全州にひとめぼれ!大邱が恋しくて!

~韓国の地方を訪ねて
全羅北道 全州にひとめぼれし、
大邱広域市に恋い焦がれるビョンが、
大好きな韓国の地方旅についてのレポを
熱くあつ~くお届けします。
전주에 첫눈에 반하다! 대구가 그리워서!


テーマ:

真夏の大邱&鬱陵島旅(8/17~21)

こちらの記事↓のつづきです。

8/19 真夏の大邱&鬱陵島旅 鬱陵島編⑤ 島で唯一日本語可の観光タクシーでAコース周遊②

 

12:15 里(ナリ)盆地に到着。

ここは、火山島である鬱陵島の火山噴火口火山灰が積もりできた火口原として鬱陵島唯一の平野地帯。

展望台に上ると、霞がかかった山と一面に広がる畑の緑が美しく、なんとも幻想的な風景に出会えました。

于山(ウサン)国(※鬱陵島の昔の名前。512年に新羅の将軍 異斯夫(イサブ)が独立国であった于山(ウサン)国を占領したことから、鬱陵島の歴史は始まったといわれています)と呼ばれていた頃から住民が住んでいたそうです。しかし、朝鮮王朝時代に入り国策により無人となりましたが、19世紀後半になり開拓民たちが住むようになりました。
古くから山野に自生するヤマユリ(섬말나리)の根を食べ生き延びたことから「ユリ谷(나리골)」と呼ばれるようになったそうです。

見事な紅葉の写真を見ながら、「鬱陵島は秋が一番美しいんですよ」とキサニム。

岩に張り付くように咲く海菊(해국화 ヘグッカ)やオットセイに似た岩を眺めながら、

12:50 最後の観光地である観音島(관음도 クァヌンド)へ。

標高106m(最高値)、周囲は800m。

開拓当時はお腹を空かせた住民たちが、この島に多く生息していたミズナギドリ(꺽새)を捕まえるために、苦労してこの島に上陸したそうです。現在は本島から橋を通って渡ることができるので楽ちんです。

入場料4千ウォンを支払って、エレベーターで7階へ。健脚な方は階段を上っていただいてもOKです(笑)

観音島内を観光するには、橋を渡り終ってから何十段もの階段を登らなければならず、1時間ほど所要時間がかかるそうです。

鬱陵島最北東の観音島から民泊のある道洞(トドン)まで戻るには車で1時間もかかるので、キサニムから「時間がないので、橋を渡り切ったら戻ってきてください」と言われちゃいました。

なので、橋の上から思いっきり風景を楽しみ、写真を撮りまくりました。 前日訪ねた竹島も見えました。

海の水の色が本当に美しくて感動しましたよ。

橋の上の散策から戻ると、キサニムが「あの3つの岩を見てください」と。

観音島側から見るとグーチョキパーに見える三仙島(삼선도 サンソンド)でした。

現在工事中である観音島側から時計回りの道路が来年開通すれば、15分ほどで道洞(トドン)港へ到着できるそうですよ。

半時計周りの海岸道路を通行し、戻りました。

お腹が空いたので、道洞(トドン)港に戻ったらバスかタクシーに乗って、去年も行った苧洞(チョドン)港にある美味しい食堂へ行こうと思っていたのですが、キサニムがそこまで送ってくださることに。

9時から14時までの5時間で15万ウォンは高いように見えますが、私がリクエストした場所以外のスポットや車でしか行けないような場所に連れて行ってくださったので、大満足です。

苧洞(チョドン)港の食堂が連なる通りに潜入。

東海食堂(동해식당・トンヘシクタン)へ。

過去記事→ 

去年余りの美味しさに腰を抜かしそうになったムール貝ご飯(홍합밥 15,000ウォン)と、特産のかぼちゃを使い、甘さ控えめですっきりと美味しいかぼちゃマッコリ(5千ウォン)を注文。

圧力鍋で炊き上げた天然ムール貝入りのご飯が登場。

そんじょそこらで食べるムール貝とは、香りやお味が全く違います。超お勧めです。

やしの木東海食堂(동해식당・トンヘシクタン)
住所 鬱陵郡鬱陵邑道洞里310-4(경상북도 울릉군 울릉읍 도동리 310-4)
道路名住所 鬱陵郡鬱陵邑鬱陵循環路212-17(경상북도 울릉군 울릉읍 울릉순환로 212-17)
電話番号 054-791-2820
営業時間 7~20時(ネット情報)
日曜も営業

道洞(トドン도동)バス停留所から内守田(ネスジョン내수전)行バス乗車、約10分の苧洞(チョドン저동)下車、徒歩1分。

千ウォン(交通カードなら900ウォン)

タクシーで10分( 1万ウォン)

KONEST地図

道洞(トドン)→苧洞(チョドン)行きのバス停留所は、この日朝食を食べてタエ食堂の隣にあります。

KONEST地図

バス道洞(トドン도동)→苧洞(チョドン저동)行き時刻表

苧洞(チョドン저동)→道洞(トドン도동)行き時刻表

時刻表左は内守田(ネスジョン내수전)発の時刻なので、苧洞(チョドン저동)発時刻は5分後。

バスの待ち時間には、蝋燭岩(초대바위チョッバウィ)をはじめ、目の前の港周辺を見学・散策すると楽しいですよ。

中途半端な時間にランチを食べてしまったので、夕食は独島ペンションの並びにあるこちらのお店で買ったものをテイクアウト。

行者ニンニクのチャンアチ(酢醤油漬け)入りのキムパッ(3千ウォン)とボイルしたタコ(1万ウォン)。

東海食堂で買った、鬱陵島名物のナナカマドのお酒(1万5千ウォン)とともに。アルコール度数が40°くらいあるんじゃないかと思うほど強いお酒でした。

 

長音記号2大邱の情報は↓こちら↓をクリック

       大邱についての情報はこちら↑をクリックしてね!

ブログランキングに参加中。

お時間のある時に、イラストをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 
ブログランキング・にほんブログ村へ

ガーベラ「より旅Korea」も是非覗いてみてくださいね!

最新記事では、大邱 三徳洞の日本家屋リノベカフェ カリン商店とおしゃれなレストランSABARを

紹介しています。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

ビョンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。