ここ数ヶ月、グレードテストに挑戦する生徒さんが増えました。


コンクールを希望する子にはコンクール対応もしていますが、


最近コンクールに出たいというお話がないので、


それはそれでいいかなと思っています。


いえ、講師としてはチャレンジして欲しい気持ちはあります。


けれど、それぞれ置かれている環境や考え方もありますから。


私は掲示やお知らせ・お声かけ、コンクールとは何か・・・


ご興味をもたれた生徒さんや保護者の方にはご説明&


場合に応じてオススメもしています。



さて本題に戻りまして、私の教室で今密かに


ブーム(?)なのが、グレードです。





全員に強制するわけでもないし、受験するしないは自由です。


今までもこれからもそうしようと思っています。


ですが、


「センセ、○○ちゃん、○級なの?・・私も受ける!」


と興味が出てきた子が増えてきたのです。


ちょっと連鎖反応的な部分もありますが、


それはそれで良いかと。


スイミングやそろばんなどは、みんなで受けるから


イメージも定着しているのでしょうけれど、


ピアノのグレードって、小さい子には意味がわからりづらい。


だから、


「ちからだめしだよ。○○ちゃんが今、どこまで

 ピアノが上手になったか わかるんだよ。」


とか、


「グレードって、級だよ。スイミングでもあるよね?」


などと説明します。


それに何より、私以外の先生方や知らないお友達の前で

演奏し人の演奏も聴き、評価されることで度胸も着くし、


刺激も受けるでしょう。



そこで感じたことを日々の練習に活かして、



ピアノの音にもっと耳を澄ますことができますように。


要するに、


「今よりピアノが上手になるんだよ~チョキキラキラ


ということです。



グレードテストを受験することで効果が期待される子には、


こうして勧めて受けてもらいます。


来月のテストにも数名エントリーしてくれました。


一人は年明けに早速「受けます!」と、


受験票を持ってきてくれました。



生徒さんの意欲、ピアノにより真剣に向かう姿勢が、


まぶしい・・・講師です。


その小さな挑戦がきっと、大きな成長につながるでしょう。





音譜朝はどこから 来るかしら


  あの空越えて 雲越えて


  光の国から 来るかしら


  いえいえ そうではありませぬ


  それは 希望の家庭から


  朝が来る来る 朝が来る


  「おはよう」 「おはよう」音譜




ぽちっ! 応援してね ニコニコ

    全国の素晴らしい先生方のブログに出会えますキラキラ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ ブログランキングに参加しています星
にほんブログ村





 あらき音楽教室ホームページ

ブーケ2 お問い合わせは、HPアップからどうぞ ブーケ2