遅くなりましたが
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。
みなさま元気で新年を迎えられたでしょうか。

年末年始のアレコレ。

年末恒例の餅つきは
マメ妹一家が帰省していたお陰で
マメコは前日準備も手伝わずに
のほほんとしていたのですが
マメじじに「もう餅つきはせん!」と言わしめたほどの
かつてないトラブル続き。
50年働いた餅つき機の羽根がとうとう回らなくなり
デンキ屋へ走り
おニューの餅つき機で餅つき再開。
途中まで調子よく撞けていたのですが‥
お米がうまく蒸せなくなってしまいました。
近所の親戚に蒸し器を持ってきてもらったり
炊飯器で炊いてみたり‥
前回は2時に終了を迎えたのですが
今回は5時を回ってしまいました。
翌日、マメばばは、見ていると腹が立つからと
お店がオープンする時間きっかりに
マメじじに餅つき機を返品させたそうです。
 
甥っ子たちは将棋に夢中。
久しぶりに会うので
一緒に遊べるかしらと見ていましたが
ipadでする将棋でも
共通の遊びでうまく絡みました。
たまには外でも遊ばないと!

今年も大みそかからビーばばの家へ。
「いまね、お墓をしてくれよんよ~。上がってみようか」
ということで
お気に入りの剪定バサミで
カブトが道を整備しながら(必要ない?)山を登ります。
 
お墓ができることを知らせたら
泣いて喜んだという
足を悪くしているビーじじのお姉さんに見せるため
写真を撮ろうとすると
若いお兄さん2人が目の前で
腕をプルプルさせながら墓誌を台にのせてくれました。
大晦日だというのに。
お墓が夢に何度も出てきて
気になって仕方がなかったというマメばばは
繰り返し、繰り返し「ありがとう。ありがとう。」
 
 
 
 
 
 
 
 
はじめてお墓を建てる場面に出くわしたマメコは
お墓がただの石でないことを
人の心の拠り所であることを
はじめて知った気がします。

初詣に行って

マメ実家のお墓に参って
マメ実家にお雑煮を食べに行って
年明け早々、換気扇の大掃除もして
ビー兄夫婦と焼肉を食べて
あっという間のお正月。
ビーじじの気が変わって?!
今年もみんな揃って餅つきができるといいなぁ。
AD
「線の上をちょきちょきできるかな~」
(やっぱりまだ難しいかな…)
「(別の紙を渡して)これで練習しよう!
親指が上だよね」
難しいところはRちゃんのママに頑張ってもらいます。
 
こどもアトリエBoo12月は
クリスマスツリーの制作です。
 
準備は
画用紙に円と切込み線を書き込む
飾りにする革をポンチで抜く
絵の具
竹串、輪ゴム、ねんど、テープ
 
切込みを入れた円盤の縁を
三角にテープでとめて
輪ゴムで高さ調整をしながら
竹串に刺していきます。
 
竹串の台座になるねんどに
ご執心のRちゃん。
寒くて硬いねんどに挑む姿に
「力仕事が向いてるみたい…」とママ。
 
小さい円盤は三角にとめにくいので
手伝おうかとカブトにたずねると
「ぼくが全部やる!!」
 
「今回は平筆でシャッシャッって塗るやり方を
覚えようね。
よ~く見てね。
絵の具を少なめにつけて
筆の先の方でシャッシャッだよ」
説明の終わるか否かのうちに
マメコの手から筆はもぎとられ
カブトは塗りはじめていました。
 
まずは話を最後まで聞くことからだね~。
AD

「レゴランドに行きたい!

日帰りでいいからお休み取れるかな?」

言い出しっぺはマメコだった。

直前にアクセスを調べてみると

片道3時間⁈

カブトを連れて日帰りはキツイかな‥

お休みを調整してくれたビートに

覚悟をしてもらわなくてはと

「思った以上に名古屋は遠くて‥ごめんね。」

と言うと

「え?大阪じゃないの?」

「え?大阪?うわぁ〜よかった!」

マメコが先導すると

エラいところに連れて行かれます‥。

 

「あと何回乗り換えるの〜?」

普段、電車に乗ることのないカブトは

2度目の新幹線乗車。

ホームからホームへ、階段ばかり。

「まだ〜?」

帰りはどうなることやら‥。

出迎えてくれた

立派なまつ毛のレゴキリン。

掴みはバッチリ。

 

画像で工場見学してから

自由に車を組み立てて

レースをするコーナーへ。

3人3様のマイカーを走らせます。

平日なのでやりたい放題。

アトラクションに何度も乗り

4D映画も4種類各15分を全制覇。

中国人?観光客が目立ちます。

ワークショップもマンツーマン!

ボールジョイントの使い方を学びました。

朝、10時半から4時半まで

お昼ごはん以外は

ノンストップで遊び続けたカブト。

へとへとのマメコが

「次は(隣に見えてる)海遊館へ遊びに来ようね」

と誘いましたが

「ううん、明日、レゴランドに行く!」

疲れ知らずのカブトなのでした。

 

 

 

 

 

 

AD

先日も玄関に置いてあったどんぐりから

赤いいも虫が這っているのを発見して

息を呑んだマメコ。

出てきませんようにと願いながら

洗ったどんぐりを冷凍庫に入れました。

 

11月のアトリエは

「どんぐりが主役の額縁作り」

 

準備は

玉島の森で拾ったどんぐりの下処理と

同じく玉森で拾った葉っぱをおし葉にすること

クリスマスカラーも含めて手紡ぎした糸

台になるフレーム

 

最近は直前に仕入れたネタで

その日の工程を

カブトがRちゃんに説明してくれます。

 

まずはRちゃん

大好きなピンク色でどんぐりを色づけ。

他の色を勧めてもひたすらピンク、ピンク。

 

カブトは白いどんぐりにして

雪だるまに見立てました。

 

「中の(フレームに入れる)紙ちょうだい」

(あら、写真を入れたらと思って用意してないのだけど‥)

「黒い紙にしてみようか〜」

とフレームの大きさに切ってやると

Rちゃんは大胆に葉っぱをペッタン。

 

カブトは繊細にサンタを描きます。

秋のフレームと冬のフレーム

それぞれの世界が現れました。

二度あることは‥

テーマ:

二度あることは三度ある?

不安を胸に歯医者へ向かった。

 

「カブトくんは1番の席へ。

お母さんは3番へどうぞ。」

今日はマメコ自身も診てもらうので

カブトは独りで戦わなくてはならない。

 

時々「いやだ!」とか

「ふぇっ」とかカブトの声が聞こえてくる。

3か月の間ぐらぐらしている歯を

抜くことに決めてから

更にひと月が経とうとしている。

一昨日、抜こうとした歯じゃない歯が抜けてしまった。

 

「触っても痛くないね?」

「うん、痛くない」

「そろっと触ってみるからね。

お薬が目に入らないように目をつむろうね。」

大きなペンチが出てきて…

「やっ!!痛いっ。」

しばらく間をあけて、再挑戦するも撃沈。

 

「麻酔が効いてるから痛くないはずなんですが…。

無理をして歯医者は痛いことするところと

思ってしまったら

後々に影響しますから

無理はせずにまた次回にしましょうね。」

という先生のお言葉に従い

とうとう3日目、5回目?の挑戦だ。

しばらくすると聞こえてきた。

「よく頑張ったね~!!」

「お母さんに見せに行く!!」

(よかった~~~(マメコの胸の中))

 

マメコが治療を終えて駆けつけると

カブトは血の滲んだ綿をくわえていた。

すかさずご褒美をねだっている。

「しゃべらないよ~」

 

最近はどこの病院でもご褒美をくれるのだ。

ご褒美かごから1つおもちゃを選んだカブト。

お姉さんに

「もうひとつちょうだい。

ぼく、頑張ったんよ~~」とアピールする。

「みんなひとつだよ。お友達のがなくなっちゃう。」

とマメコが制しても猛アピール。

根負けしたお姉さんが

「これなら…」とスーパーボールをくださいました。

頑張ったカブトをせっかく褒めてあげようと思ったのに

これでは褒められませんな。