ぶたげい(o o)日記

ぶたげい(o o)日記

青山学院大学公認
総合舞台芸術愛好会(ぶたげい)

がお送りする

キャスト、演出、音響、照明、広報……
愉快な仲間たちによる活動日記(o o)♪

青山学院大学公認愛好団体 ぶ た げ い 舞台,歌,音楽,演出,照明,広報 etc... すべて手作り!‼︎ 部員随時募集中‼︎‼︎!

テーマ:

皆さまこんばんは!ぶたげい広報です豚

 

 

 

本日は…

 

 

 

ついに…

 

 

 

各公演のビジュアルを解禁いたします拍手拍手

 

 

 

 

まずはストレートからキラキラ

 

 

 

 

『コール・マイ・ネーム』

 

2018年11月10日(土)・11日(日)

場所:青山学院アスタジオ

 

 

 

 

続いてミュージカルルンルン

 

 

 

 

 

『Anom:e』

 

2018年12月21日(金)~23日(日)

場所:青山学院アスタジオ

 

 

 

 

 

上演がますます楽しみになりますねラブ

 

 

このビジュアルを使用した第一弾フライヤーは10月中旬青山学院大学内で配布いたしますので、

ぜひゲットしてみてください!

 

 

気になるチケット情報などは近日中に公開いたします豚豚

 

 

お問い合わせはTwitterのDM、もしくは butagei18@gmail.com までメール

 


テーマ:


みなさまお久しぶりです!
ぶたげい広報のうざわしです🙆‍

本日!

 

 


2018年度本公演情報を解禁します🎊🎊



なんと…



今年度の本公演はストレートとミュージカルの2本立てで上演いたします🙌🙌

 

 


🌟ストレート🌟
『コール・マイ・ネーム』
日時:2018年11月
場所:青山学院アスタジオ ホール

CAST
古池美良 西垣内園佳 坂内琴音 小舟萩 高橋佑未

STAFF
脚本:やまこしひなこ
演出:坂内琴音

小池菜央 土岐優佳 羽田夏野 松川夏子 山越雛子 鵜澤由佳 大工美津希 髙橋ケネス 遠山ゆきの 松田栞 矢作れみ


🌟ミュージカル🌟
『Anom:e』
日時:2018年12月21日(金)・22日(土)・23日(日)
場所:青山学院アスタジオ ホール

CAST
松田栞 宮本礼 湧川惠大 土岐優佳 今井里緒
林実穂 橋本遥香 原田晃徳 川上竜之介 末吉優里 石川早香 木下由貴 佐藤栞

STAFF
脚本:上部美香子
演出:上部美香子 西垣内園佳 矢作れみ 石川早香

小池菜央 土岐優佳 羽田夏野 山越雛子 今井慶吾 今井里緒 岩谷芽依 鵜澤由佳 大杉耀歩 古池美良 大工美津希 髙橋ケネス 高橋萌惠 千葉采未 遠山ゆきの 木下由貴 日下部絵梨 熊谷彪雅 佐藤栞 柴田佳緒里 橋本遥香

 

 

 


‪ストーリーやチケット情報などは後日解禁いたしますのでお見逃しなく👀‬


お問い合わせは @agu_butagei または butagei18@gmail.comまで✉️


テーマ:




ブログリレーも最後となりました。西垣内園佳と申します。

今回おもちゃの箱では、脚本、演出、ちょっぴり振り付けと、ちょっぴりキャストをさせていただいております。改めまして西垣内です。たくさん手を伸ばしすぎて、わけが分からなくなりつつあります。

さて、新入生の皆様。ご説明致します。ぶたげいにおける演出の仕事は、脚本家の頭の中にある文字と想像の世界を、舞台という現実の世界に変換していく作業だと思っています(1文が長い)。先代の演出家の言葉を借りると、演出家の仕事は『交通整理』です。脚本家とキャストのクッション材であると感じることもあります(今回は脚本と演出がおおよそ同一人物🙂)。言葉にすると簡単ですが、現実はそんなにうまく行きません。まあ、現実だしね←

