2005年03月17日(木)

自己中心的ということ

テーマ:自分(自己認識)
最近の若者は自己中心的だ、と言われる。
確かにそうかもしれない。
でも、そのあたりに昨今の凶悪犯罪の原因を探ろうとするのは、少しおかしい気がする。

自分中心に物事を捉えるにしても、
自分の利益を一番に考えるにしても。
心の底から本当にそう思い、そう生きようとするなら、簡単に犯罪など起こせるはずがない。
よほど、やむを得ない事情でもない限り。

世の中には、自分の思い通りにならないことなんて山ほどある。
というか、自分の思い通りになることなんて、ほとんどない。
自分自身のことですら、思い通りにはならないことが多いくらいだ。
しかし、自己中心的であろうとすればするほど、そういう事態に直面しやすい。そして、苦しくなりやすい。

この苦しさに耐えられず、自分を見失った時、むしろ犯罪が起こるのだろう。

世の中に流されていれば、苦しくない。
しかし、自己中心的であると、苦しい。現実とのギャップや摩擦は大きくなるし、自分にとって必要なものは自分で手に入れるしかない。
それでも、その苦しさに耐え続け、あくまで自分のために生きることを続けるならば、その自分のために、そう簡単には犯罪など起こせないはずだ。

犯罪を起こしてしまうのは、例えば、
何が自分のためになるかを考えられなくなったときだ。
それは、自己中心的なんかではなくて、自分を見失った瞬間なのだと思う。

それまで自己中心的だった人間のほうが、
その苦しさに耐えかねて、自分を丸ごと捨ててしまいやすい(つまり、凶悪犯罪に走りやすい)、ということなら言えるかもしれないが、
それは、
「自己中心的だから犯罪を起こす」
ということとは違うはずだ。
犯罪を起こしてしまうのは、むしろ、本当の意味での自分のためのことをちゃんと考えられていないからだ。

・・・と言ってみましたが、どうなんでしょうね。
なんか、詭弁みたいな感じもしますね。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「自分(自己認識)」 の記事
2005年03月16日(水)

仕事とは人間関係だ

テーマ:今日の「まこっちゃ」
一応、先月までで終えたアルバイトですが、その延長として、
昨日と今日、しっかり働いてきました。

仕事とは人間関係だ。
・・・つくづく、そう思います。
実際には、仕事の種類にもよるんでしょうけど。

(注:これは、ライブドア批判ではありません)


・・・ライブドアって、金儲け主義なんですかね。
よくわかりません。
でも、自立してもいないくせに偉そうなことばかり言っている自分のことを思うと、
収入を得るために努力することは単純に素晴らしいことだと感じます。
自分に欠けているから、そう感じてしまうんでしょうか。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月15日(火)

夢破れ

テーマ:『ダムの決壊』 更新情報
久々に、『詩』 を更新しました。

「夢破れ」という言葉から、芋づる式に作られてしまった感じの詩です。

でも、詩って何ですか?
いまだに、さっぱりわかりません。
今日まこっちゃが書いた、「夢破れ」は詩ですか?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月14日(月)

私は「歩く生態系」

テーマ:自分(自己認識)
自分の手を眺めたら、急に、自分が生態系のような気がしてきた。
実際、生態系なのだ。

普段、ここに生きているのは自分だけだと当然のように思っていたが、
実は、無数の命をその中に抱えていた。
そう思うと、自分はまるで、小さな地球だった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月14日(月)

西洋哲学史

テーマ:『ダムの決壊』 更新情報
書き終わった。一応。

あまり満足はしてないけど、
そもそも内容的に、満足できるようには書けないような気がする。
半分、自分で何書いてるかわからないような状態だし。

でもとりあえず、終わりました。
課題が残っているほうが、張り合いがあっていいかもしれないし。
また戻ってくるぞ、という気持ちを持ちつつ、
明日に向かいます。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年03月12日(土)

復学承認

テーマ:今日の「まこっちゃ」
大学から、復学承認の通知が来た。

休学する前の自分と、今の自分は違う。
でも、本当に違うのか、どう違うのか・・・。
これから、はっきり示されていく。

気合いだ。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年03月11日(金)

サルトル

テーマ:『ダムの決壊』 更新情報
『西洋哲学史』 の、『5.5.サルトル』を書き上げました。
あとは、結びの文章、『終わりに』を書くだけ。

この結びが、僕にとっては一番重要です。
書き始めてから1年半近くになりますが、
その労力を、すべて水の泡にしなければいけないからです。


今の状態では、
普通の西洋哲学史とあまり変わりません。
というか、むしろ情報量が少なすぎて、
とても西洋哲学史と呼べる代物ではありません。

そもそも、僕の関心は、西洋哲学史にはないんです。
『始めに』で書いたように、
僕の関心は、「前提」にあります。


「前提」を知る、ということと、
その「前提」が「前提」でなくなる、ということは、
ほぼ同時に起こります。
その辺の事情について、『終わりに』で触れようと思っています。

最も大切なのは、
『終わりに』の書き手自身が持つ前提についてです。
このことに『終わりに』のなかで触れた時、
すべてが水の泡になると同時に、確かな何かが残ると思うのです。

あるいは、何も残らないと思うのです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月10日(木)

向心力を失わない限り、大丈夫。

テーマ:『ダムの決壊』 更新情報
3月9日の『ダイモニオンの声』 です。


自分は間違っているかもしれない。
大切なことをなおざりにしているかもしれない。
でも、どこかに、自分のすべての中心があって、
気がつくと、また、そこに戻っている。


「また戻ってきた」
という深い安堵感から聞こえてきたのが、この声でした。

向心力を失わない限り、大丈夫。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月09日(水)

透明人間

テーマ:自分(自己認識)

透明人間は、どこからどこまでが透明人間なんだろう。



透明人間がリンゴを食べたら、
そのリンゴは、いつ透明になるんだろう。


それとも、リンゴはあくまでリンゴだから、
透明人間にはならないのだろうか。
もしそうだとすると、
透明人間に噛み砕かれ、
胃と腸で消化されて排出されるまで、
リンゴの変わり果ててゆくさまがはっきり見えるのだろうか。


・・・というか、
リンゴのなかの水分や栄養素が、
透明人間の全身にひろがっていくはずだ。
でも、そうすると、
透明人間は、だんだん透明ではなくなっていってしまう。




どこからどこまでが透明人間なのかがわからないように、
どこからどこまでが自分なのか、よくわからない。


自分の一部だったものが自分から出て行き、
自分に入ってきたものが自分の一部になっていく。
これは、何も物質に限ったことではない。
かつての自分の性格が、いつの間にか消えて、
そのころ不可解に感じていた他人の行動が、
いつの間にか今の自分の行動になっている。



いちばん不思議なのは、
考えれば考えるほど自分がわからなくなっていくのに、
普段は平気で「自分」という言葉を使い、
そのことについて特に何の疑問も持たずにいられることだ。
世間で、「自分」という言葉が通じないことは、まずない。



人間って器用だと思う。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年03月08日(火)

なんて不思議なんだろう

テーマ:生と死
生きることの不思議さ。


生命って、なんてうまくできているんだろう。
こんなに技術が進歩した今でも、
どんな精巧な機械も、生命の精巧さには及ばない。

とか、

人生って、なんてうまくできているんだろう。
自分のみっともない大失敗や、
誰にも言えないような苦しい経験が、
後でこんなに役に立つなんて、その時はまるで思ってもみないのに。

とか。

いろいろな意味で、生きることは不思議なことだらけ。
でも、
それは生きる上での不思議。


もっと不思議なのは、

なんで生きてるんだろう。
気づいたらなぜか、もう、生きてしまっているけど、
これは、そもそも何なんだろう。

ということ。

ただし、
宇宙誕生から人類誕生までの謎を知りたいわけではなく、
人生の意味や生きがいを探しているわけでもない(そういう時も多いけど・・・)。
仮に、そういう謎がわかっても、
仮に、確かな生きがいを手に入れることができても、

もう既に生きてしまっている、この状態は何だ?

という不思議さは変えられない。



この感じが鮮明になったのは、中学生の頃。

『ソフィーの世界』(ヨースタイン・ゴルデル著)

を読んだときだった。


大人は、世界に慣れっこになっているだけだ。
幼い子供にとっては、
何もかもが不思議だったはずだ。

大人が買い物しているのを見ても、
大人が宙に浮いているのを見ても、
子供にとって、その不思議さは、たいして変わらない。
それどころか、むしろ、
せっかく手に取ったものをわざわざ初対面の人に預け、
硬くて丸いものを取り出して何個かその人に渡してから、
預けたものをまた返してもらう、という買い物のほうがよっぽど不思議だろう。

でも、大人は、宙に浮いている人を見たら仰天する。
幼い子供にとっては、
それ以上に不思議なことが山ほどあるのに。


たとえ話は違うけど、大体、そういう内容だった。

これが、僕の考えこむ性格に、大きく拍車をかけた気がする。
幸か不幸か。


著者: ヨースタイン ゴルデル, Jostein Gaarder, 池田 香代子
タイトル: ソフィーの世界―哲学者からの不思議な手紙
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。