東京都、新型インフルエンザに警戒を強める | 考えすぎ
2005年10月29日(土)

東京都、新型インフルエンザに警戒を強める

テーマ:特別企画/イベント

今年の冬は、世界的に、新型インフルエンザの大流行が避けられない模様です。
このインフルエンザは鳥インフルエンザの変種であるため、
人間には免疫がまったくなくて、誰もが非常に感染しやすい状況だ、ということです。


東京都では、人が一箇所に多く集まります。
そこで、都民の約30%がこの新型インフルエンザに感染するとして試算した東京都福祉保健局の発表によると、
外来受診者数:約380万人
入院患者数:約29万人
死亡者数:約1万4千人
と予想されるそうです。
(詳しくは、『東京都公式ホームページ/東京都の新型インフルエンザ対策について』 をご覧ください。)


外来受診者数=感染者数
とみなすと、感染した人のうち死亡する人の割合は約0.4%ということになります。
(SARSの時のように)各保健機関の迅速な対応によって、この予想が良い方向に裏切られるよう期待しますが、
みなさんも、今年の冬は特に、くれぐれも無理をなさらず体調に気をつけてください。
命あっての物種ですから。

まこっちゃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス