおかしくないということ
・パンダアップデートが(今まだ来ていないとしたら)いつ来てもおかしくないということ
・パンダアップデートは必ず来ると思っていたほうが良いとうこと

です。

備えあれば憂いなしと言いますが、
パンダ・アップデートに関しても同様で明後日よりも明日、明日よりも今日対策を始めるほうが有利なことは間違いありません。

パンダ・アップデートの海外の状況をつかみつつ、日本への導入を予測しながらサイト・コンテンツを作っていく必要がありそうです。

そろそろパンダに対してどう対策していくことが良いのか、私なりの予測を次回あたりから書いてみたいと思います。
(すいません。前回もそんなことを言っていましたが・・)

【木村 賢】@kimuyan

CyberAgent SEO LABさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります