100年人生がやってきた!

テーマ:

11月10日日本FP協会福島支部

くらしとお金の講演会で10時から

「100年人生がやってきた」というテーマでお話いたします。

 

基本、PRはしない方針ですが、このテーマには特別な思い入れがあるので触れてみます。(何故って、今度機会があれば書きますね)

 

2013年に地域のシニアの勉強会に呼ばれたときです。。

その時に衝撃的な出会いがありました。

たった1回ですが、私のFP人生に大きな影響を与えることになりました。

その時のテーマは「60歳からのライフプラン」というタイトルでした。

これからインフレになって年金とか生活とか・・・という内容でした(ありきたりですが)

その時参加されていたのが

100歳の女性

「100歳になると周りの人がいなくなっていく中、これからの自分の人生について考えるために来た」ということでした。

100歳になってさらに新しい生き方を考えている

自分の足で、自分で歩いての来場です。

自分を理解し、多様性を受け入れ、

新しいものを吸収しようとする姿。

人生の大先輩から大切なことを教えてもらった気がしました。

この出会いがあってから、100歳までの人生の試算をご提案させていただくようになりました。

 

最近は100年がブームになってしまったようで、少し悲しい気がします。100年の寿命は1つの時代のブームではなく、高確率で現実化する未来です。

最近のシニアの学習グループでも平均年齢90歳というグループ魔あります。サークルや学習グループも高年齢化してきました。

 

10日はまず「自分の人生に挑戦する」ことを胸に秘めながら、広く色々な提案が出来ればと思います。

_20181108_130101.JPG