28日夕にJFEスチール東日本製鉄所(千葉市)の溶鉱炉(高炉)で発生した火災で、同社は29日、当局による鎮火確認と現場検証後、許可が得られ次第、復旧工事に入る意向を明らかにした。同日午後2時現在、なお消火活動が続いているが、火勢はかなり収まっている。 

今日の出来事
x508q3q6の日記ブログ管理ツール
ネイルサロン
クレジットカード現金化
カードでお金
AD
 東京医科大八王子医療センター(東京都八王子市)は22日、都内で記者会見を開き、同センターで生体肝移植手術を受けた患者の約4割が術後早期に死亡していたことについて、「リスクの高い症例を選択するなど、責任者としての慎重さに欠けていた」として、臓器移植外科・一般外科の長尾桓(たけし)主任教授を停職3か月の処分としたと発表した。

 すでに退職している元センター長と元准教授の2人は厳重注意にしたと発表した。

 同センターでは2000~07年に計52例の生体肝移植手術を実施したが、19例で患者が退院前に死亡し、1例では術後3か月以内に死亡していた。日本肝移植研究会の報告によると、生体肝移植で術後、患者が1年間生存した割合は約8割とされており、同センターの生存率は著しく低かった。

 同大は死亡が相次いだことを受けて07年10月に生体肝移植手術の実施を中止し、同年に外部の専門家をまじえた検証委員会を設置。検証委がまとめた報告書では、同センターが難易度の高い症例を多く実施していたとしながらも、肝動脈をつなぐ処置など医師の技術力に問題があったことや、術後の管理体制の不十分さなどが指摘された。

x6hz8latの日記ブログ管理ツール
噂ごとは面白い
債務整理・自己破産
ライブチャット
ショッピング枠現金化
 覚せい剤原料の一種「エフェドリン」を含む錠剤約4000錠を密輸入したとして、東京税関と関東信越厚生局麻薬取締部は21日までに、関税法違反容疑で、東京都港区芝浦、輸入代行業早崎陽介被告(34)を東京地検に告発した。
 同被告は販売目的で錠剤を密輸したとして、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、起訴されているという。
 同税関などによると、容疑を認め、「違法と分かっていた。ほかに4回で約5800錠を密輸入した」と供述している。
 告発容疑は11月16日、エフェドリンを約23%含有する錠剤4085錠について、亜鉛のサプリメント錠剤であるように偽装し、航空郵便で香港から成田空港に輸入した疑い。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
知人男が譲渡示唆=押尾容疑者にMDMA-麻薬取締法違反・警視庁
パン店などに大麻5キロ=「畑で栽培」、34歳逮捕
証拠の覚せい剤廃棄=不要書類とシュレッダーに
死亡女性の飲料にも覚せい剤=混入容疑で元組員再逮捕

悲しい出来事など
英語で日本のニュースを読む
ライブチャット
無料携帯ホームページ
2ショットチャット