子どもの「機が熟して、溢れる瞬間」が面白いー子どもの成長の醍醐味 | 人が持つコミュニケーションの力を磨く・鍛える・呼び覚ますーコミュニケーション・ワークス公式ブログー

 

 

 

 

 

 

 

いつ行ってもこんな顔でニコリともぜず、抱っこしようとすると全力海老反りで脱走。

 

 

 

 

 

 

黙して決して語らずだった二番目の甥(2歳)が、

寝転がって本を読むわたしの横に、

「すすす…」と、音もなく寝転がって来たのは3月くらい前。

 

 

 

 

 

 

 

それからは、会うたびに笑顔が増える。言葉が増える。

その「増殖ぶり」は恐ろしいくらいで、

その笑顔全部がもう、

 

 

 

 

 

「こんなの生まれて初めて😆❗️」

「生まれてきてよかった❗️」

「僕、これを味わうために生まれてきたんだよ❗️」

 

 

 

 

 

というセリフが聞こえてきそうな(まだそこまでは喋れないんですけど)

全開の笑顔で。

(天使もここまで純には笑えまい、というような)

 

 

 

 

 

 

 

そしてさっき弟(彼の父)から

「今、次々に新曲覚えて歌ってるよ〜」

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでも、「それが結びつき、花開く時」

というのがあるんだなあ、とこういうのを見ているとつくづく思います。

 

 

 

黙して語らぬ間。

彼の中では、忙しく忙しく、いろんなことが起こっていた。

毎日たくさんのものを見て、聞いて、味わって、

吸い込んで…

 

 

 

 

 

 

そして、彼の中にあふれた「それら」が

ついに「線を超えた」。

 

 

 

たくさんの断片は彼の中で繋がり、はじめて意味をなし、

一つの世界となって

今、一氣に溢れ出る。

 

 

 

 

 

甥の笑顔は、世界と自分の関係をはじめて認知した人の

喜びに溢れているように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

人は、こうやって何回も、生まれ、世界と

さらなるフェーズで出会っていくんだろうな、と。

 

…負けてられない(笑)

(この子たちが大人になったとき、みずみずしい人間でありたいものだと)

 

 

 

 

 

 

 

(追伸:あと、とにかく子どもは待たなきゃいけない。

大人も同じかな。大人も、規模は違うけれど、上記の流れで

成長していくんだろうなと。

何より、大人は自分自身を待てないと、ですね)

 

 

※人の子の顔を出すのもなんなので、絵にしてみました。