基本的に攻めていって、負けるのは恥では無い。 何もせずに負けるのが一番の恥である。 豊島王位は、少し無理攻めして傷口を広げてしまった感があります。

酒飲みは、攻め合う将棋は好きですが、攻守がハッキリする将棋は嫌いです。 こう言う将棋は殆ど内容がありません。

木村九段がこの後勝って、2勝2敗のタイにするでしょう。

でも、この有馬温泉での番勝負、あれだけの種類のサイダーがあるのにはびっくりしました。  現地でのレポートが楽しかったです。

気合いを入れ直して、豊島名人ファイト  木村九段の頭の毛が増えているように感じるのは、酒飲みだけかな?