【農地法③】ココ


自己所有の土地を農地として使用している場合、
建物に用途を変えるためには農地法に従い許可が必要です。


農地法最後の記事は違反したらどうなるか?
どんな処罰が科せられるのか?書いていきます〜(• •⑉)


許可を得ないまま農地を宅地にしたり、
使う人が変わっていたりした場合、「違反」に該当します。


農地法3条、4条、5条全てにおいて違反行為は罰則の対象になります。
罰則は農地法①の文末に記載あります。


【農地法3条  権利移動】
許可を得ないまま使う人が変わった時、
その契約は「無効」とされてしまいます。

契約は無かったことになり、せっかく売れた農地がリバース。
戻ってきちゃいますヽ(;▽;)ノ

プラス、罰則も科せられる場合あり。



【農地法4条  転用】
農地を農地以外の用途に許可なく変えてしまうと
①原状回復
夢のマイホーム。
いろんなハウスメーカーに何度も足を運び、
「天井の高い家っていいわね〜」
なんて言いながら設計依頼。
ローンの申込、建築申請も無事に通り、着工。
完成するまで何度も足を運び、工事の様子を見学。
完成し、住み始めて
「天井が高い家にして、本当に良かったわね!」
なんて言いつつ暮らしていたら、ある日突然
「宅地にする許可取ってないでしょ。元の農地に戻しなさい!」
と原状回復を言い渡される(°_°)
次建てるときは旦那様に狭い部屋を作ってあげたいね。


②工事停止命令
作りかけでも問答無用!
ダイエットしてるのに目の前でケーキを食べられたり、
くしゃみが出そうで出なかったり・・・
そんなフラストレーションを感じさせる、悪魔の様な罰です(• •。)


追い討ちをかけるように罰則も科せられる場合あり。



【農地法5条  転用目的の権利移動】
他者に農地を渡し、他の用途に変える際、
許可を取らずにした契約は「無効」!

さらに場合によっては「原状回復や工事停止」など

さらにさらに場合によっては「罰則」も(°_°)‼︎



「知らなかった。じゃ済まされない。」
なんて聞きますけど、全て適用されたら厳しすぎると思います(• •。)