話を聞こうよ、とりあえず!(それだけでいいからさ) | 人が持つコミュニケーションの力を磨く・鍛える・呼び覚ますーコミュニケーション・ワークス公式ブログー

 

 

 

 


コーチングを始めた頃。

住んでいた場所もあってか、クライアントさんにアーティストさんが多かった。

踊る人に作る人、等々。

 

 

 

 


で、今また、先々週から1年ぶりに、

その頃からのクライアントさんのセッションをしている。
(大きなプロジェクトがあるときなどに、定期的にお声がかかる)

 

 

 

この方はダンサーさんで、
当時はご自分のダンススクールを主催されていた。

 

 

 

 

 

 

それから幾星霜(笑)
話を聞きながら
「変わらずすごいエネルギーだなあ」と。

 

 

 

とにかく、このエネルギーが途中で止まらないよう、
私は、聞いて聞いて聞きまくる。
溢れながら、どんどん太く、深く、この方が「自分自身」とつながっていく
その「回路」を、確保し続ける。

 

 

 

 

 

 

「出すだけ出して」
軸(方向)をはっきりさせて、
事柄を並べて、
優先順位をつけて、
整理する。

 

 

 

そのプロセスを手伝う、というのが役割。

 

 

 

 

 

 

 

で、先週。
ふと昔話が出た際、
(なんだかんだで長いですよね、と)

 

 

 

「公子さんが一番話せるんです。
わたしは『何言ってるの?』『できるわけない』というエネルギーが
本当にだめで。
伝わってくると詰まってしまう。パタンと閉じてしまう」

 

 

 

 

 

 

自慢ではなく。
その時、何に驚いたかって、

 

 

 

 

この方と出会ってから16年。
未だ厳密な意味で、本当の意味で
「語れる」のがわたしだけなのか⁉︎

ということに軽い驚愕を覚えたわけなのです。

 

 

 

 

 

人がいかに、
「掛け値無しの、聞き手」
=自分のエネルギーがどんどん溢れるような状態の場、

を求めているのか。
なのに出会っていないという…
それがある意味、とても腹立たしく(笑)。

 

 

 

 

 

 

ということで、今日は改めて言いたいわけです。

 

 

 

「とにかく、聞こうよ。目の前の大切な人の話をさ!」

 

 

 

それによって。

 

 

 

 

どれだけ「ひらく」人がいることだろう。
どれだけ「自分の源泉」とつながれる人がいるだろう。
どれだけ、前へ進める人がいるだろう。
どれだけ自信を持てる人がいるだろう。
どれだけ、本当に自分を愛せる人が育つだろう。
(いつも言いますが、これこそが「一生の財産」「真の生きるスキル」)

 

 

 

 

 

 

 

 

この方は、ただいま日本全国行脚の旅の準備中で、
それは、


「聖地への奉納舞の旅」

 

なのだそう。
各地の神社で、もはや粛々と始まっている。

 

(日本における
土地と、人と、祭り(=祀り・奉り)の関係・効果については、
わたしも大いに語りたいところですが、また後日)

 

 

 

 

 

 

 

初めて会った時、
この方の踊りに「アメノウズメ」を見たわたしなので、
(それはもう、太古の天岩戸にどかんとタイムスリップしたような氣分になりましたよ。
今でも思い出します)

 

このプロジェクトも、いともストンと腑に落ちつつ。

 

 

 

 

「共有」
「共振」
「増幅」
そして
「俯瞰」

 

 

 

の役割を通して、
いくばくかなりとでもお役に立てればと思っているところです。

 

 

 

 

「掛け値なしの、この人が、溢れる。

溢れて広がるその先に、

変化を起こす人、場所、地域、土地が必ずある。

それが起こる」

 

 

 

 

 

それを「知っている」のが、

究極私たちのような仕事の者の役割かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/nagatuki

【コーチング・秋の特別体験セッションー「チーム自分」のつながりを強固にする】