○民衆の敵 ~世の中、おかしくないですか!?~ <フジテレビ・月曜21時>

篠原涼子演じる主人公は、フリーターの夫と保育園に通う息子の3人暮らし。自身と夫の解雇が重なったのをきっかけに、生活の為に、ほぼノリで新米ママさん市議会議員として立候補し、当選してしまう。視聴率のことなど色々書かれてはいるが、現代日本の社会問題を上手く織り交ぜていて、けっこう面白い。主人公の言葉は一般市民が思っていることを代弁してくれている。篠原涼子のガサツな感じも素っぽくて爽快だ。

 

○監獄のお姫さま <TBS・火曜22時>

女子刑務所を舞台にした完全コメディー。そして、ある男に対する復讐劇でもある。4月クール放送『女囚セブン』をクドカン流に上手くアレンジした感じ。出演者も小泉今日子、満島ひかり、菅野美穂など豪華キャスト揃い。刑務所内と出所後の世界をリンクさせて話が進んでいく。クドカンワールド全開の実験的な内容のドラマ。

 

○相棒<テレビ朝日・水曜21時>

お馴染みの人気シリーズ。今回も安定の視聴率。

 

○奥様は、取り扱い注意 <日本テレビ・水曜22時>

綾瀬はるか演じる元特殊工作員の女が憧れのセレブ妻に。不幸な生い立ちの主人公はずっと幸せな生活を夢見ていた。しかし、新婚生活が半年経過する頃には平凡な生活に物足りなさを感じるように…。いつしか、高級住宅街で巻き起こる事件にどんどん足を突っ込んでいく。完全なる痛快コメディー。今までありそうでなっかった感じのドラマ。綾瀬はるかのアクションがとにかくスゴイ。

 

○ドクターX ~外科医・大門未知子~ <テレビ朝日・木曜21時>

「私、失敗しないので」でお馴染みの人気シリーズ。相変わらず視聴率も失敗しない。毎回20%前後をキープ。このシリーズが出てくると、「視聴率、安定の2桁キープ」などと書かれている昨今のドラマが情けなく思えてくる。

 

○先に生まれただけの僕 <日本テレビ・土曜22時>

櫻井翔演じるエリート商社マンが、出向で経営難の私立高校の校長になり、立て直しに奮闘する。今までなかったタイプの学園ドラマ。全体的には面白い。ただ、少々セリフだけで上手くいきすぎ感はある。熱い答弁で全て問題解決してしまうような…。このドラマの主人公はもっと言葉に説得力がある俳優を起用するべきだったと思う。櫻井君はクールな役がハマる。仮に草なぎ剛でこのドラマをやったら、もっとヒットしたように思う。

 

○オトナ高校<テレビ朝日・土曜23時>

政府は深刻な少子化に歯止めをかける為、性経験のない30歳以上の男女を公的教育機関「オトナ高校」に強制入学させる「第二義務教育法案」を打ち出した。三浦春馬演じる30歳のエリート銀行員(童貞)は一期生として、「オトナ高校」入学を命じられる。ナイトドラマらしくぶっ飛びすぎた内容がとにかく面白い。エリート意識ばかり高く、完全に人を見下したクズ役を三浦春馬が見事に演じている。

 

○陸王 <TBS・日曜21時>

業績低迷の老舗足袋屋が新たにランニングシューズの開発に乗り出す。日曜劇場ではお馴染みの池井戸潤原作。大手のライバル社に邪魔をされる、銀行の融資が下りないなど、池井戸作品ではお馴染みの光景が随所に。単調なのになぜか面白い。ベテラン俳優の役所広司や寺尾聰が本物の職人にしか見えない。山﨑賢人と竹内涼真、人気若手俳優も良い味を出している。

 

今期クールは8作品も観ている。ちなみに前クールは2作品。ここ数年、5作品を超えたことがなかった。

 

一時は視聴率を気にしすぎて、刑事モノと医療モノだらけだった民放ドラマ。最近はだいぶ冒険し始めた感じ。どうせ視聴率10%前後なら、新しいタイプのドラマが観たい。

 

ちなみに最近は視聴率安定のNHKの朝ドラが冒険しなくなってきた。「時代モノやっておけば外さない」みたいな風潮。大河ドラマも当たり外れが多い。NHKは『あまちゃん』みたいなドラマを生み出さないと、また若者離れが進み、低迷していくだろう。

 

 

AD