それをするのがあなたでなければならない理由 | 人が持つコミュニケーションの力を磨く・鍛える・呼び覚ますーコミュニケーション・ワークス公式ブログー

 

 

 

 

知人から「家の近所で摘んできたマルベリー」というものをもらい、

 


「ソースにすると美味しいですよ♪」

 


とのことで、今煮ています。

 

 

 

 


 

知人は「ベニシアさん」みたいな人で、

とても丁寧に「手をかけた」生活をしている人で、才能だな✨✨✨といつも思います。

 

 

 

 

「意識せず自然にやってしまうこと。
自分にとってはとても普通で、
息をするのと同じくらいにやってしまう行動や思考のパターン」
→「才能」

 

 

 

この知人の家に入ると、
入った瞬間から空氣が違う。
パタン、と外界と遮断され、静かで落ち着いた、
苔むすみずみずしい深緑の静寂に入って行くような感じ?
(あくまでもわたしの体感)

 

 

 

 

 

 

そして、ここで出される一つ一つのお菓子がまた☺️(喜)

 

 

知人の出すお茶
(美しい茶器で、中国茶を出してくれます)
と、お菓子を味わっていつも実感することは、

 

 

 

「人の土台が、表に現れる」

 

 

 

ということ。

 

 


レシピがあって、材料を混ぜる。
誰でもできるシンプルなものであっても、きっとものすごく違いが出る。

 


その材料と材料を「つなぐもの」「間にあるもの」が
いきなり大きい話ですが、

 

 

 

「その人の在り方」

 

 

 

なんだろうなと。

知人のお菓子やお茶は、そういう味なのです。

お菓子を味わっているのではなく、

お菓子を通して、その知人の静寂や満ち足りた感覚や、

穏やかな時間や…そんなものを

 

 

「おすそ分け」

 

 

してもらい、自分の中にもらっている氣分になります。

(実際、そのあととても癒されたり、元氣が出るので、

「いただいている」ということになると思うんですが)

 

 

 

 

 

 

 

話を戻して。

そして、その「差異」こそが、その人の個性であり

 

 


「それをするのが、その人でなければならない理由」

 

 

 

なんだろうな、
と思います。なんの仕事でもそうなんだろうなと。

 

 

 

 

 

 

 

この知人の在り方、
毎日の過ごし方にとても憧れているところです。