今日、サムザップで提供しているmixi版クイジーの会員数が50万人を超えました。




あないブログ border=


きっと通過点でしかないんだけど、

それでも自分たちでゼロから作ったゲームを
50万人以上の人が利用してくれたんだと思うと本当に嬉しいです。






ちなみに、

最近疎遠になっていた大学の友達の「クイジー始めました!」っていう

mixi上の更新情報を見るのが、実は一番嬉しかったり。




その子がどんな風にこのゲームを選んで使ってみて、

どんな風に一喜一憂しているのかが、詳細まで想像できる感じがする。






うまく言葉で表せないけど、


「何も知らずに始めちゃって。シメシメっ」( ̄▽+ ̄*)キラキラキラキラキラキラ


こんな気分。










この仕事になってから、

たった一人のユーザーの心を動かすことの大変さや大切さ、

100円玉一枚を稼ぐ事の厳しさを身にしみて感じるようになりました。



でも同時に、何も土台がなくてもイイものは必ずユーザーの心を動かせるんだってことも分かった。




今日アポに行く途中に日高さんが、


「中途半端にしか考えてないものは出せない。本気なものじゃないとな。」


そんな事を言っていました。




それで、改めて気もちが引き締まりました。




全体感やバランスも大事だけど、何よりもディティールだ。

多分だけど。

いや、絶対。




なんか、よくわかんない取りとめのないことばかりだけど、

まとめると、とにかく、おめでたいということ。



そして、このおめでたいことの積み重ねでサービスや会社が成長していければ、本当に幸せだなぁと思ったのです。





そういえば、前からジャニーズとかのコンサートに行くと、いつも思っていたことがあります。



「このドームにいる女の子たちを熱狂させているこの人たちとこれを作って支えている人は本当にすごい。いつか自分もこんなものを作りたい。」って。



(ちなみに、わかんない人はわかんないかもだけど、熱狂具合は本当にすごいです。当たり前のように泣いていたりするのです。)



でも計算してみたら、50万人は東京ドーム約10個分。

ジャニーズコンサート10公演分。



もしかしたら、私の仕事も近い方向に向かっているかもしれない。



そんなことを、ちょっと思ったりもしたわけです。


まだまだだ。

がんばろー。おー。