6/29 慶尚北道グルメツアー④ 初日③ 栄州の郷土食材を見事にコラボした韓定食@薬膳堂 | 全州にひとめぼれ!大邱が恋しくて!

全州にひとめぼれ!大邱が恋しくて!

~韓国の地方を訪ねて
全羅北道 全州にひとめぼれし、
大邱広域市に恋い焦がれるビョンが、
大好きな韓国の地方旅についてのレポを
熱くあつ~くお届けします。
전주에 첫눈에 반하다! 대구가 그리워서!


テーマ:

ナイフとフォーク慶尚北道グルメツアーナイフとフォーク

まじかるクラウン初日スケジュール

2日目の栄州(ヨンジュ)

こちらの記事↓のつづきです。

6/29 慶尚北道グルメツアー③ 初日② 豊基高麗人参市場見学と大粒大豆を使ったチョングッチャン

 

いよいよお楽しみの夕食の時間。

慶尚北道グルメツアー最初の食事は薬膳堂(ヤクソンダン)にて。

韓方の研究家でもあるパク・スヌァさんが営む韓定食のお店です。

2010年世界薬膳大会で大賞を、

2016年地方自治博覧会優秀美味しい店大会で最優秀賞を受賞なさるなど、

数々の賞を受賞なさっていらっしゃいます。

韓国語でご飯のことをパプ(밥)といいますが、

「私はパプ・スヌァだ」と仰っているそうですよ(笑)

そんなオーナーさんが「郷土食材同士が合わないはずがない」とのポリシーから、

特産品である高麗人参、韓牛、リンゴを巧みに融合させて調理なさる

高麗人参定食(인삼정식 1人前35,000ウォン)をいただきました。

慶尚北道庁の皆様から熱烈な歓迎をいただきました。

「『ヨーロッパを知るにはローマに行くべし』との言葉がありますが、

『韓国を知るには慶尚北道に行くべし』です。

慶尚北道には、千年の歴史をもつ新羅の都 慶州(キョンジュ)や

五百年の歴史があり韓国の精神文化を伝える安東(アンドン)や

栄州(ヨンジュ)があります。

これからも慶尚北道へお足をお運びください」

とのご挨拶をいただきました。

乾杯の後、かぼちゃ粥を皮切りに、いよいよ高麗人参定食をいただきます。

淳昌(スンチャン)というコチュジャンの街がある全羅道(チョルラド)では、

コチュジャンを使う料理が多く、私の中では赤色のイメージ。

それに対して、慶尚道(キョンサンド)の食事は、素材の色を活かした

カラフルなイメージを持っています。

各お料理の紹介を。

覆盆子と桑の実をドレッシングに使ったサラダ

今が旬の桑の実の甘さがたまりません。

宮廷料理だったという蕩平菜(탕평채 タンピョンチェ)は、

緑豆のムク(寒天)と緑豆モヤシ、シイタケなどを和えたもの。

酸味の効いたさっぱりとした醤油ベースのソースでいただきました。

このお料理は、2日目の朝食と絡む重要なキーポイント注意だと八田さん。

ウコンのチヂミは、当帰(トウキ)のチャンアチ(酢醤油漬け)とともに。

韓方材料であるウコンと当帰の組み合わせで、身体の芯から健康になれそうです。

これ、癖になるお味でした。

地マッコリである小白山(ソベクサン)マッコリやビールなどをいただきながら、

まだまだお料理が続きます。

栄州(ヨンジュ)韓牛のユッケ

旨味が濃い韓牛を千切りの梨と一緒にパクッ!

海がない栄州(ヨンジュ)ですが、祭祀膳に必要なタコは、

東海岸から太白山(テベクサン)を超えて運ばれてきます。

ボイルしたタコをムノスッケ(문어숙회)という料理にしていただきます。

柔らかいタコの香りがよくて、これ大好きなんですよ。

名産の高麗人参の天ぷら

当帰(トウキ)の葉っぱとごぼうの天ぷらとともに、蜂蜜をかけていただきます。

これまた、身体の芯からパワーアップできそうです。

しいたけの酢豚風

なんとリンゴを煮詰めたソースがかかっています。

リンゴの甘酸っぱさが楽しめる一品。

栄州韓牛のトッカルビ(焼肉風ハンバーグ)は、甘さ控えめ。

梅のチャンアチ(甘酢漬け)と一緒にいただくと、

口の中がさっぱりします。

昨年の今頃漬けた梅を使っているそうです。

栄州韓牛を使用したカルビチム(牛カルビ肉の煮込み)

