「チームおじやん」の話ー自分の中のたくさんの自分と手をつなぐ | 人が持つコミュニケーションの力を磨く・鍛える・呼び覚ますーコミュニケーション・ワークス公式ブログー

 

 

 

 

 

 

「おじやん」

 

 

という言い方が、方言なのか、その人独特の言い方なのか、

わからないんですが。

 

 

 

 

 

 

長崎に親しくしているコーチがいます。

以前、親戚が入院中で付き添いによく行っていたそうで。

以下、彼女の言葉。

 

 

 

 

「看護三昧でちょっとお疲れモードです。

でも!

 

その病院は、チーム医療が県内ではトップクラスの病院で、

入院初日、ベッドの周りに10人以上のスタッフ

 

医師

看護師

理学療法士

作業療法士

言語聴覚士

歯科衛生士

管理栄養士

薬剤師

介護福祉士

 

などが集まり

最初の動きのチェックがあり、共有していました。

 

 

 

おじやん、

がんばれ~!」

 

 

 

 

 

 

 

その「チームの結集」ぶりと、

おじやんのベッドの周りで行われる自己紹介が、

とにかく、とてもかっこよかったらしい(笑)

 

 

 

その人のためにエキスパート全員が集まり

方向を確認しあう。

「よし、これでいこう!」とみんなで手を取り合う。

連携を取り合ってともに進む。

 

「おじやん」のために結集した、これはまさに「チームおじやん」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして。

私たちの中にも実は、「チームおじやん」ならぬ

「チーム自分」がいる、というのが今日の話です。

 

 

自分の中にいるたくさんの自分。

(NLPではこれを「パート」と呼びます)

 

 

 

 

 

 

 

自分にとって好ましいパート。

私だったら「好奇心パート」(なぜかイメージは8歳児)や

人前でどかんと何かをやらないといけない瞬間に発動するパート

(イメージ→アメノウズメノミコトみたいな?)

 

それは、自分でその存在を受け入れている「パート」です。

 

 

 

そして、

いなければいいのに、とつい思ってしまうパートもある。

(私の場合は例えば「怖がり」のパート。なかなか前へ進めなくなる)

 

 

 

 

 

 

 

 

周囲の人間に対して「好き、嫌い」があるように、

私たちは自分自身に対しても「好きな自分」「嫌いな自分」がいる。

 

 

本当は、

「好きな」パートはもちろん

「嫌っている」「受け入れがたい」パートも

自分のために、よいことをしようと頑張ってくれているパートなんですが。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、怖がりのパートは、

実はわたしを危険から守ろうとずっと奮闘し続けてきたパートです。

 

イメージだと「老執事」かな(笑)。

「お嬢様!おやめくださいっ!」みたいな…

 

いつも私の後ろで私が未知なることをしないよう、袖を引いてくれます。

それをすると「どんな怖いことが起こるか」を

とうとうと説いてくれる。

 

 

 

 

 

 

さて

自分の中「子ども」や「表現者」や「老執事」。

そのほか「学者」や「武士」などなどの…(いろいろいます)

たくさんの「わたし」。

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしたちの仕事(コーチの仕事)というのは

ひとえにこの「チーム自分」を、

 

 

あの、おじやんのチームのように

 

「お互いの存在と力を認め合った」

「それぞれの個性の発揮をかけがえのない『強み』にできる」

 

チームとすること。

最高の力を発揮できる状態に統合していく、というところにあります。









チームの中に「嫌われ者」として扱われる人がある限り

そのチームは力を発揮できません。

その人を「排除」すれば済むという問題ではない。

(また、次の「嫌われ者」を生むだけ)

 

 

 

 

自分の中に敵はいない。

すべてを自分のリソース(宝)に変えてゆくこと。

すべての自分が手を取り合って、進んでいく。

 

 

 

 

 

「チーム自分」がみな仲良く、うまくいっているときほど

人の人生は軽やかに、スムーズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「チーム自分」の統合に興味がある、という方はこちらへ。

体験セッション、秋分を挟んだ1ヶ月間実施中。

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/nagatuki

 

 

 

 

 

(この記事は、過去記事の再編集です)