キーワードは自立と健全な相互依存ー社交ダンスに見る創造的な会話のための要素 | 人が持つコミュニケーションの力を磨く・鍛える・呼び覚ますーコミュニケーション・ワークス公式ブログー

 

 

 

 

 

社交ダンスを結構長いことやっています。




唐突に、無性に、小さい頃踊るのが好きだったことを思い出して、
よし!何か始めよう!といくつかダンスの体験に行きました。
(ジャズダンスとか)

一番性にあったのが社交ダンスで、「とてもゆるい趣味」の範疇で
休み休み続けつつ、今に至っています。





社交ダンスは二人で踊ります。
男性をリーダー、女性をパートナーと呼びます。


基本、すべての動きはリーダーである男性からの「きっかけ」で始まります。
フロアでの踊りの方向など、全体を見て、舵をとるのも男性の役割です。
なので、男性は女性の三倍練習が必要、と言われます。




わたしは「待てない」「自分でやりたがる」性格なもので、
いつもリーダーからのきっかけを待たずに動いてしまい、


「まだ何もやってません」
「一人で勝手に動かない」


とリーダー(わたしの場合は先生です)から叱られるタイプで、
そのあたり、
ダンス=性格矯正の場、とわたしが呼んでいるゆえんです。






で。
リーダーのリードが上手いと、
女性は初心者でも、ある程度「いい感じにカッコよく踊っている二人」に見えます。
女性は、自分がとても上手に踊れているような氣分になる。
完全に勘違いします(笑)



リーダーの絶妙な「合いの手」の力を借りてくるっと回転する。
道筋を外れそうになるとその前にリーダーがさっと引き戻してくれる。

決めのポーズも、
リーダーの身体能力のおかげで、まるで自分で決めたみたいに
「スパん!」とかっこよく、それはそれは氣持ちよく決められる。

 

実際は、それだけの速度も、
速度に持ちこたえられるだけの筋肉も体幹も自分にはなかったりするわけですが、
うまいリーダーというのは、そういったことを、
一切パートナーに感じさせないのです。

なので…本当に、踊れている感があって氣持ちいい。

 








でも、
リーダーは、その分、相当力技でリードしているんだろうな、と
先生のレッスンを側から見ていて思ったりするわけです。

経験の浅い人は、そもそも軸が弱かったり、
自分で立てていなかったりもするので、
(本当に立てていないんじゃなく、ダンスで必要な自立、ということです)

きっと、
リーダーに寄りかかったり、
不必要なところでリーダーに全体重をかけたりと、
リーダーに力を過分に使わせていることは間違いないのです。
(もちろん私も)





なので、
先生は疲れないかなあ〜、
レッスンだからいいけれど、
自分のガチな踊りが毎日これだったらストレスたまるだろうなあ、
と思うわけです。







ちなみに、
リーダーがそこまで上手くない時のダンスもまた大変です。


常にロープが絡まっていて、
途中で引き戻されるような不自由感を味わう感じ?でしょうか。
「今じゃない感満載の合図」に「吹っ飛ばされそうな強い合図」やらまあ色々。

または、
手をつないでいるのに、
いるのかいないのかわからなかったりする人も(笑)









で、いつも思うのは、
これはコミュニケーションも同じだなと。



ダンスも。
会話も。

完全に自立できている二人が、同じだけの力を出してやるときに、
楽しく、そして美しいのだな、と。




さらには、
そんな関係から、初めて化学変化が起こり
新しいものが生まれる。

二人の間に、意図した表現の「場」が生まれ、「空間」が生まれ、
世界が生まれ、
それがフロアの隅から隅まで見る間に広がって、
観客をぐん、と巻き込むような。

そんなダンスは、
二人の間に舞い踊る風が吹くように。
自由自在に自立し、それぞれが自身の力で存分に表現できる、
そんなペアの間からしか生まれません。





会話も同じで、
感動、閃き、新しいアイデアやエネルギーの爆発。
そんなものが生まれる瞬間というのは、
(コミュニケーションの醍醐味の一つはそこにある、と思うのですが)


会話の量、
言葉の量、質、
発信と受信のバランス
アイデアの量


全てにおいて、
お互いが完全に自立して、同じ熱量で積極的にその場に関わり、
惜しげなく技を出し合う。
自由自在にその場を楽しめる。

そんな時に生まれるんだなと感じます。






コミュニケーションにおいて。
1対1での、そしてチームでの会話の場面において。



「今、自分が及ぼしている影響は?」
「今、相手にとって、この場にとって、自分はどんな役割を果たしているか?」
「このコミュニケーションがプラスのものとなるために、今自分ができることは?」
「バランスはどうだろう?」



ダンスのメタファー。

コミュニケーション力を高める、という観点ににおいて、
自分自身を俯瞰して見てみる時の視点の一つになれば幸いです。



◆☆◆平成30年12月8日(土)*1日セミナーのご案内◆☆◆

『人はあなたの言葉の通りになるのではない。あなたの身体の通りになるのだ』
 〜他者に影響を与えるリーダーが知っておくべき
  コミュニケーションと身体と声の基礎知識〜
 ●開催場所:鹿児島市内 (詳細はまた近日中にご案内します)


◆☆◆「自分の人生を存分に生きる人のためのコーチングセッション」◆☆◆
https://peraichi.com/landing_pages/view/sekai

☆◆☆「今日をスッキリ整理して、明日への風通しをよくするセッション」☆◆☆
https://peraichi.com/landing_pages/view/thanks-minasama

中村公子(こうこ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります