こんにちは。

管理栄養士 奥田千晶です。

 

 

一般社団法人 日本健康食育協会主催、

健康食育アワード2018 を観覧してきました。

 

 

健康食育アワードとは、

 

従来の食の大切さを伝える啓発的な活動に加えて、

“日本型食生活による健康の実現”という目的を明確にし、
「健康に関する社会問題の解決」に貢献をしている個人や団体を表彰するものです。

image

 

 

全国の様々なジャンルで、

食から健康にまつわる社会課題を解決されている方々の活動を観て学びを得てきました。

 

image

岡山県総社市 片岡市長

 

総社市で行われた健康へのインセンティブの取り組みや、

市内農家さんと学校をつなぐビジネス、

それによって、街全体が元気で健康に、

さらには活性化したというお話でした。

 

 

「それ、実行したんだ、すごい!」

と驚きの連続。

 

 

「私も、ふるさと兵庫 明石に食と健康で貢献したいな♪」

とふつふつと想いが芽生えました。

 

 

image

ママになるなら「みおごはん」

長山 詔子さん

 

 

私自身、妊娠する前に健康食育を学び、

実践し、徐々に体質が良くなっていきました。

 

 

味覚が繊細になり、

”美味しい”と感じるものが変わりました。

それによって、選ぶ素材が変わり、

料理が変わり、毎日のごはんが変わりました。

 

 

つわりがなく、妊娠に気づくのが遅くなったのですが、

“美味しいから”と選ぶもの・作るものが

妊娠中に推奨の食生活になっていたので、

気づいた時にも、

「あんな食生活していたけど、大丈夫かな?」

不安になることはありませんでした。

 

 

妊娠中も食べもの選ぶ基準が 

“美味しいから”になっていたので、

「 添加物はダメ 」「有機じゃなきゃ!」

といったダメ・○○べきなどのストレスもなく

いつも通り、食事を楽しんでいました。

 

 

食事の栄養バランスを整えるには

一汁一菜でも十分にできると知り、

産後や手が離しづらい育児中の食事も

とてもラクにできています。

 

 

長山さんの活動には、

私の実体験と通ずるものが多くて、

聞き入っていました。

 

 

 

 

他にも、生産者さんとの取り組み、

主婦になって生まれた強みを活かした取り組みもあり、

私自身の会社員時代での経験、

人生のこれまで・これからの経験も

もっともっと活かせそうだ!(活かすぞ!)

とパワーがみなぎりました。

 

image

 

image

 

昨日は1日イベントだったのですが、

息子は義理の母が見ていてくれました。

 

 

私が仕事をしたり、こういった場に行くには

家族の助けが必要です。

 

 

「いってらっしゃーい!」

「懇親会も楽しんできてね!」

と快く手を振ってくれて、

ありがたい環境だな、と実感しました。

 

 

 

さて早速、得たもので描きます!

 

 

 

 

■お仕事依頼やご相談、

食べる断食のお問い合わせはこちら

 

 

■プロフィール

管理栄養士/食美容研究家 奥田千晶

 

 

Instagram

@chiaki_okuda_

手軽で簡単にできる朝ごはんを公開中!

フォローしてね♪

 


 

■仕出し宅配弁当『もてなし膳 夢鼓』栄養監修

 

■9月新発売 
セブンデイズカラースムージー 開発監修

 

■saita 5月号

AD