ありのままの自分で愛され女子にする恋愛カウンセラー河村健太郎

関東地方を中心に恋愛の悩み、人間関係の悩みなど、誰にも言えない悩みを一人で抱えている方を中心にカウンセリングと心のブロック解除 マインドブロックバスターとして現在、サポートさせて頂いています。お気軽にご連絡ください。


テーマ:

みなさま、こんにちはorこんばんは、月猫です^^


前回はパニック障害とは? パニック発作とは?

    予期不安とは? 広場恐怖とは?を書かせていただきました。


前回の記事→パニック障害について 主な症状



今回はどういった方がなりやすいのか?

併発しやすい不安障害は?を

書いていきます。



●パニック障害になりやすい人の特徴




☆男性より女性のほうが発症しやすい


まず、特徴として男性より女性に多く発症しやすいということです。

男性の約二倍、広場恐怖を伴う場合は三倍といわれております。


20代に発症することがもっとも多く 次に30代半ばというデータがでております。


*月経前に悪化するという話もありますがまだはっきりと決着がついておりません。



☆ストレスに弱い人が発症しやすい


ストレスを感じやすい人、ストレスをうまく発散できない人などが発症しやすいと

データがでております。


ここでも特に女性にその傾向が強く、一般的に


・感受性が強い人

・完全主義の人

・こだわりがありすぎる人

・周囲に気を使いすぎる人


などがストレスに弱くパニック障害を発症しやすいといわれております。



☆疲れている人が発症しやすい


パニック障害は肉体的にも疲れている場合にも

なりやすいといわれています。

なんでも過剰にやることは体に大きな負担となります。


・仕事のしすぎ

・勉強のしすぎ

・過度の運動 などなど


筋肉の疲労や過度の緊張が長時間続くことによって筋肉が酸欠状態になり

疲労物質の乳酸がたまってきます。

この乳酸がパニック発作を誘発させる場合があると考えられており

できうるならばこういった何事も過度な状況を避け、疲れたら休憩を

とるようにしてください。


とにかくストレス解消法を自分で確立!


とにかく自分の好きなことをする時間を作ること

休憩時間を自分で意識してとる。

たとえば好きな歌を歌う、聴く

好きな本を読む、ゲームをする

仮眠をとる、などなど

自分のリラックスできる環境作りをしてください^^


ただし運動不足もパニック障害になりやすいようですので

やはり適度な運動はするように心がけたいものです。



☆遺伝によるものや他に考えられる原因


家族にパニック障害が発症している方がいる場合も発症しやすい

傾向にあります。

他にはコーヒーの飲みすぎによるカフェインの過剰摂取

炭酸飲料の飲みすぎによる二酸化炭素の過剰摂取も

パニック発作を誘発するといわれております。

何事もほどほどにしましょう♪


他には経口避妊薬や気管支拡張剤なども発作の引き金になる場合が

ありますので注意が必要です。



☆なりやすい人をまとめると



●女性に多い

●ストレスに弱い

●肉体的に疲れている

●運動不足

●家族がパニック障害を発症している

●コーヒーや炭酸飲料の過剰摂取

●ある種の薬(経口避妊薬や気管支拡張剤など)


となります。




●パニック障害にて併発する不安障害



パニック障害は元々 不安障害の一つであり

広場恐怖を伴うことが多いのですが、その他の不安障害を併発させる

ことがあります。



☆パニック障害による他の障害との併存障害率



・大うつ病性障害   50%から60%


・全般性不安障害  25%


・強迫性障害     8%から10%


・特定の恐怖症   10%から20%


・社交恐怖      15%から30%


となっております。



☆その他の併発しやすい不安障害



●全般性不安障害  漠然とした不安に常に悩まされる状態


●強迫性障害     ある行為(たとえば手洗いなど)や考えにとりつかれて、やめられない


●特定の恐怖症    


病型               特徴


動物型             主に昆虫や動物を恐れる


自然環境型          雷や高所、火や水などを恐れる


血液・注射・外傷型      血や怪我などの外傷や針の先端部分、医療行為などを恐れる


状況型             公共交通機関やトンネル、橋、エレベーター、飛行機、自動車運転

                  閉鎖された空間の特定条件などを恐れる



●社交恐怖      人前で恥をかくことを極度に恐れる


●心的障害後ストレス障害(PTSD)


過酷な体験によって心に傷を負い、何度もその場面を思い出したり(フラッシュバック等)

同じ状況を避けようとしたりする。




今回思ったより長くなってしまいましたので今回はここまでにいたします♪


次回はどのようにパニック障害とつきあっていき 改善していくか

などをを書いていこうと思います。


願わくばこの記事がみなさまのお役に立つことを願いつつ・・・。



パニック障害について パニック障害との付き合い方、改善の仕方



月猫



無料モニター募集のお知らせ

ただいま募集中ですのでもし一度カウンセリングを受けてみたいと思う方

まずは無料で体験してみませんか?

6月分の募集は5月31日までです♪



アンケートですが多くの方にお答えいただきここにて深くお礼を申し上げます。

ご相談者様視点でのカウンセリングを第一に考えておりますので

これからもアンケートをお気軽に 何度でも 思ったことをお書きいただければ

嬉しく思います。



・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・


*ご質問等お気軽にお問い合わせ下さい*




簡単なアンケートにご協力お願いいたします^^
 

1日1ポチ、ランクアップにご協力お願いします

 ↓にほんブログ村↓       ↓人気ブログランキング↓
  

読者さま、アメンバー、フォロー募集中です♪
   






AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

恋愛成就できるあなたへ 恋愛カウンセラー月猫さんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。