自分ホールディングス化計画を進める男【松山大家】

自分ホールディングス化計画を進める男【松山大家】

マスコミの雄、新聞社でサラリーマン人生を十数年送ってきたベテラン社員。一度は会社に身を捧ぐと決意したものの、リストラを機に不動産賃貸業に参入し、年間キャッシュフロー300万円を実現。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
あなたの一票が私のモチベーションです。一票をお願いします!
↓  ↓  ↓  ↓  


社長ブログ ブログランキングへ

【学歴の意味】

おはようございます。

今日から6月ですね。 

昨日は結果的に晴れて、日中楽しむことができました。

-★-★-★-★-★-★-★-★-★-

先日、ある経済誌で「ビジネスマンによる評価

 使える人材輩出大学ランキング」という記事

が掲載されていて、興味深く読みました。



記事によると、「使える」大学の一位が慶応義塾大学、

続いて早稲田大学、京都大学。

一方使えないとされているのが、上位から

法政大学、日本大学、青山学院大学ということです。


何をもって使えるとか使えないとか

回答した個人の見方の振れ幅が大きいので、

ランキング自体あまり意味のあるものだと思いませんが、

要するに人が人に抱く期待(先入観=偏差値ランク)と

実際の活躍度との乖離が少ないほど「使える、優秀」とされ、

大きいほど「使えない」と評価されてしまうのでしょう。


もちろん、使えると評価された大学でも

「使えない、非優秀」と評価される人も

少なからずいるわけで、そこを分けるのは

大学名ではなく、個人です。


私の知る限り、そもそも「非優秀」

とレッテルを貼られている大学(+大学を出ていない人)からも

非凡な才能の持ち主も沢山います。


今後、大学名は一応参考程度に聞いておくが、

実際ビジネスの現場で活躍できる人に

なれるかなれないかは属人的評価に

切り替わっていくのではないかと思います。


大学に進学しなくても良いとまではいわないまでも、

その意味をもう一度考え直さないといけないですね。

テーマ:
【成功とは】

おはようございます。

本日は5月27日 水曜日です。

昨日は真夏日が各地で記録されましたね。

-★-★-★-★-★-★-★-★-★-

先月、国連がまとめた

「世界の幸福度報告書」によると、

調査対象の158か国中、1位はスイス、



2位はアイスランド、3位はデンマークで、

日本は46位と昨年度より三つ順位を下げたそうです。



経済学者らが国民1人あたりの実質GDP(国内総生産)、

健康寿命、社会的支援、人生選択の自由度、

汚職レベルの低さ、寛容度を変数として

幸福度を割り出したものだそうです。

いつも語られることですが、

この尺度からすると、

日本は上位に食い込んでも良さそうなのに、

46位とは決して高い順位ではありません。



だからといって、私たちがスイスに今すぐ行けば、

幸せを感じられるのかというと、

そうではありません。

感じ方の感情の問題なので、

どれほどお金があっても、健康でも

「自分は不幸だ」「恵まれていない」

と感じる状態であれば、

それはその人の仰る通りその人にとっては

不幸なのです。



私たちが「成功」を追い求めようとしたとき、

他人の価値基準に焦点を置いてはいけません。

自分がなりたい状態、その自分が決めた価値観に

そってゴールに至った時、

自分はどういう感情を得ていたいか。

そこを基準にしなければ、

結局他人の人生を生きることになってしまいます。

テーマ:
あなたの一票が私のモチベーションです。一票をお願いします!
↓  ↓  ↓  ↓  


社長ブログ ブログランキングへ

【改装にも投資基準は必要】

おはようございます。

本日は5月26日 火曜日です。

ここのところ、中規模の地震が続きますね。

-★-★-★-★-★-★-★-★-★-

不動産賃貸事業は、経営者視点で臨むべきだ

というような話を以前に書きました。

昨日もそんな場面がありました。



わずか1年で前居住者が部屋を退去して数か月。

募集時期のピークを過ぎていることもあって、

空室のまま時間だけが過ぎている部屋があります。

管理会社から、

「大改装しましょう」と工事見積もりが送られてきました。

曰く

「綺麗な部屋にすれば、きっと入居者も早く決まりますよ」と。

ここで経営者が取るべき行動は、

その管理会社の甘言に即座に乗ることではありません。

1)投資(=改装)基準を持つ

2)相見積もりを取る

3)「最終的には任せるので●月までに決めてほしい」

  とプレッシャーを与える

この投資基準は一般に投資効率(ROI)

とも言いかえられますが、

本業の仕事では何となく聞いたことがあって

実際に運用していても、

いざ自分の不動産となると忘れがちです。

まずは6か月で回収できるかを基準に

見積もりが高いか低いか

判断する必要があるでしょう。

過剰な改装は満足感はあっても回収できるまで

時間がかかりますから避けるべきだと思います。

テーマ:


社長ブログ ブログランキングへ


【被災経験が影響したこと】

おはようございます。

本日は5月25日 月曜日です。

新しい一週間の始まりですね。

-★-★-★-★-★-★-★-★-★-

私は神戸の出身で、

1995年に阪神大震災で被災しました。

自宅の家財や外壁が壊れ、

「半壊」の認定がおりました。




目の前にある、壊れるはずのない建物、

電車やレール、

昨日まで元気だった人が

突然いなくなる恐怖を味わっています。

この出来事は、私の人生観を大きく変えました。

日々の営みは、多くの人の

絶え間ない努力で成り立っている。



しかし、



それは一瞬で壊されてしまうこともある。

だからこそ、どんなことでも、

無くしてしまう前に

無くなる可能性があることを前提に

どうあるべきか常に考えておく。




いま、名だたる安定した大企業でさえ、

いつ崩壊の危機に瀕するか分からない

不安定な時代に入っています。

最近では、シャープ、マクドナルド、

ソニーなど、壊滅的な決算発表の報道

が行われています。



ちょっとした時代の空気の読み誤りで、

どうなるかわからなくなるのです。

ひとつの収入が途絶えた時、

もう一つの収入が支えて

最低限の生活は守ることができる状態

にしておくべきだと思います。



私が会社員を続けながら、

収入の複線化を図る理由は

ここにあります。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス