先週土曜日~月曜日迄
色々な経営者が集まる勉強会に参加させて頂いた!

その研修の中でのグループワークで一番印象に残った話を紹介させて頂きたいと思う。

それは、東京での会社の社長からのグループワークでのシェアを頂いた話である。
その会社は、スタッフ総勢100名くらいのIT関係の会社であるようだった。

毎月一回の社長と、役員2名(役員A.役員B)体制で
会社運営の大事な事を決める幹部ミーティング行っていた時の話であった。




役員Bが、担当する部門で、あるスタッフがマイナス発言等をして周りのスタッフへの影響がでたりして、対応に困っていて、その話が、毎月一回の社長と役員二人の幹部ミーティングで、話がでていた時の話だったようだ。

役員Bは、そのスタッフへ色々アプローチしても、なかなか改善が、見られず困っていたようだった。

社長と役員2名で今後の対応を検討しようと話がまとまったようだが、何を思ったのが理解できないが

その東京の会社の役員Aは、役員Bが担当するスタッフへ月一回の幹部ミーティングで、話が出ていることを、そのスタッフへ『あなたの話が幹部会議で、役員Bからでているよ!等』直接、伝えてしまったようである( ̄□ ̄;)!!

冷静に客観的に思ったことは
役員Aが、とった行動は、経営上の問題をスタッフに漏らしてしまい
先ずは社長からの信頼が、失くなり、同時に役員Bからの信頼が、失くなり、尚且つ、
伝えられた、スタッフも嫌な思いをするという誰も得をしない、呆れた対応であるとおもった。

自分の会社ではないし、話を聞いてるだけなので良いが、もしも自分なら、その役員に対して信用・信頼ができなくなってしまうな!と背筋が、凍る話であった。

誠実さに勝るスキルは、無い

都合が悪いことや言いにくいことでも、嘘をつかず、納得出来ないことや、おかしいなと思うことは、直接納得いくまで話し合ったり、決して陰で足を引っ張ることを言うのは、よくないなと心底思った話であった。

誠実に対応する事が信頼、信用となり、社会人としての必要なスキルであり、人間関係を構築するにあたって、基本中の基本であると、強く感じる。グループワークであった。

S、Y社長ありがとうございました。