どうも、こんにちは。

管理栄養士の奥田です。

 

息子が1歳を迎えました!

今にも潰れてしまいそうなふにゃふにゃだった我が子が、身体付きが少ししっかりして、安堵感でいっぱいです。

 

手づかみ食べも上手にできるようになりました。

 

1歳の誕生日は、母ちゃん(私)特製手作りケーキです。

母ちゃんの大好きなお米からできた米粉のスポンジに、さつまいものクリーム、アナタの好きなフルーツを乗せました。

 

 

ガツガツ、もりもり食べてくれると、

幸せな気持ちになりますね。

 

 

フリーランスでお仕事ガツガツやってくぞー!と腹をくくった矢先に妊娠していることが分かり、当初は戸惑いがあったのですが、今は、妊娠・出産をしていてよかったと思っています。

 

打ち合わせや仕事のスケジュールに対して、

私の独断では決められない。

 

開発やレシピ考案のためのちょっとした買い物も立派なお出かけになる。

 

文章を書いたり、撮影する際に必要な、

集中するためのまとまった時間が取りづらい。

 

様々な面で身軽ではないのですが、

この身軽でない状態だからこそ、

私の環境を配慮してくださる関係者の方、

集中する時間を作ってくれる家族に

【感謝】の気持ちが湧いてきます。

 

恥ずかしながら、20代の頃は、

まるで何者かにでもなったかのような

天狗な時代がありました。

 

また、天狗になるまで、なってからも

私自身が自分の弱みを受け入れられず、

強くなることだけを考えてきたように思います。


まだ足りない、まだ足りない。

あの武器が欲しい。

この武器を手に入れるぞ。

 

側から見ると、向上心があり、努力している人

と見えていたかもしれませんが、

自分の弱みを受け入れられずに、奔走していたように思います。

 

” 身軽ではない ”という状態になったことで、

私は否が応でも自分の弱み・自分が弱いことを受け入れざるを得ませんでした。

 

最初の、受け入れられるまでは

苦しい時もありましたが、

できない自分もオールオッケー!と

心底思えた時から、毎日の生きることがとても楽になりました。

 

出産の時、ちょっと危なかったことも、

本気で生きよ!

というメッセージだったと私は解釈しています。

 

妊娠が分かった時に戸惑った自分の気持ちの深いところまでアクセスすると、

” 仕事をする " ”お金を稼ぐ ”ということに

ある種の執着みたいなものがあったようにも感じています。

 

これもまた、【我が子】というフィルターを通すことで、ほんの少しの心境の変化がありました。

 

 

妊娠・出産は、私自身もじぶんと向き合った1年ちょっとだったな。

息子は急成長を遂げていますが、私も少しは成長したかしら?

 

これからもっともっとたくさんの事を

我が子から教わる事でしょう。

 

特別なことなど1つもない、平凡な日でさえも、

アナタがいるとエキサイティングな1日になります。

 

生まれてきてくれて、ありがとう!

 

 

 

■お仕事依頼やご相談、

食べる断食のお問い合わせはこちら

 

 

■プロフィール

管理栄養士/食美容研究家 奥田千晶

 

 

Instagram

@chiaki_okuda_

手軽で簡単にできる朝ごはんを公開中!

フォローしてね♪

 


 

■活動実績《こちら