演出をつけていて学んだのは、舞台って生き物なんだってこと。人間の体調や体が日々変化しているように、舞台も日々変化しています。それが舞台の魅力でもあるし、難しさでもあるんですよね。それに振り回されてキャストも一緒に振り回して辛い思いをさせてしまったり、技術班や音監チームにはあーでもねえこーでもねえとギリギリまで変更をお願いしちゃったり、口が悪かったり、だめな演出家だったなあと自分で思います。ごめんね。


それから、脚本の、主に原案も担当させていただきました。この作品の原点は、『人間なら誰にだって夢を追う権利がある』という自明のメッセージにあります。才能がなくったって、だれが反対したって、お金がなくったって、夢を追う権利はある。権利はあるの。貴方が生きている限り、その可能性と権利だけは一緒に残り続けるの。それって実はすごいんじゃない?っていうやつです。この主張を形にしたいけどどうしようって心の隅で悶々としていた時に、遠くのアメリカから、さらっと、本当にさらっと「書いてみようか?」と救いの手を差し伸べてくれた人がいました。

その人に託した私の主張が、みんなの手に渡って舞台という夢みたいな現実が出来上がろうとしています。

ことばを変えるときや、演出を大きく変える時は正直胃を捩らせながら悩みました。時差がある中、たくさんの助言をしてくれて、私の想いを何度も書き直してくれたもう1人の脚本家のやまこしには、本当に感謝しています。


何も無いところから作品が産まれて、ひとつの舞台になる。そんな奇跡に立ち会えるのも、頼もしい舞監・制作がいて、プロフェッショナルな技術班がいて、可愛い衣装やお顔を作ってくれる衣装班・メイク班がいて、素敵な音監チームがいて、努力家なキャスト達がいて、他にも書ききれないほどの全部があって、そして何よりも観に来て下さる方々がいらっしゃってのことです。もし、ぶたげいに興味がある人がいらっしゃったなら、この作品の板の上の世界は勿論、その周りにある世界まで感じてください。

最後に。この作品に登場する彼らは、きっと、あなたの近くに存在しているもの達です。この作品を観て少しでも、忘れていた、もしかしたら忘れようとしていた大切なものを思い出していただけたら幸いです。是非お越しください。ぶたげい一同おもちゃのはこの中でお待ちしております。




テーマ:


こんにちは!
キャスト2年の畑山歌奈子です。




写真の、キザ男です。前回の本公演ですね。苦笑。

1年生の皆さん、大学生活はどうですか?
色んな意味ですんごく自由で、嬉しいと感じたり戸惑ったりすることもあると思いますが…自分のペースで楽しんでいってください!


と、先輩風を吹かせてみたところで

まずは


キャストというセクションについてお話しようと思います🐨



キャストをやらせて頂いて良かったなと思うことは、
演技・歌・ダンスを通して、作品の良さとか伝えたいことが見ている方々の心に響いた時に、それを生で感じられることです

でも、演技や歌など全部に集中して舞台をやり通すこと自体すごく難しくて、稽古の後に「今日は出来たなぁ~!」と思えたことが私は、まあ、ほぼないですが、、
本番は頑張りますよ!!(笑)



そんなこんなで着々と開演が近づいてます、

今回の公演『おもちゃのはこ』



最初に台本を読んだとき、「凛って私にちょっと似てるなぁ」と思いました。
私が思う今回の公演の注目ポイントは、「おもちゃ達の、凛への言葉」です。
凛が持ってる悩みって、大学生の時に特にぶつかりやすい壁で、色んな方が共感できるものだと思うんです
だからこそおもちゃ達の言葉が、きっと見ている方々の心を癒してくれるんじゃないかなって思ってます。

終始真面目ですいません(笑)



次でブログリレーも最後ですね。最後は
そまらず、のりのりで、かれんな
そのかさんにバトンタッチします!(笑)


読んで頂きありがとうございました!



テーマ:



お恥ずかしながら、私は今でもとあるぬいぐるみと一緒でなければ寝ることができません。そのぬいぐるみとは0歳の頃からの付き合いで、親や友人より私のことを知っています。

嬉しいことがあったとき、好きな人ができたとき、どうしようもなく辛く悲しいとき、、、、親にも友人にも言えないようなことを話す相手はいつも彼です。おもちゃって、そういう存在だと思うのです。

さて、ぶたげいバトンブログをご訪問くださりありがとうございます。今回脚本を担当いたしました、やまこしと申します。

脚本と言いましても、実はキャスト/演出の西垣内に「こんな話がやりたいんだけど・・・」と言われ、彼女の思いを形にするために言葉を紡いだだけでございます。彼女の考えには驚かされることが多く、「なるほど、人はこんなふうに考えるのか・・・」と思わされたこともありました。

西垣内の思いは、彼女の20年の人生の中で積み重なってきたもの。西垣内や、この物語の主人公凛は今、それと向き合っている途中なのです。そんな人生の岐路に立ったとき、一番近くに立って味方をしてくれるのは誰なんだろうと考えたら、自然とおもちゃたちが声を上げ始めました。

ぶたげいの公演に関わるのはこれでもう何回目かなのですが、脚本という立場で関わるのはまた新鮮でした。また、訳あって稽古の現場にはほとんど参加できなかったので、舞台ができてゆく過程を客観的に見ることができました。そこで改めて、舞台が、お芝居ができるというのはとんでもない奇跡の上に成り立っているなと、ありきたりではありますが思ったのです。

もっとたくさん言いたいことはありますが、あとは当日、本多会議場で目撃してください。
おもちゃのはこの中で、待っています。

次は凛役に大抜擢された畑山歌奈子です!入部当初からその笑顔と、役名のような凛とした強い瞳に魅了されています。お楽しみに!



テーマ:


本日のブログを担当させて頂きますのは…
音楽班で音楽監督を務めています、
古池です!




音楽監督(音監)とは…
作曲家さんに作曲をお願いし→バンドメンバーを集め→本番で生演奏🎸

お分かりいただけましたでしょうか?💁‍♀️

そう!我らが音楽班が!
ぶたげい第3の特色であるオリジナル脚本オリジナル楽曲生演奏のうち、2つを実現させているのです✨(どやぁ)

けれど、今回の公演から音監を任されたひよっこの私は、歴代の音監方の素晴らしさを前に申し訳なくなるばかり…💦


しかし、そんなダメダメ音監を支えてくれるとても頼れる仲間がいます!

バンドメンバーの皆さんですっ👇👇👇

打楽器なら何でも来い
カホンのとりちゃんさん!

アレンジ耳コピお手の物
キーボードのゆうぱんさん!

冷静沈着でとっても頼りになる
ベースの増子くん!

皆んなのムードメーカー
ギターのくまくん!

本番まであと少し!
みんなで最後まで頑張りましょうー💪




お次は…
お待ちしてましたああっっ🙌

『おもちゃのはこ』の脚本家である
やまこしさぁーーんっ!!!!


テーマ:

みなさんこんにちは!

3年衣装担当の松川です。




今日は新歓公演の話をする前に今までやっていなかったので、少しだけ衣装班の紹介をさせていただきます。
衣装班は現在私と同じく3年生で兼制作のなおちゃん、2年生で兼メイクのあきほがいます。いつも2人にはデザイン、製作、管理など様々な面で助けてもらっています。2人がいたからこそ去年の本公演も今年の新歓公演もいいものができました。だからここで改めて感謝を伝えたいです。本当にありがとう。


さて、ここからは新歓公演の衣装についてお話させていただきます。
この作品は登場人物のほとんどがおもちゃということで、まずその衣装をどうするかとても悩みました。おもちゃに寄せて具体的な形を取り入れるか、抽象的にして形は残さないようにするか、など色々と考え、演出と話し合った結果この形に至りました。
どんな衣装に仕上がったかは、会場で直接確かめていただけたら嬉しいです!
ちなみに、劇中に登場する人形の衣装も手作りなので注目してみて下さいね。


最後に新入生の方々へのメッセージとして衣装の魅力をご紹介します。
あくまでも主観的な意見ですが、衣装は舞台において、人物の一部として目に見える形でお客様に発信できるのが大きな魅力です。自分のデザイン、製作した衣装がキャラクターの一部となって、物語の中で生かされている瞬間を舞台裏から見ると、それまでの苦労も忘れるくらい感動します。
それとは別で、自分の趣味を多少反映させることができる場合もあります。(脚本、演出が許せばですが笑)
その他にも衣装が好きならその人の視点での魅力が見つかると思いますし、何より衣装のことで頭がいっぱいなのが楽しいです。


長くなりましたが、6月14日、15日本多記念国際会議場でみなさんのお越しを心よりお待ちしております!!


次のブログは、ぶたげいには絶対に欠かせない音楽を統括してくれている音楽監督のみらちゃんです。とってもファッションセンスとスタイルが良くて、何を着ても似合う女の子です。
次回のブログもお楽しみに!


テーマ:

はじめまして。


音響担当の2年、よっしーこと吉沢です。


某有名ゲームの緑の恐竜さん恐竜くんで知られる名であり、且つ、名字由来のあだ名で呼びやすいからか、出会う方皆よっしーと呼んでくれます。






音響の主な仕事は、バンド演奏🎸やキャストさんの声を届けるマイク🎤に関わる機材のレンタルと操作です。


音響になったきっかけは、高校時代所属していた放送部でちょこっと音響を学んでいたので、少しでも活かせたらなぁという思いからでした。


たいした知識も経験もないのにそんな生半可な気持ちで始めてしまったがため、わからないことだらけ不安だらけ。前代の助けを借りつつ手探りでここまできました。


経験と知識を積んだ人間しかこなせない仕事内容である分、孤独感もあるし、自分の無知さに絶望もするし、誰か代わってくれよと思う時もある。


でも、上手くいった時には、特別達成感の大きいセクションだなぁと思います。







こんな感じで、少し離れたところからキャストさんを見守る形で、お仕事をしてます。


特に今回の公演の調整室の位置的に、もう特等席!SS席!あ、でも私は関係者だから関係者席……???


あっ、うっすらガラスに映る私は無視してください📸






楽器があっても、歌を歌う人がいても、音響機材と操作する人がいなければそれらは誰かに届けることが出来ない訳です。

そんな縁の下の大力持ちポジション、私は気に入ってます。
  




続いては、キャストさんたちに花を添えてくださる、衣装担当のなつこさんです👗✨➡️


テーマ:

こんにちは🌞照明担当の大工です!




照明は、本番に舞台の照明を操作するのがお仕事です。😊(そのまま)

キャストの演技を引き立てるため、
脚本の世界観を再現するため、

ピッタリな雰囲気を作るのが役目です!

付けたり消したり…するだけ…と思いきや
色、大きさ、角度、強さ、模様、奥行き、ぼやけ具合、などなど

照明演出の幅は無限大です。

その上、照明は舞台の世界観の中枢にも関わってくるのでじっくり考えます。

本番は、リアルタイムで操作をするので私は途轍もなく緊張します。

もしかしたらキャストよりもガチガチかもしれません。👶

しかし、どれもこれも、最高の舞台を作るため!!

照明は、正直付けたり消したり…だけでもできます!

が!突き詰めていけば、何処までも可能性が広がるクリエイティブかつ!芸術的な役職?です!!

次の舞台は、是非照明にも注目して見てみてください🙆


照明と音響は合わせて[技術班]と呼ばれます。
次は、信頼するパートナー!
音響のよっしーこと吉沢氏です!!



テーマ:

はじめまして!
そしてお久しぶりです!

全長183cmの舞台監督うざわしです🙋‍♂️








おや…









…気を取り直して、舞台監督のお仕事についてお話ししていきましょう🕺🏻






舞台監督は舞台上のキャスト、そして来ていただいたお客様の安全安心を守る人であり、技術班を中心とするスタッフの動きをまとめる人でもあります。



制作はぶたげいのお母さん、舞台監督はぶたげいのお父さん…という話があるように、

舞台監督は陰で舞台を支える役割をしています。



この1年近く、舞台監督として動き始めてから

観劇したり、現場でお手伝いさせていただいたり、本公演を迎えたりと経験を積んで

やっぱり舞台って奇跡だなあとしみじみ思います。



陰で懸命に動いているスタッフや、
見えない努力をしているキャストをよく見ているからこそ、

そういった舞台の魅力を強く、濃く感じることができる素敵なセクションです👏👏




そして余談ですが…


実は今回、フライヤーデザインもさせていただきました!

『おもちゃのはこ』に込めた思いが皆様に少しでも伝わると幸いです✨




お次は舞台に欠かせない存在の照明さん、だいくへバトンタッチ🏃‍♂️



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス