こんにちは

アイコンの森戸ですグラサン

 

今回のブログは久々に美容師らしいことを書きますそれ

 

 

髪の毛にやってはいけないつの行為

 

ということで

 

早速ロケット

 

 

①絡まってる毛をガシガシ無理やり梳く

髪の毛は摩擦等の物理的にかなり弱くデリケートですので、力強く梳いてしまうと直ぐに傷ついてしまいますガーン

一度傷ついてしまった髪の毛は元に戻りません。髪を梳く場合は、毛先の方から順に優しく梳くようにしましょう。

 

②シャンプーする前のすすぎ時間が短すぎる

これはみなさん結構当てはまるのではないでしょうか?

シャンプー前のすすぎは、最低でも1分~2分はすすぐようにしましょう(38度~40度のお湯で)

実はそのすすぎだけで、7割くらいのの汚れは取れてくれます。そうすることで、シャンプーの泡立ちも良くなり、髪同士の摩擦も軽減することが出来ます。(髪は摩擦に一番弱いと言われています)

 

③シャンプーの時にゴシゴシする

先ほども書きましたが、髪の毛は摩擦に弱いです。シャンプーする場合はしっかり泡がたてば、泡のおかげで髪同士の摩擦はほぼ無くなります。あとシャンプーする場合、頭皮もなるべくゴシゴシしてはいけません。頭皮の場合も摩擦により皮膚を削ります。しっかり泡を立てた後は、頭皮全体をもみもみすることをお勧めします。そうすることで、泡が汚れを浮かしてくれますし、マッサージ効果があるので、お顔をリフトアップさせることにもつながりますチュー

 

④ドライヤーが髪に近すぎる

髪は熱には強いですが、ドライヤーの熱も近すぎると凶器になります。20cm程離しましょう。どうしても近くなってしまう場合は、ドライヤーの首を振りましょう。

 

⑤髪が濡れてる状態で就寝

これもやってしまう方多いのでは?

髪の毛は水で濡れると、かなりデリケートな状態になります。

その状態で枕の摩擦なんかを喰らった日には…笑い泣き

乾かすのが面倒なのはとってもわかりますが、髪の毛にはとっても良くないのでしっかり乾かしてから寝ることをお勧めします。

 

⑥アイロン等でギュッと挟む

これもよく聞きます。人によっては200度近くのアイロンという鉄板でギュッと挟むわけですから、痛むのも当然滝汗

アイロンの温度の設定も、なんとなく決めるのではなく、ご自身の髪がなるべく低温で形が付く温度を探してみて下さい。

細い毛の方は意外に低温で形が付きますし、挟む力もそんなに要りません。

理想を言えば、腕に指を当てて、少し皮膚が凹むくらいがベストですひらめき電球

 

 

いかがでしたか?

この6つの行為、普段やっちゃってるって方も多いのでは!?

ご自身の知らない間に髪が傷んでしまうって方は、この6つの項目を見返してみて下さい

何か原因となるものが見つかるかもはてなマーク

 

そして実は、この6つの行為をやらないで下さると、僕たち美容師も施術がやりやすくなります照れ音譜

お客様のやりたい髪型・カラー・パーマ等々が叶えやすくなります合格

是非この6つの行為をやらないで下さいチョキ

 

 

今年も残りわずかとなりました

 

12月の予約は大変混み合うかと思われます

 

お早めのご予約をおすすめしますお願い

 

 

(株)COLECAOホームページ

スタッフ求人は

URL

http://colecao-group.coリンク

 

Iconホームページは

URL

http://colecao-group.com/salon_icon.phpリンク

 

 

ネット予約は

URL

http://beauty.hotpepper.jp/slnH000323567/リンク

 

皆さまのお越しを心よりお待ちしております