芦屋小雁映画祭り報告* | 谷口高史・殺陣教室の『ちゃんばらCLUB 喜怒哀楽』

テーマ:

芸歴70周年花火

小雁さんの映画祭り

観に行ってきました。

 

場所は京都文化博物館でした。

 

谷口をさがせ? 目ハッ

  下差し  下差し  下差し

 

20数年前、谷口が

東映を辞めるきっかけにもなったのが

〝小雁倶楽部〟への移籍でした。

(今は独立し、喜怒哀楽プロ所属です)

 

当時、小雁さん3度目のご結婚を機に

事務所を作られ、ご夫妻にお誘いいただき

思い切って移籍しました 星流れ星

 

あ、遠慮なく3度目のご結婚とか言うてるのは

奥様とも旧知の仲と申しましょうか

東映での谷口の後輩、

私の先輩にあたる女性で

公私に渡り旧知の仲という事情です ウインク

 

現在も女優業の他、時代劇では

他の女優さんの所作指導などもされます。

 

ご自分でも

「三代目の嫁」と言うてはります 爆  笑あせる

 

 

私が行かせていただいたのは

『女殺し油地獄』1957年

 

『続 番頭はんと丁稚どん』1960年

 

この2本とも約60年前の映画ですが

モノクロではなく

どちらも総天然色

カラーでした 虹義理チョコ

 

映像も綺麗で

その中の懐かしい景色に感激

何より昔の役者さん方の

腕とエネルギーに感動キラキラ

 

本当に観て良かった照れ

 

また、小雁さんは

戦後 喜劇俳優になる前

映画などの絵看板を描く仕事を

されていました。

 

ほんの一部ですが

今回作品の展示コーナーもありました乙女のトキメキ

 

役者の先輩というだけでなく

小雁さんのお人柄を深く尊敬している谷口です。

ドキュメンタリー番組で

認知症の症状や、それに伴う

ご自身の生活の変化など

特集紹介もされましたが

〝芦屋小雁〟という

スイッチが元気の源アップアップ

 

みんなの小雁ちゃん満85歳 爆笑

まだまだ、まだまだお元気ですよ~!!