久しぶりに病院へ行きました

マッサージ用のアズノール軟膏が欲しかったのです

 

最近の状態は、胃の調子が悪いことが多くて、便もやわらかめ

でも、いつ硬くなるかわからないので、酸化マグネシウムは飲み続けています

 

診察です

 

先生「はーい、どうですか~?」

 

私「切れてないと思うんですけど、左側がいつも少し痛いんです」

 

先生「(指でチェックしながら)ここ痛い?ここは?ここは?」

 

私「痛くなかったです」

 

先生「ちょっとブジーという器具を使って肛門の広さ確認するよ。

小さいのから」

 

最初のは平気でした

次のは、ちょっと痛くなりかけました

その次のは、痛い、切れたかも?多分切れた?

 

先生「6号だね。このまま3分間広げましょうね~広がりやすくなるから」

 

痛いのは入口の浅いところだけです

深くは入れてないのかも?

3分間、そんなに痛くなかったので耐えられました

 

先生「6号なら大丈夫、日常生活は何の支障もないです」

 

私「6号って直径何ミリですか?」

 

先生がブジーを見せてくれました

私の人差し指くらいの太さです

 

私「いつもこれよりちょっと細い便しか出ないんですけど・・・」

 

先生「酸化マグネシウムでやわらかい便だと細いんです。硬い便だともっと太くなります。

痛いときは軟膏を使ってね」

 

こんな感じで診察が終わりました

出された薬はネリザ軟膏とアズノール軟膏です

 

今回初めてブジーという器具を体験しました

やっぱり私の肛門は狭いなと実感しました

先生は問題ないと言うけれど・・・