指導には「褒める」と「厳しくする」の二択しかないという認識 | 「声と言葉で世界を拓く」〜自分の響きを存分に奏でて生きたい人を応援するコーチ、中村公子の公式ブログ

「声と言葉で世界を拓く」〜自分の響きを存分に奏でて生きたい人を応援するコーチ、中村公子の公式ブログ

声と言葉で自分を開く、世界を拓く〜自分の持って生まれた響きで世界と関わりたい人のためのコーチ、中村公子の日々の手帳

 

 

 

コーチングというものに出会って15年。

業界(?)の中ではすっかり当たり前。もはや空氣なことでも、

外の世界に触れて、

「え、未だに…?」

 

と思うことが数々あります。

 

 

 

 

大坂なおみ選手の全米オープン優勝。

メンタルの成長を支えた!と,

若きドイツのコーチ、サーシャ・バイン氏が話題になっていました。

試合中の大坂選手への声掛け。

椅子にかける大坂選手の前に膝をつき、

 

 

「何にイライラしているんだい?」

「僕に何かできることがあるかい?」

「聞きたいことある?それともアドバイス?」

「うまく行っていると思うよ。君は1セットとったんだ」

「ナオミならできるよ」

 

 

視線を揃えてペース&リード。

現状を言語化させ、自身で整理させ。

選択はするのはあくまでも本人。

うまくいっていないところではなく、できているところに意識を集中させる。

心からの期待を伝える。

 

 

 

これら全てコーチングのスキルでもあるのですが、

テレビのコメンテーターや解説者のコメントによると。

 

 

 

「優しい~❤︎」

「こんなイケメンにこんな距離でこんな風に言われたら、誰でも言われた通りにやっちゃいますね」

「コーチは、言葉だけで説得して(説得ってなんじゃい、と思うわたし)大坂選手を導いたんですよ」

「これからは、厳しくいうのではなく、こんな風に優しく言ったほうがいい」

「持ち上げても慢心する人もいるから、大坂選手にはこれがあっていた、ということ」

 

 

 

バインコーチがやっていることの「本質」をわかっている、

突いているコメンテーターは、今日見たいくつかの番組において、

一人もいませんでした。

スポーツの解説者や、過去の有名プレイヤーも、誰も。

(この人たち、スポーツの専門家でしょうに、とそのことにも驚き)

 

 

 

「褒めて伸ばす」か「厳しく叱る」か。

その二つで話は進み。

 

で、

未だ、いまだ…指導には、その二つしかないのか!?

二者択一ですか!

と驚いたわけなのでした。

さらには、

「褒める」の中に「選手を持ち上げる」というニュアンスまで入っている。

(壮大なる誤解です)

 

 

 

 

声を大にして言いますが、

コーチングは「褒めて伸ばすコミュニケーション」ではありません。

それは、あくまでもほんの小さな一側面であって、

そうですね…

フンだけを観てゾウの全体像を語るくらいに的外れです。

ましてや相手を持ち上げるものなどではない。

 

言葉はや雰囲氣は穏やかでも、

伝えねばならないことを厳然と伝える場面は多々あります。

 

 

 

 

 

「コーチング」と呼ばれるコミュニケーションスキル。

コミュニケーションのあり方の「本質」は。

 

 

「自分の持つほんとうの力に軽やかにつながり、

 自由自在かつ存分に発揮して自分らしく人生を生きる。表現する。

 そのためのアクセスの回路を、その人自身の中に作るプロセス」

 

 

と、今日はそんな風に言ってみましょうか。

 

アクセスすることを妨げる思い癖や価値観を手放し、

新しい回路を作り、繰り返し体験し、定着させる。

その人に最もあった方法で。

 

 

ちなみに「コーチング」なんて横文字で呼ばなくとも、
それをやれている名リーダーは昔からたくさんいた。

 

 

 

 

何より大切なのは、

「コートに」最終的に立つのは選手である、ということ。

その時、そこにコーチはいてあげられない。

 

であればこそ、

いついかなる時も、選手が自分でそれができるように、

選手の身体に根ざした、染み込んだ「使える叡智」となるように。

 

 

毎日毎日の言葉の選択、声かけ、

ボディメッセージ、

そして、自身の存在のあり方そのもので、

瞬間瞬間コーチは「それ」を表現し続ける。

 

 

 

「世界は素晴らしい。

 人間は素晴らしい。

 人は、自分自身を生きるために生まれてきた。

 君には出来るよ。

 さあ、行こう」

 

 

と。

それは、

「優しくいう」とか「褒める」とか、そんな浅薄なレベルの関わりではない。

 

 

 

 

コーチがコートに入れなかった今回の大会。

大坂選手は、きっと自分の中にもはや生きているコーチの問いかけを繰り返しながら、

冷静さを保ち、自分を信じ、戦ったのでしょう。

そして勝った。

 

 

 

 

 

 

テレビで言っていた

「バインコーチ、巧みな言葉で勇気付け♪」「魔法の言葉♪」。

とやら。

 

 

 

 

 

それは、魔法でも何でもなく、

あなたにも、誰にでもできるものなのです。

 

その覚悟さえあれば。

(セミナー等で「わかっちゃいるけど出来ないんですよねえ〜」

という方が結構いらしゃるので、あえて言ってみました(笑))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中村公子(こうこ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります