わたしは「大切な一人」なんだ、と他者に感じさせることができる人 | 人が持つコミュニケーションの力を磨く・鍛える・呼び覚ますーコミュニケーション・ワークス公式ブログー

 

 

 

 


最近行きだしたカフェで、

昨日、ものすごく感じのいいスタッフさんと友達になりました。

 

 


いつもと場の空氣が全く違っていたので「…店長さんですか?」

と聞いてしまったのがきっかけ。


たった一人の人間の動き、氣の配り方で、

空間の雰囲氣は面白いくらい変わるもんだといつも思います。

 

 

 

 

 


そういう人の特徴はというと、言葉では言い表しにくいんですが

「全身がオープン」なんですよね。
そう、身体が常に温まっている。反応がいい。
(コピー機のスリープ状態の「逆」)

 

 

 

例えば、カフェのドアを開けるその前に、もう目が合ってしまう。
そうすると「ウェルカム!」の表情でニコッと目を細めて口角をあげてくれる、
みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

『あなたに氣がついています。あなたをちゃんと見ています』
それが伝わる全ての行動(言葉含む)が「承認」。

 

 

 

 

 

 

これが、
コミュニケーションにおける「承認」の定義なんですが、
(どう褒めるか、という狭いところではなく)
ことさら学ばなくても、

 

 

 

 

「自然と、初めから卓越している人」

 

 

 

 

というのがいます。まさに「ネイティブ」!

 

 

動きの軽やかさ。
声の適度な張り。
リラックスした自然な立ち姿
(心身に緊張が少ないんでしょう。緊張は周りに伝染しますんで)
目の輝き。
そして、ほんのちょっとした「言葉かけ」の多さ

 

 

わたしが今まで出会った「ネイティブ」は、
みな、そういう特徴がありました。

 

 

皆、惚れ惚れするくらいそれぞれの「爽やかなリズム」があって、
仕事が「普通」を超えて、
「ものすごく出来る」のもみな共通でした。

 

 

 

 

 

その人といるだけで、
こちらのエネルギーも上がってくる。
その人を好きになるのはもちろん、
その人のためにも頑張ろうと思える。

みんな、そういう人でした。

 

 

 

 

 

 

さて、
わたし自身は「自分はネイティブではない」。
ことをしっかり自覚しているわけですが、

 

 

 

 

 

遥か昔。

 

何はなくとも、自分の周りの人たち
一番大切な人たちに、自分もこうできたら、
どんなにいいだろう、

 

 

 

と、
初めてこれらに触れた時に(しょうにん、っていうんだ〜、と)

切なる願いを抱いたことを、
明日のセミナーの準備をしながら、あたらめて、
結構新鮮に思い出しています。

 

 

 

 

 

 

 

人の心に火を灯せる人。

ああ、わたしは「大切な一人」なんだ、と人に感じさせることができる人。

本当に、「何はなくとも」、

 

 

 

と思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

(そこのカフェのティーポットはこんな感じ😃)