Googleがアンカーテキストの重要性を低下 | CyberAgent SEO Information  (サイバーエージェントSEO情報ブログ)

CyberAgent SEO Information  (サイバーエージェントSEO情報ブログ)

サイバーエージェントSEOグローバルイノベーションプロジェクト(SGIP)です。当ブログでは、皆様がウェブサイトを運営するにあたって必要となるSEOに関する情報をご提供して参ります。


テーマ:
イギリスのSEOコンサルタントであるPatrick Altoft氏が運営するブログ「Blog Storm」に22日、
以下のエントリーが掲載されています。
Google Changes Algorithm - Anchor Text Less Important
(Googleがアルゴリズムを変更-アンカーテキストの重要性が低下) 
内容としては、以前はSEOにおけるアンカーテキストの役割が非常に重要であったが、
この度、特定の個人名を検索した場合に、上記のアルゴリズム変更の影響が見られるとの事。

その他の事はあまり詳しく述べられていませんが、
この変更の要因として、
Just because a site has 5 million links with the anchor text “loans” doesn’t mean its a good search result for the query “loans”.
(アンカーテキストが"loan"のリンクが500万あるからといって、"loan"というクエリに対する良い結果とはいえない)

Currently there are two types of sites ranking for commercial queries
- ones that rank due to the TrustRank of their incoming links (links from newspaper websites and quality blogs)
and ones that rank because they have thousands of paid links with keywords in the anchor text.
(現在は商業的なクエリにおいてランクインしているサイトには2つの理由が存在する、
-一つは、"TrustRank"と呼ばれる、新聞社のWebサイトや質の高いブログからのリンクによるもの
-もう一つは、アンカーテキストにキーワードを挿入した、ものすごい数のペイドリンクによるものだ )


If I worked at Google then I would discount any links with really competitive keywords in the anchor text
- nobody naturally links to a commercial site with “loans” or “car insurance” in the anchor text
- they use the sites name instead.
(もし私がGoogleで働いていたとして、競合するキーワードをアンカーテキストに使用しているリンクは評価を少なくする
-普通、誰もサイトに"loan"や"car insurance"のようなキーワードでりん言うは貼らない
-普通はサイトの名前を仕様するものだ)

という事を挙げています。

予ねてから言われてきた事ではありますが、より"オーソリティ性"を重視するようになってきている
という事でしょうか?

まだそこまで大きなサイトへの影響は見られないようですが、
これからWebサイトをより良いものにしていくには、考えていく必要がありますね。

(※"TrustRank"についてはこちら で解説されています。)


[参照・引用]
Google Changes Algorithm - Anchor Text Less Important /Blog Storm
Google Changes Algorithm - Anchor Text Less Important /Sphinn

(石田)

CyberAgent SEO LABさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります