道具が自分のものになる時 | 考えすぎ
2018年09月22日(土)

道具が自分のものになる時

テーマ:道具(コンピュータ)
壊れた道具を直して使えるようにした時、
途端に愛着がわく。
その道具が自分のものになった実感を得る。

「ものに魂が宿る」なんて言い方をするけど、
どんなものにも初めから魂が宿っているわけではなく、途中から宿るのだ
と見なす見方は割と的を射ていると思う。

買ったものも、買った時点ですぐに自分のものになるわけではない(もちろん法的には、買った時点で“自分のもの”になったと見なされるわけだけど)。
買っても自分に馴染むまでには時間がかかるし、
長い間使っていても、なかなか自分のものだと思えないものもある。
でも、壊れたものを直して使えるようにすると、
大きな一体感がある。
これは「自分のものになった」と言える瞬間なのだと思う。

まこっちゃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス