意外な使い道


指番号札を製作してから一週間が経ちました。

早速生徒さんたちのお気に入りになりました。

並んでいる数字通りに右手、左手の順で指を正確に動かします。

すばやく札を組み替えて、新たな組み合わせの番号に取り組みます。

単純作業だけど、頭を使います。そして指番号に対しての抵抗感が

無くなってきます。

一分間のトライアルで、一分の間もくもくと札と指を動かして、

何回できたかを数えたりもします。

また、時間を区切らずにゆっくりと自分ペースでチャレンジして

失敗しては「あれ~?」と笑ってしまう生徒さんも。


「先生!これ、オモシロイです。おうちでも使いたい!」

とのリクエストにお応えして、セットでお分けしました。

もはや…子供たちには学習するための道具だということを越えて、

遊び感覚で夢中になれるモノを見つけちゃった~♪のようなノリで

しょうか…(^-^;。。

また、お友達の先生方もお買い上げくださいまして嬉しい限りです。

私の番号札は数字しか書いていないのですが、それがまた良いようです。

もちろん指の番号を覚えていただく目的で使用するのですが、

なんと予想外な使い方を思い付く生徒さんの多いこと(笑)。


昨日は、年長さんのKちゃんがお家で足し算の練習に使っていると

言っていました。Kちゃんとおばあちゃまがレッスンに通われています。

2セットお買い上げでしたので、指番号札としてトレーニングする他に、

3たす5は~?などと、おばあちゃまが問題を出して、Kちゃんが正解

を出す。…それも良いアイデア!

また、今日午前中にレッスンに来られた大人のHさん。

ピアノが弾けない時間帯に、この指番号札を使います♪と

おっしゃりながら、

「…これ、母にもいいかも…!」

とおっしゃいました。

Hさんのお母様は、普段病院にいらっしゃって、明日一時帰宅される

そうなんです。久しぶりのお家、どんなにか嬉しいことでしょう。

そのお母様のために、脳トレにいいですねとそこも気に入られての

ご購入でした。

私は、

「そうしましたら、おかあさまの指もマジックで1、2、3、4、5と

書いてください。その数字と、指番号札の数字を合わせるように

促して差し上げてくださいね。」

余計なこととは思いつつ、アドヴァイスさせていただきました。

マッチングですね。ピアノをされないお母様ですから、数字を

合わせることのみに集中できたら良い効果があるかと。



さてさて…ここからは番外編。

これは私なりの応用の仕方です。

ピアノ学習者のための指番号札があるなら、ヴァイオリン用も

あったら便利ですよね。

…ということで作りました。


これからの計画として、ヴァイオリンの先生方にもこの札を

お使いいただけたら嬉しいです。

まだプロトタイプですが、形にしてみないと見えてこないことが

ありますから作りました。

早速、ヴァイオリニストのS先生がお声をかけてくださっています。

ふふふ…♡




ぽちっ! ブログランキングに参加しています♪ 応援してね ニコニコ 

   個性豊かな先生方に出逢えますキラキラ

 にほんブログ村 



 お問い合わせは、HPからどうぞ 

    あらき音楽教室