味付けに使う醤油は、高麗人参などの韓方材や、

大根・長ネギ・玉ねぎ・生姜などともに煮詰めたもの。

とても手が込んでいます。

大根、長ネギ、椎茸とともに、トロットロに煮込まれた韓牛カルビちゃんは

スルっとほどけるように骨から身が剥がれます。

旨すぎる~ラブ

シラヤマギクの蒸し餅(취나물설기)

5~6月に小白山(ソベクサン)で採れるシラヤマギクを使用。

きな粉の香りが心地よいです。

韓国ではメインを食べ終わると、식사(食事)といってご飯にスープ、

そしてご飯のお供となるおかずが出てきます。

粟とハト麦のご飯

浮石太(プソクテ)大豆を使ったチョングッチャンと

テンジャン(味噌)を混ぜたスープ

右側の山菜チャンアチ(甘酢漬け)は、シラヤマギクとハリギリとタラの芽の3種を使用。

蒸し茄子、唐辛子を使わない白菜キムチなど、青唐辛子の蒸し物大根ナムル

キュウリとキャベツの酢漬けと盛りだくさんのご飯のお供です。

干し鱈の薬味ダレ焼き(황태구이 ファンテグイ)は、

ヤンニョム(薬味ダレ)のお味に深みがあって感動しました。

〆のかぼちゃのシッケ(甘酒)まで、全く失速することなくすべて美味しくいただきました。

どのお料理も、食材の持ち味が引き出されていて大満足。

栄州の恵みを堪能させていただきました。

メンバーの幸せそうな笑顔が、すべてを物語っていますね。

りんご薬膳堂(약선당)

栄州市鳳峴面梧峴里240-9(영주시 봉현면 오현리 240-9)
栄州市鳳峴面愼齋路887-14(영주시 봉현면 신재로 887-14)
電話番号 054-638-2728
営業時間 11:00~21:30(L.O.20:00)
年中無休(大雪の時は臨時休業する場合あり)
豊基駅からタクシーで5分(2,800ウォン)

KONEST地図

 

リッチホテルにチェックイン後、八田さんが栄州市庁勤務のご友人 イさんと

飲みに行くと仰るので、有志でご一緒させていただくことになりました。

栄州駅前の南部六差路に位置するトジュッテガムという民族酒場。

トジュッテガムは最古参って意味のようです。

金曜日ということで店内は超満員でしたが、奥のお座敷を陣取ることができました。

栄州の地マッコリ 小白酒(ソベッシュ)とつきだし。

メニューはこちら。

栄州の郷土料理であるムノスッケ(문어 茹でダコ 23,000ウォン)は、

酢コチュジャン、唐辛子入りの醤油ソース、塩&ごま油の3種のソースでいただきます。

あまりの美味しさにお代わりしました。

栄州に来たらムノスッケ!

3皿目をお願いしたら、売り切れだと言われました(汗)

栄州韓牛のユッケ(육회 23,000ウォン)と白菜のチヂミ(배추전 12,000ウォン)

と栄州の郷土料理を堪能。

なぜか白菜チヂミの写真がない

スケトウダラの乾き物(먹태 13,000ウォン)まで頼んでしまうくらい、

栄州(ヨンジュ)の食とお酒は美味しすぎました!

↓Yuckyさん撮影

りんごトジュッテガム(터줏대감)
住所 栄州市休川洞642-137(영주시 휴천동 642-137)
道路名住所 栄州市智川路105-1(영주시 지천로 105-1)
電話番号 054-633-9221
営業時間 17時~26時
第1・3月曜日定休
Korail栄州駅から徒歩11分

KONEST地図

   

イさんが栄州ヨーグルト(영주요거트 ヨンジュヨゴトゥ)という

飲むヨーグルトをプレゼントしてくださいました。

翌朝いただいたのですが、濃厚な生乳の香りが口いっぱいに広がる逸品。

生乳96.96%です。

 

※購入できるお店を八田さんが調べてくださいました(2018-7-14追記)

ネット情報によれば150ml 1,700ウォン
500mlもあります。

 

りんごソウル地下鉄8号線石村(ソクチョン)駅構内にある「영주장날」でも

販売しているそうです(常時ではないかもしれないとのこと)

 

長音記号2大邱の情報は↓こちら↓をクリック

 大邱についての情報はこちら↑をクリックしてね!

ブログランキングに参加中。

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ビョンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス