大雨被害による教材汚損等に対する対応について | びょうそくで司法試験(労働法1位 論文36位で合格した秘訣)

びょうそくで司法試験(労働法1位 論文36位で合格した秘訣)

 加藤喬(かとうたかし)
 青山学院大学法学部
 慶應義塾大学法科大学院
 平成26年の司法試験合格後、資格スクエア・株式会社BEXA・辰巳法律研究所
 にて、労働法と基本7科目について徹底した過去問分析に基づく実践的な司法
 試験対策講義を実施。


テーマ:

 西日本を中心とする集中的な大雨により、深刻な被害が生じています。

 

 

 

 今回の大雨被害により私が担当している講座の製本テキストを喪失・汚損等された方につきましては、資格スクエア又はBEXAにご一報頂ければと思います。

 

 

 

 急を要する事柄であるため所属予備校と協議する前にお知らせさせて頂きましたが、教材の製本・配送に関する費用の全部又は一部が講師負担であることからしても、対応できないという結論になることはまずないという認識です。

 

 

 

 水害による喪失・汚損などは不可抗力によるものであるため、対応の内容としては、無償での再製本・再配送を考えています。

 

 

 

 対応について確定しましたら、改めて本ブログ(や予備校からのメール)でお知らせさせて頂きます。

 

[追記]2018/7/8更新

 昨日、資格スクエアからすぐに返信があり、無償での再製本・再配送が可能であるとのことでした。

 

[追記]2018/7/14更新

 一定期間中であれば対応可能ですので、詳細につきましては直接お問い合わせ頂ければと思います。

 なお、対応可能な講座は私が担当している講座に限られます。

 

 

 また、2018合格目標加藤ゼミでは6年分の過去問のレジュメ(B5・26穴)を配布しています。

 

 

 

 過去問のレジュメを喪失・汚損等された方につきましては、送付先を教えて頂ければ無償で出力・配送させて頂きますので、私にご一報下さいますようお願い致します(メーリングリストでも同じ内容のご連絡しておりますので、ご確認下さい。)。

 

 

 

 以上が今回の大雨被害に関するご連絡となります。

 

 

-------------------------講義のご紹介-----------------------
 

【司法試験 秒速・パックプラン】new

  秒速・総まくり120と秒速・過去問(セレクト45及び秒速・過去問コンプリート)のセットプランを特別価格で提供させて頂いております。

 学習状況や来年以降の目標に応じたプランを選んで頂ければと思います。

 

【秒速・過去問2019 コンプリート/セレクト45】new

  秒速・過去問コンプリートでは、プレテストを含む平成30年までの14年分・98問の司法試験の論文過去問について、講師作成の解説テキスト・完全解模範答案(1桁~2桁前半)・現実的な中位答案(4~6頁、500番付近)を使い、出題された問題点のみならず、科目・分野ごとのごとの出題傾向・書き方、事案分析の方法、取捨選択の視点など、私が過去問分析・ゼミ生答案の添削を通じて得たノウハウをすべてお伝えいたします。

 秒速・過去問セレクト45は、14年分・98問の論文過去問から、科目特性や分野ごとのフレームワークを掴むうえでの重要性や、同一又は類似の論点が出題される可能性などを考えて、Aランクの重要過去問を厳選した講座です。

 

【秒速・総まくり2019】new

  各科目15~17時間という短時間で、論文試験で必要とされる判例・論点等を網羅します。

 秒速・総まくり2019では、知識の論文最適化を最も重視しています。科目・分野ごとの特徴に合わせた論証や処理手順をお伝えするとともに、必要に応じて判例・過去問の答案例も参照することで、インプットのみならずアウトプットも完結させることを目指します。

 情報の網羅性がある上に、現・元考査委員の理解や科目・分野ごとの特徴が反映された秒速・総まくり2019は、司法試験のみならず、予備試験、法科大学院入試のすべての論文試験に対応することができると考えています。

 

 1科目3時間程度で、「問題文の読み方」と科目・分野・論点ごとの「答案の書き方の作法」について、出題の趣旨・採点実感・ヒアリングに従った抽象的な説明に加え、過去問・判例の事案を基にした答案例により、具体的に習得することができます。本講義には、過去問から学ぶべき読み方・書き方の作法が凝縮されています。
 紹介記事はこちらから(科目ごとの目次、サンプル動画・レジュメもございます。)。

 

【事例演習労働法解説講義】 new

 事例演習労働法第3版(編著:水町勇一郎・緒方桂子‐有斐閣)の問題(51問)について、同書解説・元考査委員の著書・出題の趣旨(採点実感)を反映した完全解答例を使って、効率的に学習することができます。

 

【2017年リニューアル版 労働法1位が作った 労働法速修テキスト講義】 
 試験で必要とされる制度概要・論証・判例の知識が凝縮された完全オリジナルテキスト(約390頁)により、基本書・判例集を一切要することなく、労働法でトップレベルの実力を身につけることができます。講義・テキストの内容には、徹底した過去問分析に基づき、出題傾向・書き方・司法試験委員会の理解が反映してあります。


【2017年New講義 労働法1位による 労働法速修論証集講義】
 労働法の精度概要は基本書を使って自分で勉強するという方向けに、10~15時間程度で、試験対策として押さえるべき約210個の論点(労働保護法140個、労働組合法70個)について、すべて論証形式で取り上げた上で、ランク付け及びマーク・アンダーラインの指示を含めて解説するという内容の講義です。
 なお、速修論証集講義は、速修テキスト講義及び過去問完全攻略講義に無料で付属させて頂いております。


【2017年リニューアル版 労働法1位が作った 労働法過去問完全攻略講義】 
 平成18年~29年の労働法過去問について、2500文字以内の完全解模範答案及び解説テキストを使って徹底的に解説します。本講義のテキスト1冊及び講義中の説明だけで、労働法の過去問を完璧にすることができます。

 

----------------------------------------------------------

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ  

びょうそくで司法試験(労働法1位 論文36位で合格した秘訣)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス