6/28 6月の韓旅⑦清州編⑥世界最古の金属活字本が印刷された場所&うどんとパンを一緒に食す食堂 | 全州にひとめぼれ!大邱が恋しくて!

全州にひとめぼれ!大邱が恋しくて!

韓国全自治体162市郡を制覇!渡韓回数は190回!
全州にひとめぼれし、大邱に恋い焦がれるビョンが、
大好きな韓国の地方旅についてのレポを熱くお届けします。
전주에 첫눈에 반하다! 대구가 그리워서!

192回目の韓旅

6月の韓旅(6/26~30)レポ

こちらの記事↓のつづきです

6/27 6月の韓旅⑥清州編⑤快適だったホテル&清州式サムギョプサル「シオヤキ」を食す

 

清州2日目の朝食は、高速バスターミナルにある店で買ったトースト&アイスアメリカーノ(5千ウォン)。

ちなみに、清州高速ターミナルにはロッカーが無く、近くの市外バスターミナル内にあります。

 

清州古印刷博物館へ。

1985年の発掘調査で、世界最古の金属活字本「白雲和尚妙録仏祖直指心体要節(略称「直指」)」が

印刷された興德寺(フンドッサ)(史跡大315号)が、ここにあったことがわかりました。

1377年に金属活字を鋳造し「直指」を印刷したことから、世界最古の金属活字の遺跡地として

興徳寺址に1992年に博物館が建てられました。

「直指」は上下巻で刊行されましたが、上巻は現在存在せず、下巻のみ

フランス国立図書館に所蔵されているそうです。

通りを挟んで向かいにある金属活字伝授教育館へ。

国家無形文化財第101号 金属活字匠のイム・インホさんが

金属活字鋳造を実演なさるのを見学しました。

※金属活字鋳造の実演は、毎週金曜日と毎月第1週土曜日の10:00、13:30、15:00

一枚の板に文字を刻む木版では、都度新しく製作する必要があったのに対し、
活字を何度も並べ替えて再活用できる金属活字の誕生は画期的なものだったのだと匠

ベル清州古印刷博物館(청주고인쇄박물관)

住所 清州市興徳区雲泉洞866(청주시 흥덕구 운천동 866)
道路名住所 清州市興徳区直指大路713(청주시 흥덕구 직지대로 713)
電話番号 043-201-4266
観覧時間 9~18時
毎週月曜日、1月1日、名節(旧正月・秋夕)休館

KONEST地図

 

西門市場(ソムンシジャン)へ移動。

大邱じゃないですよ~(笑) 清州にも西門市場があるんです。

市場の中にはサムギョプサルの店が軒を連ねるサムギョプサル通りがありますが、

昼間は営業していないようです。

お目当ての西門うどんでランチです。3代続く老舗です。

入店すると右手にパンの販売コーナーがあります。

「パンは先払いです」と書いてありますが、持ち帰るのではなくほとんどのお客さんが

麺類とともにパンをイートインするんです。

ドラマ「製パン王キムタック」のロケにも使われたんですね。

ドラマに出てきたポリパン(麦飯とコーンのパン)も売っています。

購入した餡ドーナッツ(1,300ウォン)を撮影するふりをして、無理やり撮影した店内の様子。

ムッチャ混んでいました。

西門うどん(5,500ウォン)をオーダー。

オーダーしてからミニうどん(꼬마우동)があることに気づきましたびっくり

炭水化物+炭水化物・・・一体誰がパンと麺類を一緒に販売しようと思ったのでしょうか(笑)

昆布と煮干しで出汁を取っているといううどんの汁がめっちゃ美味しい。

甘いあんぱんと汁のしょっぱさが意外にも合います。

甘辛く味付けされた刻み油揚げは、日本を思い出させる懐かしい味でした。

うどんは割と柔らかめ。このうどんは癖になるなぁ。

人気があるのがわかります。

ベル西門うどん(서문우동)
住所 清州市上党区西門洞166-3(청주시 상당구 서문동 166-3)
道路名住所 清州市上党区無心東路392番キル8(청주시 상당구 무심동로392번길8)
電話番号 043-256-3334
営業時間 10~20時(15~17時Break Time。土日祝は除く)
名節(旧正月・秋夕)当日と翌日休業

KONEST地図

別名 恐竜橋と呼ばれる西門橋を見学し、次へ移動しました。

ベル大邱の情報は↓こちら↓をクリック

 大邱についての情報はこちら↑をクリックしてね!

ブログランキングに参加中。

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