千葉県では、県民の皆さんが主体となって、傷ついたり、弱っている野生動物の救護活動を通じて、自然保護への関心をより高めていくことを目的に、「傷病野生鳥獣救護事業」を行っています。