全州にひとめぼれ!大邱が恋しくて!

全州にひとめぼれ!大邱が恋しくて!

韓国全自治体162市郡を制覇!渡韓回数は200回超。
全州にひとめぼれし、大邱に恋い焦がれるビョンが、
大好きな韓国の地方旅についてのレポを熱くお届けします。
전주에 첫눈에 반하다! 대구가 그리워서!

記事の上部にある「記事一覧」→「テーマ別記事一覧」と進み、ご覧になりたいテーマ

(例えば「全州宿泊」)をクリックすると、そのテーマの記事が一覧表示されます。


※本ブログに掲載している記事や写真の無断転載は、固くお断りいたします。

※アフィリエイト・ステマを目的としたコメントは削除いたします。同目的の読者登録申請もお断りいたします。

黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさいあじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい


203回目

2月の韓旅(2/6~12)レポ

こちらの記事↓のつづきです

2/10 2月の韓旅⑪ソウル編⑦行列してでも食べたいタッコチ(焼き鳥)が人気の人情食堂@ホスチッ

 

6日は、忠清南道の天安(チョナン)までの日帰り旅。

市庁駅から1号線に揺られること約2時間、ようやく天安駅に到着しました。

駅前には名物のクルミ饅頭(호두과자)の店が並んでいます。

クルミ饅頭の周りに衣を浸けて揚げた天ぷらそぼろクルミ饅頭(튀김소보로 호두과자)

ばら売りしていたので買ってみました。

チトしつこかったあせる

市内バスで向かったのが、

広徳寺(クァントクサ)

大韓仏教曹渓宗第6教区本寺である右矢印麻谷寺(マゴクサ)の末寺。

天安12景の一つである広徳山の麓にあります。

例年ならば美しい雪渓が見られるようですが、暖冬の今年は雪は全く見られず残念あせる

普化楼(ポファル)の前には、樹齢400年のクルミの木が。

(国家指定文化財天然記念物第398号)

1290年に柳清臣(ユ・チョンシン)が中国(元)から苗木と種子を持ち帰り、

苗は広徳寺に、種は故郷の家の中庭に植えたと伝えらています。
これが韓国にクルミが伝来した始まりとなったことから、

広徳寺はクルミの木の始培地といわれています。

新羅637年に慈蔵律師が創建し、836年に珍山和尚によって再建された寺院で、

京畿道・忠清道地域で最大の寺でしたが、文禄の役で焼失。

後に大雄殿と千仏殿が再建されました。

統一新羅時代末または高麗時代初期に建てられたと推定される3層石塔。

ベル広徳寺(광덕사)
天安市東南区広徳面広徳里640(천안시 동남구 광덕면 광덕리640)
天安市東南区広徳面広徳寺キル30(천안시 동남구 광덕면 광덕사길30
電話番号 041-567-0050

天安駅東部広場バス停から600番、601番、603番バスに乗車し広徳寺(終点)下車(約25分)

600番(総合ターミナル出発時刻。天安駅東部広場発は5分後を目安に)

6:25,6:50,8:05,8:30,9:20,9:45,10:10,11:00,11:25,11:50,12:15,13:30,14:20,

15:10,15:35,16:00,16:25,17:15,18:05,18:30

KONEST地図

 

バスで竝川(ピョンチャン)スンデ通りへ。

1960年代に天安市竝川面にハム工場ができ、ハムづくりで余った豚の内臓に

野菜やソンジ(牛の血の塊)を混ぜてスンデを作り始めました。

それをアウネ市場(現在の竝川市場)で販売し始めたのが竝川スンデの始まりで、

現在約20店舗のスンデ食堂があります。

その中の1軒である忠南チッスンデへ。

リモデルしたばかりなのか、店内は大変清潔でした。

スンデ(순대접시 14,000ウォン)。

豚骨スープと白菜&大根のキムチが付きます。

スープにエゴマの粉を入れたら、更に美味しくなりました。

スンでには、岩塩、セウジョ(オキアミの塩辛)、タデギなどをお好みで。

私がタデギが好みでした。

粗みじんのキャベツ、ニンニク、玉ねぎ、春雨、ソンジ入りで、

私好みの肉肉しいスンデでした。

内臓部分も食感が楽しい!

ベル忠南チッスンデ(충남집순대)
天安市東南区竝川面竝川里166-21(천안시 동남구 병천면 병천리 166-21)
天安市東南区竝川面忠節路1748(천안시 동남구 병천면 충절로 1748)
電話番号 041-564-1079
営業時間 8:00~19:00
名節(旧正月・秋夕)休業

天安駅東部広場バス停から400番バスで竝川郵便局下車(35分)

KONEST地図

竝川市場では五日市(毎月1と6のつく日に開催)が開催されていて、

大変賑わっていました。

 

花火ブログランキングに参加中花火

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

花火Instagram&twitterもやってます

カメラInstagram     鉛筆twitter

   

 

203回目

2月の韓旅(2/6~12)レポ

こちらの記事↓のつづきです

2/10 2月の韓旅⑩ソウル編⑥映画「パラサイト」に登場したスーパーもある阿峴洞を散策

 

阿峴洞(アヒャンドン)、中林洞(チュンリムドン)の散策最後の聖ヨセフアパートの傍に

ウェイティングしている人が多い食堂を発見。

創業34年のホスチッ

店頭でおにーさんが焼いているのは・・・

焼き鳥(닭꼬치)!

いい香りが漂い、食欲をそそります。

早速ボードに名前を書いて、待ってみることにしました。

25分ほど待ったところで、名前を呼ばれて店内へ。

名物料理はタットリタンですが、1人だと量が多すぎそうなので、

イカのプルコギ(오징어불고기 9,000ウォン)と、

1人2本までとの制限つきのタッコチ(닭꼬치 焼き鳥 2,000ウォン)をオーダー。

とても忙しいのに、サジャンニム(写真)をはじめ、アジュンマ達がとても親切。

なんとサジャンニム自ら、1杯目のビールを注いでくださいました。

チョンガクキムチとネギのキムチが美味しい。

1人前とは思えないドカ盛りのイカのプルコギ。

甘さの中に青陽とうがらしのキリッとした辛さが引き立ちます。

焦げとゴマの香ばしさが、これまたいい!

「ゴハンも食べたほうがいいわよ」とサジャンニム。

夜の炭水化物はお酒だけと決めているので(笑)、ちょっとだけ小皿に取り分けていただきました。

忘れられているかと思ったら、着席後20分ほど経った頃に出てきたタッコチ。

骨付きでいろんな部位を混ぜて串に刺してあります。

ボケちゃいましたが、生姜の香りがするヤンニョムの味が程よくしみ込み、ふんわりジューシー。

ビールに合うわ~。

結構なボリュームですがとても美味しいので、絶対に1人2本オーダーしたほうがいいです。

食後のデザートとして、チェリーのお裾分けも。

味だけでなく、こんなホスピタリティの高さがこの店の最大の魅力です。

ナイフとフォークホスチッ(호수집)
住所 ソウル特別市中区中林洞61-4(서울특별시 중구 중림동 61-4)
道路名住所 ソウル特別市中区青坡路443(서울특별시 중구 청파로 443)
電話番号 02-392-0695
営業時間 11:30~14:00,17:00~22:20

※焼き鳥(닭꼬치)は17時~のみ

毎週日曜日休業

KONEST地図

 

花火ブログランキングに参加中花火

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

花火Instagram&twitterもやってます

カメラInstagram     鉛筆twitter

   

 

203回目

2月の韓旅(2/6~12)レポ

こちらの記事↓のつづきです

2/10 2月の韓旅⑨ソウル編⑤エセ鄭銀淑ソウル酒場巡り~鍾路3街・乙支路の酒場を4軒

 

学大師匠をソウル駅までお見送りし、街歩きをしました。

申し込みしていた右矢印文化観光解説ボランティアとともに歩くソウルウォーキングツアー

コロナウイルスのため中止となったので、そのコースを一人で歩いてみました。

 

旧ソウル駅(現 文化駅ソウル284)。

1900年に当時西大門と済物浦(現 仁川駅)を結ぶ京仁鉄道の南大門駅舎として建築され、

スイスのルッツェルン駅をモデルに1925年ルネッサンス風の折衷建築に建て替えられました。

2004年のKTX開通に伴い駅舎としての機能を終えました。

ソウル路を通って西側へ。

日本家屋や古宅をリノベーションしたカフェがあったり、

再開発で立ち並ぶマンション群の足元に、レトロさ漂う懐かしい街並みが残されています。

そんな街並みを眺めながら坂を上っていくと見えてきたのが孫基禎(ソンギジョン)記念館

ソウル未来遺産にも登録されている近代建築。

1913年、養正(ヤンジョン)義塾として建てられ、のちに養正中高等学校に改名。

1988年に陽川区 木洞(モクトン)に移転後、残された建物は、

日本の統治時代である1936年に開催されたベルリンオリンピックでに於いて、

マラソンで金メダルを獲得した孫基禎(ソン・ギジョン)選手の功績を称えて、

彼の出身校である養正(ヤンジョン)中高等学校創立100周年の2012年に

校舎をリモデルして開館したそうです。

この日は月曜のため、休館日でした。

ベル孫基禎記念館(손기정기념관)

住所 ソウル特別市中区万里洞2町6-1(서울특별시 중구 만리동2가 6-1)
道路名住所 ソウル特別市中区孫基禎路101(서울특별시 중구 손기정로 101)
電話番号 02-364-1936
観覧時間 10:00~18:00(冬期は17:00まで)
     入場は閉館時間の1時間前まで
毎週月曜日(月曜が祝日の場合は観覧可、翌日休館)、1月1日、旧正月、秋夕休館

KONEST地図

 

孫基禎(ソンギジョン)路を更に北上すると、中区から麻浦区に入ります。

唐辛子を引いてもらったり、ゴマやエゴマを粉にしてくれるパンアッカン(精米所)。

右矢印こちらの記事でアップしたましたが、映画「寄生虫(邦題「パラサイト~半地下の住人」)

の撮影に使われたテジスーパー(映画内では「ウリスーパー」)もこの通りにあります。

スーパーの右側の坂の突き当りにある階段もロケ地。

ベルテジスーパー(돼지슈퍼)

住所 ソウル特別市麻浦区阿峴洞707(서울툭별시 마포구 아현동707 )
道路名住所  ソウル特別市麻浦区孫基禎路32(서울툭별시 마포구 손기정로32)
電話番号 02-393-5806
営業時間 8~24時
年中無休

KONEST地図

 

阿峴洞(アヒョンドン)家具通りに出ました。

中林洞薬峴(ヤッキョン)聖堂

1892年に建てられた韓国初の西洋式聖堂。
殉教した44人の信徒の魂を称えるために、

処刑地だった西小門(ソソムン)が見下ろせる丘の上に建てられました。

高さ26mの鐘塔を持つゴシック様式の建物で、以降韓国教会建築のモデルとなりました。

ベル中林洞薬峴聖堂(중림동약현성당)

住所 ソウル特別市中区中林洞149-2(서울툭별시 중구 중림동149-2 )
道路名住所  ソウル特別市中区青坡路447-1(서울툭별시 중구 청파로447-1)
電話番号 02-362-1891

KONEST地図

 

1970年築の聖ヨセフアパート

坂に沿って建てられているため、坂の上部は3階建て、下部は6階建てになっているのが面白い。

ベル聖ヨセフアパート(성요샙아파트)
住所 ソウル特別市中区西小門路6キル34(서울툭별시 중구 서소문로6길 34)
道路名住所  ソウル特別市中区青坡路447-1(서울툭별시 중구 청파로447-1)

KONEST地図

 

走る人散策ルート

 

花火ブログランキングに参加中花火

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

花火Instagram&twitterもやってます

カメラInstagram     鉛筆twitter

   

ご存じの方も多いと思いますが、韓国でもコロナウイルス感染患者が急増しており、

大邱・清道エリアは特別管理地区に指定されてしまいました。 

大邱市内のスーパー、食堂、カフェ、室内の観光スポットが相次いで休業・休館しており、

街中にも人や車の姿がないそうです。

arangのウナさん撮影↓

t'way航空は、3/28までの日本⇔大邱・釜山便の運休を決定しました⇒ 

大好きな大邱がこんな状態になってしまい、本当に悲しいです。

全世界的にコロナウイルスが一日も早く終息することを切に祈ります。

 

 

203回目の韓旅

2月の韓旅(2/6~12)レポ

こちらの記事↓のつづきです

2/9 2月の韓旅⑧ソウル編④4年連続ミシュランに掲載!ソウル三大チョッパル@満足五香チョッパル

 

5日目は、大韓劇場で映画「南山の部長たち」を観賞。

軍事独裁政権の色を強める朴大統領(モデルは朴正煕)を暗殺する

韓国中央情報部の部長をイ・ビョンホンが演じています。

キーワードは、

「마음대로 해. 임자 곁엔 내가 있잖아 (思い通りにやれ。俺がそばにいるじゃないか)」

是非ご覧ください。

 

ソウル入りしていた学大師匠をお誘いし、エセ鄭銀淑(チョン・ウンスク)ソウル酒場巡り爆  笑

まずは右矢印トゥンスンネでマッコリを1杯。

食べ放題のおつまみを楊枝でつつきながら、

1杯千ウォンでマッコリをいただくという、さやかな幸せを感じられる角打ち店。

 

2軒目は右矢印栄光食品へ。

平日の昼間だから、さすがに空いていました(笑)

大田(テジョン)出身のサジャンニムが得意だと仰る豚肉のトゥルチギ(炒め物)をアテに

Cassをグビッと。

 

実は栄光食品には初日の夜もひとりで訪ねました。

マッコリを飲みながら注文したケランチムを待っている間に、

他のお客様が注文した豚の舌が出来上がりました。

牛タンは食べたことあっても豚タンは食べた経験がなく、

私も少しだけお願いしました。

セウジョ(オキアミの塩辛)をチョイと浸けていただきます。

臭みなど全くなく、ハツ(鶏の心臓)に似たような食感が楽しくて美味しい!

サービスの美味しいキムチとの相性もばっちり。

やっぱりサジャンニムの料理の腕は最高!

そうこうしているうちに、ケランチムも出来上がり~。

追加のサービスで、海苔と大根の酢の物も出してくださり、

焼酎をちびちびと飲みながら、美味しくいただきました。

こんなに食べて飲んだのに、今回も1万ウォンぽっきりでした。

 

話を元に戻して、3軒目は右矢印乙支OBベア

久しぶりにお目にかかったサジャンニム自ら、ノガリを炙ってくださいました。

10時間かけて冷却した生ビールは本当に美味しい。

 

そして〆は右矢印大福マートへ。

いつも訪問する夜は女性サジャンニムが担当ですが、

昼間は男性サジャンニムが切り盛りしていらっしゃいます。

ヘムパ(スパムとネギ炒め)をお願いし、Kloudを飲んで〆ました。

サービスのピーナッツ、ごちそうさまでした。

ここで「寄生虫(邦題 パラサイト~半地下の家族)」がアカデミー賞の4部門受賞の朗報を知り、

ガッツポーズしました。

 

ベルエセ鄭銀淑ソウル酒場巡りルート

トゥンスンネ⇒栄光食品⇒乙支OBベア⇒大福マート

 

花火ブログランキングに参加中花火

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

花火Instagram&twitterもやってます

カメラInstagram     鉛筆twitter

   

203回目の韓旅

2月の韓旅(2/6~12)レポ

こちらの記事↓のつづきです

2/9 2月の韓旅⑦江華島編 マスク装着で4月の仁川・江華島ツアーの視察に行ってきました!

 

4日目の夕方は、韓国在住ブロガーの右矢印駐在おやじさん右矢印takaboneさんをお誘いして

市庁駅傍の路地にある満足五香チョッパルへ。

右矢印10年前に韓友と訪問したことがあるのですが、この店のチョッパル(豚足)の香りと美味しさが

忘れられず、ずっと再訪したいと思っていたので、こちらのお店を提案させていただきました。

以前は本店と別館が斜め向かい合わせにありましたが、現在は路地の左側に並んでいます。

この日は日曜日でしたが、別館は日曜は休業のようです。

1989年開業のソウル三大チョッパル※のひとつだそうで、

2017~2020年ミシュラン&2015~2020年ブルーリボンにも掲載されています。

※他の2店は、右矢印ヨンドンチョッパル(영동족발)右矢印フェゴッ栄養チョッパル(회곡영양족발)のようです。

こちらの写真↓は帰りがけに撮影したものですが、

18:30頃入店した時には、超満員でした。

前回はチョッパル(豚足)しかいただきませんでしたが、ポッサム(茹で豚)も食べてみたかったので、

チョッパルとポッサム半々のセット(中)(족보세트 중 38,000ウォン)をオーダー。

チョッパル(小)と冷製チョッパル(小)、小さな錚盤(チェンバン)ククス(お盆に盛られた蕎麦)のセット

(냉채2인세트 38,000ウォン)もいいなぁ。

ランチメニューのポッサム定食(보쌈정식 8,000ウォン)もいいですね。

遅れて到着なさるtakaboneさんには申し訳ないですが、

駐在おやじさんと2人でとりあえずのかんぱーい。

瓶のKloudを注文しちゃいましたが、生ビールもあったことに今気づきましたあせる

「名店にはKloudがある」

コレ↑、私の格言爆  笑

左側のシルバーの丸型なのはホットプレートで、

ここにチョッパルやポッサムのお皿を置けば、いつまでも温かいままいただけます。

こんな配慮が人気の秘訣なんでしょうね。

優しいお味のスープには、ミニマンドゥとお餅がたっぷり入っています。

チョッパル&ポッサムセットも並び、テーブルが華やかになりました。

チョッパルは八角をはじめとした香辛料の香りが素晴らしく、

脂身部分はプルンプルン、お肉の部分がほろほろに柔らかく煮込まれていて、

一般的なチョッパルとは別物なんですよ。

チョッパルといえば、セウジョ(オキアミの塩辛)を浸けていただくのが一般的ですが、

こちらのお店では独特な食べ方をするんです。

にんにくのみじん切り入りのお酢のソースに、

たっぷりの千切りキャベツを加え、

チョッパルを包み込んでいただきます。

写真を撮り忘れたので、こちら↓は10年前の写真ですてへぺろ

切干大根のキムチやペチュ(白菜)キムチ、ニラキムチと一緒に食べても美味しいし。

takaboneさんが到着なさり、再びかんぱーい。

お土産にいただいた宗像ふくせんべい、ピリ辛でムッチャ美味しかったです。

江華島の食堂で分けていただいた、江華特産の蕪(순무)キムチをおすそ分けしたのですが、

おしゃべりに夢中になったからか、写真がありません(爆)

ベル満足五香チョッパル 市庁店(만족오향족발 시청점)
住所 ソウル特別市中区太平路2街318-1(서울특별시 중구 태평로2가 318-1)
道路名住所 ソウル特別市中区西小門路134-7(서울특별시 중구 서소문로 134-7)
電話番号 02-753-4755
営業時間 月~金11:30~22:15(L.O.22:00)
     土日 12:00~21:50(L.O.22:00)
名節(旧正月・秋夕)連休は休業

KONEST地図

 

2次会は、常に6次会~8次会までいらっしゃる駐在おやじさんにお任せして、

ひたすら後をついていきました(笑)

大通りを渡った北倉洞(プッチャンドン)にあるCity HOP Chicken 1992へ。

クラフトビールが充実しているので、2次会にはもってこい!

おつまみは乾き物程度で十分です。

お二人が何を選んだのかは全く記憶がないですが(爆)、

私は大好きな(まちがいない!)IPAを(左端)

半干しのスルメ(반건조오징어 14,000ウォン)は熱々の焼き立て。

しょうゆ&マヨ、そしてコチュ(唐辛子)のソースに浸けて食べる

乾き物は、まさにビールに合います。

お二人ともお忙しい中、お時間を作っていただきありがとうございました。

ベルCity HOP Chicken 1992(시티호프치킨 1992)
住所 ソウル特別市中区北倉洞97(서울특별시 중구 북창동 97)
道路名住所 ソウル特別市中区南大門路1キル26-4(서울특별시 중구 남대문로1길 26-4)
電話番号 02-755-9861
営業時間 14:00~翌6:00

KONEST地図

 

 

 

花火ブログランキングに参加中花火

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

花火Instagram&twitterもやってます

カメラInstagram     鉛筆twitter

   

 

203回目の韓旅

2月の韓旅(2/6~12)レポ

こちらの記事↓のつづきです

2/8 2月の韓旅⑥ソウル編③2020年ミシュラン掲載店 期待大で向かった冷麺屋でしたが(汗)

 

4日目は、4/10~13開催の仁川・江華島ツアーの下見のために、

ウナさんと江華島へ。

花火スケジュール&料金 ⇒ 

花火現地代理店アランカンパニーが作成した映像です

花火詳細・お申し込みはこちら↓

【ツアープラン】 ⇒ 
 
 【ツアープラン/相部屋ご希望者】 ⇒ 

 

【現地集合プラン】 ⇒ 

 

【現地集合プラン/相部屋ご希望者用】 ⇒  

 
ソウルでは地下鉄の各駅にマスク着用・手洗い・くしゃみや咳をするときには腕で口を覆う

といったマナーを注意喚起するポスターが貼ってあり、構内放送もバンバン流れています。

また、バスに乗れば、料金箱の横に殺菌ジェルが設置してあります。

右矢印コロナMAPでは感染者の移動経路が公表され、感染者が利用したホテルや百貨店などでは

殺菌消毒を行ったり、感染者と同時期に同場所にいた人は医療機関に相談したりすることで

感染の拡大防止に大きな効果を見せています。

日本が見習うべきところが多々ありますよ。

 

そんな中、新村(シンチョン)から3000番バスに乗り江華島へ。

マスクを装着して視察に臨みます。

2日目と4日目の朝食を召し上がっていただく人情食堂

古代から近代まで、重要な歴史的エピソードが刻まれた江華島。

肉眼で北朝鮮をご覧いただける場所にもお連れ致します。

センスの良いカフェでひとやすみ。

きっとお気に召していただけるはず。

大勢の皆様のご参加をお待ちしております!

 

 

ブログランキングに参加中。

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

花火Instagram&twitterもやってます

カメラInstagram     鉛筆twitter

   

203回目の韓旅

2月の韓旅(2/6~12)レポ

こちらの記事↓のつづきです

 2/8 2月の韓旅⑤高陽編 絶品のどじょう鍋ランチ後「トンイ」時代の王室関係者が眠る西五陵を訪問


ソウルに戻り、3号線の東大入口駅から夕食の店がある奨忠洞(チャンチュンドン)へ向かいました。

この辺りにもたくさんの日本家屋が残されているんですね。

平壌麺屋へ。

2020年ミシュラン掲載店ということで、期待して訪ねました。

ブルーリボンも獲得しているんですね。

初代が平壌で大洞麺屋を開業。ソウルで平壌麺屋を開業したのはその嫁で、現在で3代目。

国産の茹で牛肉(편육)のハーフ(15,000ウォン)。

酢醤油ベースのソースに浸けてパクパク!

これ、美味しい~。

Kloudが進んじゃいます。

でもね、大根の漬物が何の味もしないのはなぜ?

冷麺(냉면 12,000ウォン)。

一般的にサゴル(牛の足)のスープを使うのでコクがすごいのですが、

こちらのスープは塩分も薄く、牛肉の香りやコクも感じられず・・・でした。

ジャガイモでんぷんで作る咸興(ハムン)冷麺と違い、平壌冷麺は蕎麦粉を使うのですが、

小麦粉の割合の方が多いのか、蕎麦の香りも感じられず・・・

あくまで私見ですが、蕎麦粉の香りが強い冷麺が好きな私としては、

ちょっと残念なお味で箸が進みませんでした。

ベル平壌麺屋(평양면옥)
住所 ソウル特別市中区奨忠洞1街13(서울툭별시 중구 장충동1가 13)
道路名住所 ソウル特別市中区奨忠壇路207(서울툭별시 중구 장충단로 207)
電話番号 02-2267-7784
営業時間 11:00~21:30
年中無休

KONEST地図

 

ミュージカル会場である忠武アートホールへ移動中、日本家屋が残る路地を発見。

昨年12月に訪問した右矢印イウムピウム歴史館で学んだ、縫製に関連した店が軒を連ねていました。

洋服洋装 修繕専門

マトメ(串縫いや仕付けなど、ミシンではできない仕上げ作業)

ボタン穴専門

服の修繕だけでなく、国楽教室も運営しているんですね(笑)

5回目の「レベッカ」を楽しみました。

 

まじかるクラウンブログランキングに参加中まじかるクラウン

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

花火Instagram&twitterもやってます

カメラInstagram     鉛筆twitter

   

ビョンツアー第9弾
ベル名鉄観光より発売開始となりましたベル
 
ベル日程: 2020年4月10日(金)~4月13日(月)ベル
〇ツアープラン
利用便 アシアナ航空(フライトスケジュールが変更される場合がございます)
  往路)4/10 OZ107 9:00成田発  → 11:30仁川着
  復路)4/13 OZ106 15:45仁川発 → 18:15成田着
〇現地集合・離団プランあり
  ※集合は仁川空港(第1ターミナル)11:10
花火詳細・お申し込みはこちら
【ツアープラン】 ⇒ 
 

 【ツアープラン/相部屋ご希望者】 ⇒ 

 

【現地集合プラン】 ⇒ 

 

【現地集合プラン/相部屋ご希望者用】 ⇒  

 
【初日】
仁川にお住いの作家・翻訳家 戸田郁子さんのガイドで
仁川開港場を散策します。
花火戸田郁子さんプロフィール
韓国在住の作家・翻訳家。仁川の旧日本租界地に90年前に建てられた日本式の木造町屋を再生し、
「仁川官洞ギャラリー」(
右矢印http://www.gwandong.co.kr/)を開く(金土日開館)。
著書に『中国朝鮮族を生きる 旧満洲の記憶』(岩波書店)、『80年前の修学旅行』(図書出版土香)、
訳書に歴史小説『黒山』(金薫著・ク・オン)など多数がある。
 
ホテル仁川での宿泊】
ベストウェスタン ハーバーパークホテル (4つ星)  
仁川 開港場の中心部に位置しており、観光や食事に便利。
 
【2日目】
「屋根のない博物館」江華島へ。
ホテル江華島での宿泊】 

HOTEL EVERRICH (3つ星)

イングリッシュラベンダーガーデンのあるホテル。
館内にもラベンダーの香りが漂い、リラックスしてお休みいただけます。

 

【3日目】
北朝鮮からの避難民たちが暮らす喬桐島(キョドンド)、そして席毛島(ソモド)へ。
【4日目】
現存する朝鮮半島最古の寺 伝燈寺へ。
 
数多くの「韓国ではじめて」を持つ仁川・江華島。
そんな仁川・江華島の歴史を振り返りながら、私と一緒に仁川の魅力を満喫しませんか?
3泊4日で仁川・江華島の厳選した観光スポットとお勧めグルメをたっぷりお楽しみいただきます。
たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。
 
協力:仁川観光公社
 

ブログランキングに参加中。

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

花火Instagram&twitterもやってます

カメラInstagram     鉛筆twitter

   

203回目の韓旅

2月の韓旅(2/6~12)レポ

こちらの記事↓のつづきです。

2/8 2月の韓旅④楊州編 韓国近現代美術を代表する張旭鎮の作品を訪ねて@楊州市立張旭鎮美術館

 

楊州(ヤンジュ)から高陽(コヤン)への移動中、バスの車掌から

北漢山の険しくりりしい姿が見えました。

高陽では古くから田んぼでたくさんのドジョウが生息していたそうです。

そんな高陽の郷土料理である미꾸라지 털래기(ミクラジ トルレギ)という

どじょう入りの鍋料理を食べたくて伺ったのが、

高陽市庁の傍にあるペンゲ食堂 トルネギ専門

※店名がトルレギではなくトルネギなのは何故?

13:30近かったのですが、たくさんのお客様でにぎわっていました。

털래기とは、「すべての材料を一気に入れて煮る(모든 재료를 한꺼번에 털어 넣고 끓인다)」

という意味。

コチュジャンベースのスープにどじょうと野菜を入れて煮込んだ鍋料理の事です。

ミクラジ トルレギ(미꾸라지 털래기)の小 (22,000ウォン)を注文。

どじょうはすりつぶしかマル(丸のまま)かを選べますが、

私はいつものようにマルでお願いしました。

たっぷりのニラ、えごまの葉、ネギ、青唐辛子、スジェビとともにどじょうを煮込んでいきます。

小ぶりのどじょうは臭みなど全くなく、骨まで食べられました。

10匹ほど入っていまいたよ。

スープは見た目ほど辛味がなく、あまりに美味しくてグビグビ飲んじゃいました。

途中でそうめんを投入。

スープを吸ったそうめんがが旨すぎてヤバかったです!(笑)

女サジャンニムは最初とても不愛想でしたが、私が日本人だとわかると、

「どうしてうちの店がわかったの?」(→「ネットで見つけた」と回答)と不思議そうに質問し、

その後は常連のジモティさんたちに「あの人、インターネットでうちの店を見つけて、

日本からわざわざトルレギを食べに来てくれたの」と自慢げに説明していました(笑)

ベルペンゲ食堂 トルネギ専門(벵게식당 탈네기전문)
住所 高陽市徳陽区舟橋洞604-20(고양시 덕양구 주교동 604-20)
道路名住所 高陽市徳陽区元堂路33番キル42-9(고양시 덕양구 원당로33번길 42-9)
電話番号 031-965-6551
営業時間 11:00~21:00
毎週日曜日休業

3号線元堂駅2番出口傍バス停から567番バス乗車し、4つ目の高陽市庁バス停下車、徒歩2分

KONEST地図

 

その後、バスで西五陵(ソオルン)へ。

ユネスコ世界文化遺産に登録されている国内12地域に点在している朝鮮王陵の1つ。

ちなみに朝鮮王陵は全部で42基ありますが、北朝鮮にある2基を除いた40基が世界遺産に登録されています。

入口に最も近い位置にある明陵(ミョンヌン)

右側には、朝鮮19代粛宗(スクチョ)2番目の王妃 仁顕(イニョン)王后の双陵が、

左側の丘には3番目の王妃 仁元(イヌォン)王后の単陵があります。

翼陵(インヌン)粛宗(スクチョ)の最初の王妃 仁敬(インギョン)王后の単陵。

作家の康熙奉(カン・ヒボン)先生から贈呈いただいたこちらの著書↓を読んでいる最中なのですが、

仁敬王后は天然痘のため、わずか19歳で他界したそうです。

敬陵(キョンヌン)

朝鮮第7代世祖(セジョ)の長男で若くして他界した後追尊された徳宗(トッチョン)昭恵(ソヘ)王后の陵。

他にも

第8代睿宗(イェジョン)と2番目の王妃 安順(アンスン)王后陵で、西五陵で最初に造成された昌陵(チャンヌン)、

第21代英祖(ヨンジョ)の最初の王妃 貞聖(チョンソン)王后の王陵である弘陵(フンヌン)

第13代明宗(ミョンジョン)の長男 順懐(スンヒ)世子と恭懐嬪(コンヒビン)尹(ユン)氏の墓である

順昌園(スンチャンウォン)、

英祖(ヨンジョ)の側室であり、追尊荘祖(チャンジョ/思悼世子 サドセジャ)の生母である

暎嬪(ヨンビン)李氏の墓である綏慶園(スギョンウォン)

第19代粛宗(スクジョン)の側室であり、第20代景宗(キョンジョン)の生母 張禧嬪(チャンヒビン)の墓

である大嬪墓(テビンミョ)

があります。

全部見学するには最低でも2時間かかるようですが、予定があったのでここで終了。

 

ベル西五陵(서오릉)
住所 高陽市徳陽区龍頭洞479-95(고양시 덕양구 용두동 475-95)
道路名住所 高陽市徳陽区西五陵路334-32(고양시 덕양구 서오릉로 334-32)
電話番号 031-359-0090
観覧時間 2~5月,9~10月 6:00~18:00
     6~8月 6:00~18:30
     11~1月 6:30~17:30
※いずれも入場は閉館1時間前まで
毎週月曜日休館
観覧料 大人 千ウォン 

ソウル駅前から9701番バス乗車し、西五陵バス停下車(約35分)

KONEST地図

 

ブログランキングに参加中。

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

花火Instagram&twitterもやってます

カメラInstagram     鉛筆twitter

   

203回目の韓旅

2月の韓旅(2/6~12)レポ

こちらの記事↓のつづきです

2/7 2月の韓旅③ソウル編②創業30年の老舗でタッカンマリ&innisfreeカフェで2次会

 

3日目は、ソウルの北西部にある

京畿道の楊州(ヤンジュ)市高陽(コヤン)市への日帰り旅に出かけました。

地下鉄3号線の紙杻(チチュッ)駅前から15-1番バスに乗り

楊州市立張旭鎮(チョンウクチン)美術館へ。

先月ロケ地訪問というミーハー気分で訪れた右矢印張旭鎮古宅で拝見した

画伯の温かみのある画風に魅せられ、こちらを訪ねてみようと思いました。

彫刻公園を通り抜け美術館へ。

1階では、楊州八怪というテーマで4人の芸術家の企画展示がありました。

庭の彫刻を窓を通して見ると、絵画のように見えるという仕掛けがニクい!

そして、2階では「張旭鎮 生と美術の世界」の展示。

朴寿根(パク・スグン)・李仲燮(イ・ジュンソプ)らとともに、韓国の近現代美術を代表する
西洋画家 張画伯(チャン・ウクチン)画伯の作品が、

アトリエのあった場所により4時期に分けて展示されています。

徳沼(덕소)時代(京畿道 南楊州郡 1963~74年)

明倫洞(명륜동)時代(ソウル市鍾路区 1975~79年)

家族を描いた作品が多いですね。

水安堡(수안포)時代(忠北 忠州市 1980~85年)

龍仁(용인)時代(京畿道 1986~90年)

ミュージアムショップで画集と、

龍仁(ヨンイン)に建てた洋館の原画となる「自動車のある家」のマグネットを購入。

併設されているカフェでひとやすみ。

ベル楊州市立張旭鎮美術館(양주시립장욱진미술관)
住所 楊州市長興面石峴里385-1(양주시 장흥면 석현리385-1)
道路名住所 楊州市長興面権慄路193(양주시 장흥면 권율로 193)
電話番号 031-8082-4245

観覧時間 10:00~18:00(入場は閉館時間の1時間前まで)

休館日 毎週月曜日、1月1日、旧正月・秋夕

観覧料 大人5千ウォン

紙杻(チチュッ)駅前から15-1番バスで楊州市立張旭鎮美術館まで約25分
バス紙杻駅発時刻表 10:10,13:10,16:10

または、旧把撥駅前から19番、19-1番バス乗車で28分

バス楊州市立張旭鎮美術館発時刻表 12:10,14:00,15:40,18:40

KONEST地図

<備忘録>

10:10紙杻(チチュッ)駅発→10:33楊州市立張旭鎮美術館着
12:15楊州市立張旭鎮美術館発→12:50旧把撥駅着

 

お昼を食べに高陽(コヤン)市へ移動しました。

 

ブログランキングに参加中。

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

花火Instagram&twitterもやってます

カメラInstagram     鉛筆twitter