<平時と有事> | 物流応援団長山田泰壮の元氣が出る話
新型コロナウイルスに関する情報について

物流応援団長山田泰壮の元氣が出る話

物流応援団長山田泰壮が経営者・リーダーにお届けする元氣が出るブログ

親愛なる皆様
おはようございます。

昨日は、今年度初の社内リーダー研修を行ないました。
現在、自社内管理職は20名、コロナ対策で一同に
会することは避け、昨日と来週の日曜日の二組(8名
と12名)に分けて行なうことにし、昨日はその一組
目、岡崎DCにて行ないました。

自社内管理職研修「マイラップ」は、これで3年目
に突入。経営理念や方針をもとに立てた年間計画から
月間計画に落とし込み“決めたことをキチッとやる”
ことを旨に20名が5人ずつのグループに分かれ互
いに鼓舞し合い助け合いながら1年間が進んで参り
ます。

我々物流業はコロナの影響で在宅で自粛というわけ
には参りません。特に我が社のように食品や日用品
を扱っている所謂「商業物流」といわれるカテゴリ
ーは世の中の“血液”ですから、止まったら世の中や
暮らしが機能しません。重要な仕事です。

そんな現場を日々指揮し運営してくれている20人
のリーダー達は、いつも寡黙に、そして、こんな
コロナの渦中にあっても変わらず稼働してくれてい
います。私は賑やかで騒がしい社長ですが、リーダー
はじめ従業員みんなの多くは寡黙な人たちが多く
日々真面目に務めてくれています。

そんなリーダー達と今年度初で尚且つこんな状況の
中でのスタートでしたので、自然気合いが入りました。

平時から常に皆で経営理念を念頭に指針としてきた
ことや商業物流のカテゴリーからブレず取り組んで
きたことが、今この有事に活かされ、コロナの影響は
ゼロではないものの事業が活発に動いております。
されど、油断せず、今この有事の時に如何に思考し
行動するかが、やがて来るコロナ終息後の平時に活
かされることを皆に伝え、昨日は終えることが
できました。

コロナには負けません。

来週は二組目一宮DCにてマイラップです。
楽しみです。

今日も一日良い日に致します。
物流応援され団長@山田泰壮 拝