具体的な目的地(ビジョン)について


会社を経営する目的について、色々な考えて方があると思うが

北海道ケアサポートは、「関わる人達とお互いにおもいやりを持って助け合いながら生きていく」ことを大切にしている。


もっと分かりすく言うと『関わる人たちが幸せになる』ことだと自分は思っている。


どうすれば幸せか?


それは、それぞれの価値観もあり、幸せを感じる部分もそれぞれなのでハッキリわからない部分であるが

会社としては今後の会社の方向としてスタッフと共に求めているものがある。



それは心の豊かさである。


具体的に3つ。


① 社員満足(やりがい)


② 時間的なゆとり


③ 経済的なゆとり


これを実現し業界最高水準の待遇を目指していきたいと考えている。


ただこれを実現するためには


 『対価の先払い』


 が必要である。

どういうことか例をあげよう



求めるものに対しては、対価(痛み)の先払いが基本となっている。


たとえば、健康で長生きするためにはどうすればいいだろうか?この答えは簡単であり、「節制」するだけである。食事や運動の内容を考えるなど、節制は大きな代償(痛み)だといえる。

とはいえ、こうした代価(代償)を支払うことで、健康な生活を手に入れることができる。

しかし、多くの人は報酬ばかりを求めようする。



健康に過ごしたいと思っているが、運動をまったくせずに食べたいものだけを食べる生活をしている人の方が圧倒的に多い。(自分も全くその通りである)

また、「痩せたい」と考えている人であっても、体を動かさずに好きなものを食べて過ごしているため、一向に痩せることができない場合が多い。

当然のことながら、これは、明らかに「言っていること」と「自分の行動」が一致していないからです。


なので求めるものを手に入れるためには、どうしたら良いのか?

具体的な設計図が必要である。いつまでに何をどうするのか?

それは自分で行うのか?誰かの力を借りるのか?等

ちなみに、自分は、ダイエットは苦手であるが、将来の事業展開の設計図を描き実践するのは、得意であるためビジョン実現に心配はいらないが、健康はすこし心配である。