人の個性は変わらない(だからあきらめて自分を生きろ!) | 人が持つコミュニケーションの力を磨く・鍛える・呼び覚ますーコミュニケーション・ワークス公式ブログー

 

 

 

先日、教員だったころの生徒さんたちと会うことがあったんですが。

(現在彼らは30代)


 

 

中学生男子の、意味のない会話の感じってわかります?

やけにうるさくて、

中身はなくて、

妙に笑える…

 

 

教員だった頃は、まるで(いい意味)宇宙人を見るような氣持ちで、

彼らの発するそんなエネルギーの中にいたものでしたが、

(人間だ、自分と同じだ、と思うから腹が立つわけで^^)

 

お酒も入って、完全に「そこ」に戻っている彼らを見ながら

 

 

 

…恐ろしいほど、変わってない(唖然)。

 

 

 

「人の個性は変わらない」。

それをしみじみと再確認して帰ってきました。

わたしとしては、人の本質は、と言った方がやっぱりしっくりくるんですが。

 

性格、というよりは

もとのもと、その人の核、魂が発している空氣・リズム・律動…というかんじでしょうか。

その子の出している微細な振動・波動の質。

(これが一番しっくりきます)

 

 

楽器で言うならば、

ティンパニーの子はずっとティンパニーです。

フルートの子はずっとフルート。

奏でる音色、

周囲と響き合う音色や音の強さ、質はずっと同じ。

 

 

 

 

 

中学の頃、よくある、

「将来に何になりたいの?」という質問。

それを書く用紙に、家業の商売を書いた子。

 

 

先日のその酒席に、

どこのアーティスト!?という感じの格好でふわ~っとやってきたその子は、

全く違う職業についていました。

でも、その仕事は、自由で風が吹くような彼女の質にとてもあっており。

 

わたしの中で、妙に腑に落ちたというか、安心感というか、納得感。

 

 

 

ああ、結局、

自分にとって一番無理のない、自分でいられる、

(そして自分の特徴を発揮できる)

道をちゃんとみつけて、選だんだな、と。

 

わたしはそこに立ち会うことはできなかったけれど、

自分で考えて、ちゃんと頑張ったんだなあ、と。

 

 

 

 

 

さて、世の親御さん方。

 

子どもの本質は変わりません。

もし、もしも、こう生きてほしい、こうなってほしい、という

(親御さん都合の)願いをもってらっしゃる方があるとしたら

…さあ、(いい意味で)あきらめて(笑)!

 

子どもの持って生まれた質を見極め、

生かし、最大限に発揮して生きる道を拓いてあげること。

親の仕事はそれだけです。

 

 

 

 

そして、

今、もし、少しだけ人生迷っている若い人たちがいるとしたら。

 

答えは、外にはありません。

答えはあなたの中に。

 

 

 

あなたの好きなもの。

愛してやまないモノ。

好きな感覚。

いつまでも味わっていたい感覚。

心ふるわせる細胞の響き。

それらすべてに、あなたの生きる道が示されています。

 

 

だから…あなたも、いい意味あきらめて(笑)!

あなたはあなたにしかなれないのですから。

というか、

そのために生まれてきたんですから。

 

 

 

 

◆「自分の人生を存分に生きる人のためのコーチングセッション」◆
https://peraichi.com/landing_pages/view/sekai


◆「今日をスッキリ整理して、明日への風通しをよくするセッション」◆
https://peraichi.com/landing_pages/view/thanks-minasama

 

◆中村公子メルマガ登録はこちらへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中村公子(こうこ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります