千葉県警は11日、人身売買組織のメンバーとみてタイ国内で身柄拘束されていた住所不定、別宮(べっく)光一郎容疑者(61)を移送し、入管難民法違反(集団密航助長)容疑で逮捕した。共謀の疑いが持たれている同、田中晋介容疑者(66)についても逮捕状を取っており、12日にも移送し逮捕する。

 千葉県警外事課は、2人は多数の外国人を組織的に日本に密入国させたと見ている。

 別宮容疑者の逮捕容疑は08年1月、偽造パスポートを使ったタイ人男女2人の不法入国を手引きしたとしている。両容疑者は5月24日にタイで不法滞在が発覚し、身柄拘束されていた。【中川聡子】

【関連ニュース】
不法就労助長:容疑でパブ経営者ら逮捕--県警 /神奈川

両陛下が葉山からご帰京(産経新聞)
<点字>大阪でシンポジウム開催(毎日新聞)
日本、14日カメルーン戦=ドイツ、セルビアなどが初戦―W杯サッカー(時事通信)
仙谷官房長官「首相とどなり合いしばしば」(読売新聞)
菅首相 「ぶら下がり取材」 1日1回に削減を提案(毎日新聞)
AD
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設を巡り28日の日米共同声明で、在沖縄米軍の訓練移転先に鹿児島県・徳之島が明記されたことを受け、官民一体となった「徳之島への米軍基地移設反対奄美群島民大会」が29日、同県奄美市(奄美大島)であった。

 市立名瀬小体育館であった大会には、徳之島3町長をはじめ奄美群島から約1500人(主催者発表)が参加。「徳之島への基地設置に断固反対し、団結して島を守り抜こう」と決議した。

 会場は「基地はいらない」などのプラカードを掲げた住民の熱気があふれた。決意表明で大久保明・伊仙町長は「日米共同声明は民意を完全に無視した暴挙。自立できる政策を打ち出し、奄美ぐるみで断固反対しよう」と政府を批判した。

 群島内の55以上の団体・個人でつくる「徳之島への米軍基地移設に反対する奄美郡民会議」の主催。奄美12市町村でつくる奄美群島広域事務組合と大島郡町村会、議会議長会が後援した。【神田和明】

【関連ニュース】
普天間問題:「ジュゴン絶滅する」…自然保護団体が反対
普天間問題:「沖縄差別そのもの」…徹底抗戦の構え
普天間問題:辺野古へ移設、閣議決定…福島消費者相を罷免
普天間問題:鳩山首相、福島消費者相を罷免
普天間移設:「あまりに許せない」 沖縄から激しい怒り

福島氏罷免の可能性強まる、社民に連立離脱論(読売新聞)
<郵政法案>会期内成立へ 3党一致(毎日新聞)
座ってられない大阪府議たち…講演会で次々と退席したワケ(産経新聞)
鳩山首相辞任 「幹事長も辞職を」…小沢氏「わかった」(毎日新聞)
縄文初期の最古級土偶、竪穴住居跡出土 滋賀・相谷熊原遺跡(産経新聞)