満たされたところからすべてははじまる | 「声と言葉で世界を拓く」〜自分の響きを存分に奏でて生きたい人を応援するコーチ、中村公子の公式ブログ

「声と言葉で世界を拓く」〜自分の響きを存分に奏でて生きたい人を応援するコーチ、中村公子の公式ブログ

声と言葉で自分を開く、世界を拓く〜自分の持って生まれた響きで世界と関わりたい人のためのコーチ、中村公子の日々の手帳

 

 


クライアントさんと「体重を落とす」話になりました。
職場の検診も近くていらっしゃるのだそうで。

食べ物の量と質を節制中。けれど少々うまくいっていない。
「夜、つい食べてしまうんです…」
と少し元氣のないお声。



わたしはもちろん、ダイエットの専門家ではないのですが、
でも、「人の本質に沿った行動」
が、高パフォーマンスをもたらす、ということはよくわかります。

なので、
ダイエットの様子を聞いていて、
感じたことをフィードバックしてみました。



「今、あなたが食事から得ているものが、
ただ食べる、ということにとどまらないことがよくわかります。
とてもとても大切な時間なんですね」
  


忙しい。責任ある立場。緊張の連続。

そんな中、
この方にとって「夜、お店で色とりどりの食材を選ぶ時間」
そして「食べる時間」が、
一日の大切なリセットの時間であり、切り替えであり、癒しであり、
バランスをとる時間であり…

とにかく、「自分」に戻ってくるための
大切な儀式とのような時間ともなっている、と感じたのです。
いや、この時間がなくなったら、ヤバいでしょう。



「とにかく、まずは自分を満たしてほしいと思います」



との言葉がつい口を突いて出ていました。

食事のこと、というより、
とにかく日々、ハードな仕事を頑張っている自分、
夜遅くまで頑張っている自分をすごい、と認めてほしい。
よしよし、とOKを出してほしい。


やっとホッとしている自分の心に、
追い打ちをかけるように「否定」や「禁止」の言葉を投げかけることは
(「これはダメだ!」とか「またあれを食べたのか!」と)
とにかくやめてほしい、と心の底からそう思いました。







「まず、満たされること」。
「満たされたときに、はじまる」。


水か高いところから低い所に流れるように。
自然に、物事が「あるべきよき方向に」真に動き始めるのは
満たされたとき。






禁止や否定のエネルギーからの行動は、一時的には成果をあげますが、
でも、長続きはしません。


禁止・否定が生み出すのは「緊張」。
心と身体のガチガチの緊張です。
長期的には自分の心と身体をさいなむ「負のエネルギー」と化します。

ガソリンみたいなものでしょうか。
車を力強く動かすけれど、同時に環境を壊すガスも発するという。




地球と同じく、人を動かす原動力も、クリーンな方がいい。

 


クライアントさん。
フィードバックを受け取ってくださり、思うところがあったのか、


「夜、これまで禁止していたものも適度に食べる」


と、方向を転換。

禁止を解き、心と身体がリラックスすることで、
イライラが減り、トータルで余計な嗜好品を食べなくなる。
そんな感触が湧いてらしたようです。

何より、食べていい!というのは嬉しい!



「うん、これならうまくいきそうです」



成果のほどはこれからですが、
何より、そうおっしゃるクライアントさんの声が
ずっと元氣になっていました。

 

 

 

❉     ❉      ❉

 

《自分のためだけの作戦会議の時間を持つ》



◆「自分の人生を存分に生きる人のためのコーチングセッション」◆
https://peraichi.com/landing_pages/view/sekai
◆「今日をスッキリ整理して、明日への風通しをよくするセッション」◆
https://peraichi.com/landing_pages/view/thanks-minasama
 

 

こういうのは特別な人が受けるんではないの?
特別なときに受けるんではないの?


と言われたことがあります。
 

 

けれど、
それは特別なことでもなんでもなく「普通のこと」なのです。


座禅を組む。
茶室で茶を喫する。

古くから、わたしたち日本人は心を整え、自分自身と対話し、
決断や判断に生かすことを大切にし、そのための時間を
生活の中に取り入れていました。

そしてその中には、有効な方法として

「問答をする」

という形も使われてきました。

「自分を理解する」
「道筋を見つける」
「決断する」

…それらのために「他者と語らう」ということは、
古今東西、多くの人々が普通に行っている方法の王道なのです。



コーチングは
「世間話」「おしゃべり」「相談」


とは一線を画したコミュニケーションの時間です。
あなたの希望、目的、望む姿に向かって明確な方向性を持ちつつ
会話が構築されます。

そして、使うのは「自分自身の中にすでにあるもの」。
自分の中に、答えも、たくさんのリソース(資源)も、
すでにあったことに驚くかもしれません。


そんな自分のためだけの時間を人生の一時期、自分に与えることは、
とても意味のあることなのです。

 

 

中村公子メルマガ登録

中村公子(こうこ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります