【手作り雑貨 】楽天市場 Amazon Yahoo! 起業日記 ハンドメイドショップ コットンバニー
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-05-08 23:42:18

ハンドメイドイベントのご案内

テーマ:ハンドメイドショップ
2018-04-26 18:25:50

Amazonと楽天

テーマ:ハンドメイドショップ

 

 

 

 

Amazonのベンダーエクスプレスが終了となる

 

ベンダーエクスプレスというのは・・・

 

まあ、終わりになるサービスについて説明しても無駄な気がしますが

 

それに代わるサービスが始まる可能性も無い訳では無さそうなので触れておきます

 

 

 

 

Amazonでの販売には大きく二つ

 

Amazonセラーセントラル

 

Amazonベンダーエクスプレス

 

 

 

 

先ずはセラーセントラルについて

 

これには大口出品と小口出品があります

 

Amazonのページからコピペします

 

 

 

通常どこかから商品を仕入れて販売する場合やセドリ(競取り)目的であれば、小口出店でいいでしょう

 

既に販売されている商品に乗っかる形で出品出来ます

 

 

小口出品は

 

出店料は無く1つ売れる毎に基本成約料が100円、それと販売手数料が掛かります

 

 

 

 

 

 

オリジナル商品の販売を目的とする方も多いですよね

 

ハンドメイド品の販売がそれに該当します

 

自社オリジナル製品の販売をするには大口出店が必要です

 

 

大口出品は

 

月々4900円の出店料と販売手数料

 

 

次に、大口と小口に共通する販売手数料についてね

 

販売手数料は各カテゴリによって違いますがの商品代金の総額8~15%

 

なんと商品代金には配送料も含まれますw

 

小口で1ヶ月50個以上売ったら制約手数料が5000円になるので

 

大口出店した方がいいですね

 

 

 

次にベンダーエクスプレスについて

 

ベンダーエクスプレスはAmazonが商品を買い取ってくれるサービスです

 

つまり、Amazonに商品を卸すという事

 

もう終了するサービスなので詳しいページが無くなっていました

 

私の記憶の範囲ですが簡単に説明しますね

 

 

販売商品の小売価格の5~6掛け

 

最初に販売したい商品のサンプルをAmazonに無償で提供しなければなりません

 

金額によって違いますが、提供するのは2~3個

 

卸しなので販売手数料などは掛かりません

 

セドリなどでは利益が出ませんので利用は難しいですね

 

ですが自社製品やOEM、輸入ものなどで十分に利益が見込める商品なら、

 

このサービスは魅力ありますね

 

Amazonの販売力は、皆さんご存知でしょう

 

 

と終ってしまうサービスですが、道がない訳ではありません

 

ベンダーエクスプレスというのはセラー同様誰でも登録出来るサービスですが

 

ベンダーにはまだ別の道があるんです

 

 

ベンダーセントラル

 

これはAmazonに商品を卸すサービス

 

Amazonのバイヤーと直接商談し掛け率などを決め取引を始めます

 

ベンダーエクスプレスとの違いは、最初の商品を無償で提供するのではなく

 

最初から買い取って貰えるので負担もありません

 

 

 

納品に問題があります

 

メール便で納品という訳にも行かず、手渡しの宅配便しか使えません

 

送料値上げになりましたしね

 

1000円で卸す商品の場合

 

日本郵便ならゆうパックで最低800円とかですかね

 

原価が200円なら利益0円です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

そして問題はまだあります・・・

 

Amazonの電話番号って知ってます?

 

どこにも書いてありませんよね

 

 

色んな所に手を回してバイヤーと連絡を取り、直接交渉か

 

バイヤーの方からAmazonに卸しませんか?とお声掛けが来るのを待つか・・・

 

 

私も以前はバイヤーと直接連絡を取り合い取引をしていましたが

 

1年以上も前にAmazonがその形を変えました

 

担当制では無くなったのです

 

現在は・・・・・何かあると電話が来ますが、こちらから電話は出来ません

 

でも、誰か知っている人がいる筈(笑)

 

Amazonで働いてる人とかwww

 

兎に角売り込みが出来れば道は開けます

 

 

 

 

 

最初に取引する際担当してくれたバイヤーはとても面倒見が良く

 

分からない事はいつでも電話で対応してくれましたし

 

商品登録の面倒な点や商品撮影もAmazonサイドでやってくれました

 

今はお問合せって所からケースを立てて連絡するしか道は無く

 

しかも・・・

 

ベンダーセントラルはアクセス(Excelみたいなやつ)が使えないと無理です

 

何とかしようとアクセスの勉強をしましたが時間もありませんし

 

もう新たに商品登録するのは当分無理ですね(笑)

 

 

広告力ははっきり言ってセラーよりベンダーの方が上です

 

そりゃあそうですよね

 

Amazonも直接売った方が利益大きいですものね

 

 

 

一長一短ですね~

 

 

 

 

さて、楽天についてのニュースは

 

いよいよ楽天ペイが現実味を帯びてきました

 

昨日楽天から電話が来ましてね

 

楽天ペイについての説明をしたいから20~30分程度の時間が欲しいと

 

で明日電話を貰う事にしました

 

 

詳しい事が分かりましたらまたお知らせしますね

 

 

 

 

 

2018-04-13 23:13:24

モチベーション

テーマ:ハンドメイドショップ
こんばんは
 
大変ご無沙汰致しております
 
って、このブログまだ見る人いるんですかね?(笑)
 
 
 
 
さて、皆さんやる気スイッチ入ってますか?
※皆さんって呼び掛けてますが、若干虚しいですw
 
 
 
 
EC業界は日々変化を続けております
 
最近の激震といえば、宅配便各社の値上げでしょう
 
ヤマト・佐川の値上げを受けて、その受け皿として奮闘してた筈の日本郵便が
 
お前それは無いだろう・・・って規模の値上げをしたのが3月
 
日本郵便との契約で後納を持ってるところは今月辺りから徐々に値上げでしょうか
 
 
コットンバニーも4月1日から送料が値上げされました
 
えげつないですわ~
 
具体的な数字は書けませんが、倍ですよ
 
 
 
Amazonやってらっしゃる方いますか?
 
AmazonのFBA納品(パートナーキャリアサービス)が5月7日から日本郵便の一般料金と同じになります
 
全く旨み無し
 
自社契約の宅配業者使った方が安くなります
 
 
 
送料以外にも得体の知れない変化がゴロゴロ
 
楽天ペイって分かりますか?
 
楽天出店の決済形態が大きく変わります
 
 
 
他にも様々な変更があり、対応に戸惑う事ばかりです
 
そんな今日はAmazonFBAに関するビックリする事実に気がついて慌ててたりwww
 
 
 
そんな中、うれしい変化もあります
 
 
数字って、分かりやすく背中を押してくれませんか?
 
 
 
よく言われているのが、Amazonセラーセントラルの売上げダッシュボード(ビジネスレポート)
 
大口出店の人だけなのかな?
 
リアルタイムで更新される売上げ報告は正に麻薬w
 
一日に何度も何度も覗いてしまいます
 
 
それに比べて、前日までの売上でしか表示されない楽天やYahoo!のページは今ひとつ面白みに欠けていた
 
 
ところが・・・
 
最近、楽天のRMSトップページが変わった
 
 
 
以前は店舗カルテっていう所を覗くと、こんな風に表示されていたのが

 

{86387B4B-2EB5-4200-9FDA-F02478BC2116}
 
 
新しいRMSトップページにはこんな表示がw
 
{53CFE5DE-5F9F-47CC-B564-372D0F0A9AE4}
 
つまり、売上の成長率が分かるだけでなく、当月の売上げ着地予測が表示されるようになったんです
 
 
Amazonの様にリアルタイムではありませんが、この予測というのが何とも楽しい
 
毎朝RMSを開くのが楽しみでワクワクしますwww
 
 
 
見てお分かりでしょうが、前年比凄いでしょw
 
楽天に関しては、毎月昨年の売上の倍近い数字が出てます
 
圧倒的な時間不足でまだやれていない事だらけなんですよ
 
これを進めれば進める程に売上は伸びていく
 
 
 
 
私はゲームとかしないんですけどね
 
ゲームにハマる人の気持ちは分かります
 
 
 
新しいアイテムを手に入れたり、技を取得したり
 
新たなマップを手に入れたり・・・
 
 
昼夜を問わずのめり込んでいく面白さ
 
そこにこのスコアですよw
 
 
やらずにはいられないw
 
 
 
 
さて、5月にイベントがありますよ~
 
詳しくはまた改めさせていただこうかな
 

 

 

{2A46AFA1-48DE-4857-BA14-6BE3DB6712FE}

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス