さて、

https://ameblo.jp/butterflyeffect-01/entry-12354323319.html


でも書きました通り、

父母会と、園に対する要望は伝えました。

 

数日後、子どもをお迎えにいって帰宅してしばらくすると、

園長より自宅に電話が来ました。

 

 

一通りの前置きのあと…

 

(以下、録音はできませんでしたので、

思い出せる限り書き起こしたものです。

 

園長は「言っていない」と発言を翻した部分もあります。

どこまでを信用されるのかは、

読む方のご判断にお任せします)

 

 

 

 

●園長 「お渡しいただいた書類は確かに受け取りました」

 

〇当方 「そうですか。ぜひ改善に向けてご一考ください」

 

●園長 「ママ、でもね、それはできないの」

 

〇当方 「??? できない、というのは?」

 

●園長 「うちは私学ですからね。できないのよ、ママ」

 

〇当方 「? 法に反している部分や、

     一般会員の権利についてはお読みいただけましたか?」

 

●園長 「ママ、でもね、父母会については園が決めるものよ?」

 

〇当方 「活動内容も、何にお金を使うのかも、その金額も、

     園の意向がすべてということですか?」

 

●園長 「そういうことになりますね」

 

〇当方 「それでは『父母会』ではないじゃないですか。

     会費だって、ほぼ父母会の運営ではなく、

     園の運営のために使われていますよね。

     父母会費として集める必要のないものばかりじゃないですか。

     父母会は園の所有物ではありませんよ?

     父母の集まりです」

 

●園長 「だってママ、この幼稚園がなかったら、父母会だってできないでしょ?

     だから父母会は幼稚園のものなのよ?」

 

〇当方 「いいえ、違います。でしたらわざわざなぜ『父母』会なんですか。

     園とは別団体ですよ」

 

●園長 「こまったわねえ~」

 

〇当方 「改善する気はない、ということでしょうか?」

 

●園長 「そうなりますねえ。規約とか、作ったほうがいいと思ったこともあるんだけど~」

 

〇当方 「もう一度お聞きしますが、改善するつもりはないということですか?」

 

●園長 「まあとりあえず、園で話をしましょう、ママ」

 

〇当方 「まず、ママママ言うのをやめていただけますか?

     わたしの名前は●●です。

     あなたを産んだ覚えはありませんし、

     きちんと社会人同士、一人対一人として話をしませんか」

 

●園長 「(噴き出した様子の後)あらあらごめんなさいね。

     でも今までそうしてきたから」

 

〇当方 「きちんと対話ができないようでは、いくら話し合いの場に行ったところで

     建設的な話ができるとは思えません」

 

●園長 「困っちゃう~」

 

〇当方 「きちんと話をしていただけないようですし、

     改善もなされない団体のようですので、父母会は退会します」

 

●園長 「いえいえ、それはできないのよ?」

 

〇当方 「できますよ。今までの裁判等々の和解案をみればお分かりいただけるかと。

     意見・要望書にもその点は含めましたが」

 

●園長 「皆さん納得の上入園しているのよ?」

 

〇当方 「いいえ。募集要項にもありません。

     入園説明会でも『ご理解・ご協力を』の一文を読み上げるだけです。

     園との入園についての契約が締結されたはずの入園金支払いの時にも、

     父母会についてはまったく聞いていません。

     ホームページにも一切かかれていないですよ。

     父母会は退会します」

 

●園長 「じゃあ、いられなくなっちゃう」

 

〇当方 「? うちの子が、いられなくなっちゃうということですか?」

 

●園長 「そういうことになりますね」

 

〇当方 「それは、父母会を退会するならば子供は退園させる、ということでしょうか」

 

●園長 「退園ということになりますね」

 

〇当方 「わかりました。では、それを書類でください。

      意見書にも書きましたが、言った言わないにしたくないので、

      書類でご返答ください」

 
●園長 「それもできないのよ、ママ~。
      あ!ママって言っちゃいけないのよね」
 
〇当方 「でしたら、話し合いの場に出向きますので、
      録音の上でお話しいただけますか」
 
●園長 「それもできないのよ~」
 
〇当方 「できない理由はなんですか?
      対応やご発言に責任を持たないということですか?」
 
●園長 「まあいいです。とりあえず、明日の朝園で待ってますから」
 
〇当方 「この会話が繰り返されるだけでしたら行きませんよ?」
 
●園長 「待ってますから。約束しましたからね?」
 
〇当方 「約束しませんよ。意見・要望書にご返答いただけるんですか?」
 
●園長 「じゃあ約束しましたからね?」
 
電話が切られる。
 
 
 
これがこちらから見た、
実際に起こったことです。
 
この会話のどこに、責任と誠意があると思いますか?