感情をしっかりと言葉にできることの大切さ | 「声と言葉で世界を拓く」〜自分の響きを存分に奏でて生きたい人を応援するコーチ、中村公子の公式ブログ

「声と言葉で世界を拓く」〜自分の響きを存分に奏でて生きたい人を応援するコーチ、中村公子の公式ブログ

声と言葉で自分を開く、世界を拓く〜自分の持って生まれた響きで世界と関わりたい人のためのコーチ、中村公子の日々の手帳

 

 

 

生徒に暴力をふるってしまった先生へのアンケートがあるそうです。

「なぜ手をあげてしまったのか?」

そのもっとも上位の答えは、
「言葉が出なかったから」。
的確に、自身の感情と言葉を合致させられなかった、が理由。

な、なんとある意味わかりやすい。
「そのまんま」。




暴風雨。
たまりにたまって溢れそうな水を、適切に放出することが出来なかったダムが
耐えきれず決壊してしまうように、

溢れ、暴れる感情。
それを適切に「開放」するすべを知らなかったがゆえに
「身体で」放出するしかなかった、ということでしょうか。





日頃から、
自分自身の感情と「言葉の回路」をしっかりとつなぎ、
なおかつその回路を「太く」しておくことはとても大切です。

この回路が細い、あるいは詰まっていると大変です。
そして、例えば若い世代を見ていると、
この回路が「豊かに開いている子」が多い反面、

「泥が詰まりまくって水が流れない水路」
もしくは、
「ほとんど使ったことがないんじゃない?}


というくらいに、もう、ストローくらいに細い子も見受けられます。
前者は感情豊か。
表情も生き生きとしています。

そして、いつも多くを見て、多くを氣づける。
周囲へ向けての繊細なアンテナが
のびのびとしっかりと世界に向けて、健康に張り巡らされているのを感じます。


後者は、表情が乏しい。
石のような表情で、身体もガチガチに固まっている子が多い。
そして、自分が本当に、何が好きで何をしたいのか、
ということがわからない、と訴える子が多いかなと。




感情を言葉にする。
これは、「そうしましょう」と今聞いたから、
明日からすぐできる、という
類のものではなく、慣れが必要です。


1.今、自分が何を感じているか?に敏感になること。

2.感じている感情が「何であるのか」を探索し、
 適切な「ラベル」をちゃんとつけることが出来ること。 

不快な感情があった場合、
・それの正体は何か?「悲しさ」なのか?「怒り」なのか?「悔しさ」なのか?
 それとも…。
・腹が立つのだったら「何に?」「誰に?」「言えるなら何と言いたい?」
「自分はどうしかたった?」「自分は何を望んでいる?」等…
 ちゃんと、自分の感情を「言語化」してあげること。





最近、他者の身体を無差別に攻撃する事件が相次いでいます。

きっと「自分の氣持ちを丁寧に言葉にする」とは無縁の状態で
ずっと生きてきたのかな、
ということはなんとなく思うのです。




何が何だかわからなかったものに「名前」がつく、
言葉として表に取り出される、というだけでも、
楽になります。
そして解決への一歩がはじまります。




居心地の悪い感情…怒りや悲しみや、
そういったものとわたしたちは無縁では生きられない。

そんな中、
自分の感情に振り回されることなく生きる。
自分の感情に振り回されることなく、
他者や物事とコミュニケーションをとる。


そのための第一歩は、
感情を抑えることでも、
見て見ぬふりをすることでも、
否定することでもなく、

「そこにある」

と見てとり、認め、そして、それを言葉に変えること、です。




◆中村公子メールマガジンの 登録はこちらへ ◆

 



それを相手に直にぶつけなくても、
(適切な方法で伝えられればなおよいのですが。そしてその方法はあります)
まずは、自分の中で、



紙に書く。
誰かに聞いてもらう。



どんな方法でもよいので、まずは、
自分の中の感情の「かたまり」をよく見て、分解し、
正体を明らかにし、光のもとに連れ出してあげること、です。





大人は、
子どもの「氣持ち」を丁寧にきいてあげること、です。
子どもがゆっくりと、自分の感情の海に分け入り、光を当て、
海面に浮上させ、言葉にできるように導いてあげることです。

丁寧に、丁寧に、繰り返し。
それが「当たり前」になって、自分で自然と出来るようになるまで、
習慣づけてあけることです。


そして何より、
「自分の感情はどんなものでも受けとってもらえる」
(※「受け取る」と「受け入れる」は別)
「自分の感情はどれも大切なものだ」


ということを、子どもの無意識にしっかりと、
刻み込んであげることです。



そして、まず何より大人自身が、
感じることを怖がらず、
そのことを自身に対して行う。
それこそが大切だと思うことです。

 

 

 

 

 

 

 

✱個人セッションのクライアントさんを募集します。

枠は2名です。(7月より募集を開始しますので今しばらくおまちください)

 

 

◆「自分の人生を存分に生きる人のためのコーチングセッション」◆
今まさに、「目覚めの鐘の音を聞いている人」のためのセッションです。
自分が発揮すべき特質を明確にしたい方。
自分の人生の軸を明確にしたい方。
自分の中に今ある方向性をさらに力強く開花させ、前へ進むための後押しが欲しい方。

◆「今日をスッキリ整理して、明日への風通しをよくするセッション」◆
毎日の生活の中のちょっとした「氣になること」「終わっていないこと」
がわたしたちから奪っているエネルギーは案外大きいもの。
それらを「見返し、整理し、手放す」ことで、注ぎたいところへエネルギーを注ぐ準備を!



 

中村公子(こうこ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります